オンライン英会話だけにしかないメリットとその有効的な活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_110032064

読了目安:3分

私は昨年4月にオンライン英会話をはじめ、この約一年半の間に350回のレッスンを受講してきました。自分の英語力の伸びを実感できているからこそ、これだけのレッスンを受講し続けているのです。今回は、オンライン英会話の具体的なメリットとその活用法についてお伝えしたいと思います。

オンライン英会話での学習のメリットである非日常的な環境

オンライン英会話の最大のメリットは完全なマンツーマンレッスンにあります。日本にいながら、外国人講師とマンツーマンで英語学習ができることは、オンライン英会話が誕生するまで想像すらできませんでした。従来型の英会話学校でも確かにマンツーマンレッスンは存在しますが、一回40分程度のレッスンで一万円程の料金がかかります。

また、自分の経験からは、マンツーマンレッスンは非常に予約が取りにくい上に、ほとんどのスクールでは講師を選ぶことができず、マンツーマンレッスンは人気のない講師が担当することが多くありました。学校側の事情を考えれば当然かもしれません。

オンライン英会話では、基本的に30分程度の時間、講師とのマンツーマンレッスンとなります。(英)会話能力を磨く上で、それを実践する場が必要であることは言うまでもありません。オンライン英会話はまさにその機会を与えてくれます。

日常生活においても、30分間マンツーマンで誰かと向かい合って話し続けるようなことはめったにないでしょう。親子やカップルでも30分間一緒にいることはあっても、face to faceで沈黙なく(オンライン英会話では沈黙があると、フィリピン人講師はskype回線が切れたと考え、しきりに話しかけてきます)、話し続ける機会はそう多くはないでしょう。従来型の英会話学校のグループレッスンではface to faceで話したとしても、長くて一分程度です。沈黙すれば会話の相手はグループ内の他の人に移っていきます。海外留学しても、授業中にこのようにface to faceで30分話し続けることはありません。オンライン英会話だけが、このような非日常的な英語学習の環境を与えてくれるのです。

オンライン英会話活用の3つのポイント

このようなオンライン英会話を活用していく中での3つのポイントについてです。

①徹底的にアウトプットにこだわる

「フィリピン人講師の発音は・・・?」「文法的な間違いは・・・?」などとフィリピン人講師の英語レベルを心配する声も聞かれます。私は日常的にアメリカやオーストラリア出身のネイティブスピーカーと接しています。また、昨年は二カ月間イギリスの大学に留学していました。確かに、発音や語彙レベルにおいてはフィリピン人講師の方が劣ります。しかし、そんなことはどうでもいいことだと思います。オンライン英会話はアウトプットする場所だからです。

そもそも日本人が英語を話すことを苦手としているのはここにあるのです。英語圏の大学教授などが話すような洗練された英語を使ってコミュニケーションをとろうとするからいけないのです。いつかはそのようなレベルにたどり着くかもしれませんが、まずは下手な英語でもいいのでとにかく話してみることが大切なのです。オンライン英会話では細かい文法や発音を考えずに、徹底的にアウトプットです。

②講師と顔なじみになる

「顔なじみ・・・」と書いてしまうと伝わり方がおかしくなるかもしれません。私の例を含めて少し説明を加えます。私の今までのレッスン回数は前述した通り350回です。その中の200回程度はわずか10人の講師によって担当されています。特に最近は3人くらいの同じ講師のレッスンが続いています。この講師を選ぶことができるというのは学習者にとって大変大きなメリットだと思います。まず、どのような場面であっても初対面の場合、自己紹介から始まり、5分から10分間は相手を探るような質問が続きます。

My name is ・・・.
I live in ・・・.
I usually ・・・ on weekends.

人それぞれかとは思いますが、さすがに、英語中級者にもなればこのような表現を毎レッスン練習しても英語力は伸びないでしょう。顔なじみの講師を選択することによってこの最初の部分を省略することができるのです。
また、私が頻繁に受講する講師の場合は私の語彙レベルをわかっていて、毎レッスン中に私の知らない表現を使い、私が聞き返すシチュエーションを(意図的に)作ってくれます。このことにより、毎レッスン新しい表現を知ることができます。このようなことも何度も同じ講師からレッスンを受けるメリットだと思います。

③できる限りたくさん受講する

前述しましたが、(英)会話能力の向上には実践することが重要です。読むことよりも書くことよりも、とにかく実際に話してみることの方が大切なのです。従来型の英会話学校であれば、マンツーマンレッスン一回1万円、グループレッスン一回4千円が相場のようです。英語学習にはお金を惜しまないつもりの私の場合でも、これではマンツーマンレッスンは月に三回が限度です。一方、オンライン英会話であれば、一回三百円程度です。料金が安く済むことが良いのではなく、たくさんの回数を受講できることが良いのです。
冒頭で私はオンライン英会話を一年半で350回受講したと書きました。もしこれが従来型の英会話学校であれば、一年半の支払総額は350万円となっているところでした。

▼関連記事はこちら▼
オンライン英会話で英語学習を続けているのに英語力が伸びない人の問題点
外国人英語講師が思わず口にする本音・・・「日本人英語学習者は身の程知らず」について

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら