【ビジネスですぐ使える!】”As you know”は皮肉って知ってた?!-そんな「隠れ失礼」な表現7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当たり前のように使っていたけど実は“失礼な言い方”だった……なんてことがあるかもしれません!そんな“隠れ失礼”な表現をまとめました。
あなたは大丈夫ですか?

1.「お待ちしておりました」にwaitを使ったら失礼!

目上の人やお客様に対し、“I have been waiting for you.”と言ってしまうと、
「(約束の時間に遅刻したあなたを)ずっと待っていたのですよ。」と聞こえてしまいます。

「お待ちしておりました。お越しいただき有難うございます。」と言いたいときはこう言います。
“I have been expecting you.”

2.”Thank you for taking time to meet me.”は失礼!

誰かに会ったことにお礼を言いたいとき、“Thank you for time to meet me.”と言ってしまうと、「わざわざ会うために時間かけてくれて有難う」という “皮肉”めいた言葉に聞こえてしまいます。

「貴重なお時間の中お会いいただき有難うございます」と言いたいときは、こう言います。
“Thank you for taking the time to meet me.”

“time” に”the”をつけることで、“会う”というその時間の「目的」がフォーカスされますが、”the”をつけないと「時間をかける」という点だけがフォーカスされ、皮肉っぽく聞こえてしまうんですね。

3.以前に会ったことがある人に”I’m happy to meet you.”は失礼!

これまで会ったことがある人に” I’m happy to meet you.”と言ってしまうと、「前自分と会ったこと忘れてるのかな……」と思われてしまうかもしれません。
実は、「初めまして」を ”Nice to meet you.”というように、”meet”には「初めて会う」というニュアンスがあるんですね。

「お会いできて嬉しく思います」と以前会ったことがある人に言うときは ”see” を使ってこう言います。
“I’m happy to see you.”

「この人、会ったことがあるような、ないような……」というときも”see” を使った方が無難ですよ!

4.「〜をご存知ですか?」に”Do you know…? ” は失礼!

ビジネスシーンで ”Do you know that company? ”というと、相手がそれを知らなかったときに「え、知らないんだ?へぇ〜」という空気が流れてしまい、素直に「知らない」と言いづらくさせてしまいます。

「ご存知ですか?」に対し、相手が素直に知らないことを「知らない」と言えるためには、こう聞きます。
Have you heard of that company? ”

これなら、「皆さんあまりご存知ないので知らなくて当然ですけれど、あの会社をご存知ですか?」とニュアンスになるんです。

5.「おそらく…」というのに”Maybe…”は失礼!

日本人の(特に若い人の)間でも、気軽に「たぶんね」というときに”Maybe(メイビー)”と言うのが一昔前に流行ったりしましたが、ビジネスの場で “Maybe they will terminate the contract.”を使うと、「自分はあんまり関係ないけど、たぶん彼らは契約を終了する気じゃない?」という無責任なニュアンスになってしまいます。

「彼らは契約を終了すると思います。」をちゃんと自分の意見として言うときは、”I think” を使うのが無難です。
I think they will terminate the contract.”

誘いを受けて、行く気はないけどその場ではっきり断りにくいときなどに一言、 ”Maybe”(たぶんね)というのには便利な言葉ですけどね(笑)。

6.「気にしないでください」というのに”Don’t worry.” は失礼!

ビジネスシーンで 「気にしないでください」を “Don’t worry.”とだけ言うと、「気にするな。」という、ちょっとキツくて失礼な言い方に聞こえることがあります。

「気にしないでください」をもっとやわらかく言うには、”about …”を使って「“何について”気にしないのか?」を付け加えます。
“Don’t worry about that issue.” 「あの件については気にしないでください」

誰かがあなたにぶつかってしまって謝ってきたときなども、”Don’t worryだけではなく、”Don’t worry about it.”が大人な返し方です。

7.「ご存知の通り」というのに”As you know”は失礼!

日本語の感覚で「ご存知の通り」は、「すでにあなたならご存知でしょうけど、お話しさせていただくと……」という、相手をたてるポジティブなニュアンスですよね。

でも、そのつもりで”As you know”を使ってしまうと、「みんな知ってることですし、あなたも知らないなんてことありませんよね。(知らないなら、ちょっとヤバくない?)」という皮肉な言い方に聞こえてしまう危険があります。

“As you know.”を使うのは、相手が確実に知っている内容の場合のみにし、そうでない場合は使わない方が無難です!
×As you know, the tax system was reformed last year. 「去年、税制が改正されました(けど、知ってないなんてことないですよね?)」

いかがでしたか?
「隠れ失礼」な表現で、いつの間にか「失礼なビジネスマン」になってしまわないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!


【ビジネスですぐ使える!】上司のお願いに”All right !”って答えてない?-日本人がやってしまいがちな間違い12選

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。