「エッ、今朝は電車が運休!」というときに使える英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝ニュースを見て「エッ、電車が運休!?」とあせった経験はありませんか?外国人の上司や取引先に英語で連絡するには、どのような表現を使えばいいのでしょうか。「運休」「遅れが出ている」「緊急停止」「振替輸送」など、電車のアクシデントにまつわる英語を覚え、「電車が遅れていて到着が〇時〇分になります」とスムーズに伝えられるようになりましょう。

電車の運休・遅延を表すための基本表現

電車の運休や遅延について正確に伝えられるようになるために、まずは基本的な英語表現を押さえておきましょう。「〇分遅れている」といったように、具体的に言えるようになるといいですね。

「運行見合わせ」「遅延」「運休」を英語で言う

The XXX Line is suspended.(XXX線は運行を見合わせています)

suspendは「停止する、(運転を)見合わせる」ということ。

The train is stopped.(電車が止まっています)

途中の駅で止まっている、動いていないという状況。

The bullet train Nozomi No. 201 is canceled.(のぞみ201号は運休となりました)

*suspendedだと再開の可能性がありますが、canceledだと、もうその日にその列車が運行することはない、ということになります。

The train has been delayed.(電車に遅れが出ています)

delayedは「遅延している」という正式な言い方で、普段の会話ではThe train is late.(電車が遅い、まだ来ない)と言うこともあります。

The train is 15 minutes late.(電車が15分遅れています)

lateの前に時間を入れることで、「〇分遅れている」と表現できます。

再開の見込み・振替輸送を英語で言う

The emergency break has been applied. Please wait until the operation resumes.(緊急停止します。運転再開までお待ちください)

直訳すると、「非常ブレーキが適用されました」となります。resumeは「再開する」。

The service is expected to resume at 10 o’clock.(10時に再開の見込みです)

is expected to ~は「~の見込みである」。

It is not expected to resume soon.(再開の見込みは立っていません)

直訳すると、「すぐに再開する見込みはない」ということ。

Alternative transportation is provided.(振替輸送を実施しています)

alternativeは「代わりの」ということ。

Take the subway instead.(代わりに地下鉄をご利用ください)

insteadは「代わりに」。

Here’s a certificate of delay.(こちらが遅延証明書です)

ticket gate(改札)で駅員が配っていることがあります。

「遅れる」という状況を英語で伝えるには

電車がすぐに動き出さないようであれば、「会議に間に合いません」「〇分遅れます」といったように、会社や訪問先に連絡する必要があります。メールや電話などでどのように伝えればいいか、いくつか例をお教えします。

今の状況を伝える

I’ll be late about 15 minutes due to a train delay.(電車の遅延のため、到着が15分ほど遅れます)

「遅れる、遅刻する」はlateで表現。due to ~は「~のため」でtoの後には名詞が来ます。

I’m still on the train.(今まだ電車の中です)

on the trainで「電車に乗った状態で」ということ。in the train(電車の中にいる状態で)でもOK。

They say it is not expected to resume soon.(再開の見込みは立っていないということです)

They say ~で「~だそうだ」と表現できます。

There’s a long line at the taxi stand.(タクシー乗り場は長蛇の列です)

「人がたくさん並んでいる」はthere’s a long line。

I got a bus instead and caught in a traffic jam.(代わりにバスに乗ったら渋滞に巻き込まれました)

「渋滞」はtraffic jam。

I’ll not be able to make it to the meeting.(会議に間に合いません)

make it to ~は「~に間に合う」。

I’m not sure when I can get there.(いつの到着になるかわかりません)

get thereで「そこに着く」。

これからの予定を伝える

I should be there by three o’clock.(3時までに到着の予定です)

このshouldは「~のはず」ということ。

Is it possible for you to reschedule the appointment?(お約束を仕切り直しさせていただけませんでしょうか?)

rearrange the meeting(会議を再設定する)という言い方も使えます。

It is appreciated if we could meet tomorrow at the same time.(明日の同時刻にお会いできますと幸いです)

It is appreciated if ~ (could) は「~できますと幸いです」という丁寧な言い方。

Can I take a day off? The train will not run today.(休みを取ってもいいでしょうか?今日は電車が動きません)

同僚や直属の上司などに使える、カジュアルな言い方。

電車のトラブルにまつわる英会話を実践してみよう

基本的な表現や自分の状況、これからの予定の伝え方がわかったら、上司や訪問先にこんなふうに連絡してみましょう。

会社に「遅れる」とメールする

送信: Good morning. The Chuo Line is suspended. They say it is not expected to resume soon. I’m not sure when I can get to the office.(おはようございます。中央線が運休しています。再開の見込みは立っていないということです。会社にはいつの到着になるかわかりません)

返信: OK. If you find out when you’ll arrive, please let me know. Just in case, get the certificate of delay.(わかりました。何時に着くかわかったら教えてください。念のため、遅延証明書をもらっておいてください)

取引先にアポ変更の電話をする

A: Good morning. The train has been delayed. I’ll not be able to make it to the appointment. I’m so sorry about it.(おはようございます。電車が遅延しています。お約束に間に合いません。大変申し訳ございません)

B: What time are you going to arrive?(何時に到着しますか?)

A: I’m not sure yet. Is it possible for you to reschedule the appointment? How about tomorrow at the same time?(まだわかりません。お約束を仕切り直しさせていただけませんでしょうか?明日の同時刻ではいかがでしょうか?)

B: Well, let me see about it.(ええと、少々確認します)

実際に使う前に練習しておくには

使うべき表現がわかっても、いざというときにすぐに口から出てくるとは限りません。前もって練習しておくには、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する