「Along」ってどんな意味だっけ?ネイティブの使い方を覚えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Sing along」や「Get along」のように使われるalongという英単語。いざ「意味は?」と問われると、「一緒に」や「~に沿って」ぐらいしか思い浮かばないかもしれませんね。

alongという英単語は英語学習であまり重視されない存在ですが、実際にネイティブと話すとalongが頻繁に使われていることに気づくことでしょう。

そこで今回は、「Along」の意味とネイティブの使い方を解説します。しっかり覚えて自然な英語を身につけましょう!

Alongの意味

alongには前置詞と副詞の働きがあります。「alongはなんとなく理解しにくい」と感じる理由のひとつは、それぞれの品詞の中にさまざまな意味があるからかもしれません。まず、前置詞と副詞それぞれの意味を確認しましょう。

前置詞のalong

前置詞としてのalongの主な意味を見ていきます。

~に沿って、~伝いに

道路や川などの一方の端からもう一方の端に向かう「方向」や「動き」を表します。

Let’s drive along the coast! (海岸沿いをドライブしよう!)

We walked along the beach collecting small shells. (私たちは小さな貝殻を集めながらビーチに沿って歩いた)

There are trees all along the banks. (両岸に沿って並木がある)

bankは「銀行」という意味でよく知られていますが、「川岸」や川・湖などの「土手」「堤防」という意味もあります。

banksと複数形にすると「両岸」という意味。

~の途中に

通りなどの「途中」や旅行などの「間に」という意味もあります。

There is a mailbox somewhere along this street. (この通りのどこかに郵便ポストがある)

Halfway along the wall he overbalanced and fell. (壁の途中で彼はバランスを崩して倒れた)

Unfortunately they ran into a snowstorm along the way. (残念ながら彼らは途中で吹雪に遭遇した)

~に従って

方針や方向に「従って」という意味もあるので覚えておきましょう。along the lines of ~で「~のやり方で」という意味。

You should play along the lines of what the coach told you. (あなたはコーチが言ったことに従ってプレーした方がいい)

I plan to revise the article along the lines suggested. (提案された方針に従って記事を修正する予定だ)

Let’s settle the matter along those lines. (その線でこの問題は解決しよう)

副詞のalong

次は、副詞としてのalongの主な意味です。それぞれの意味を例文でしっかりチェックしましょう。

(~のそばに)沿って

byやbesideを伴って、「~のそばに列をなして、並んで」という意味になります。 

Many cars park along by the building. (多くの車がビルに沿って駐車している)

The big dog was running along beside him. (大きな犬が彼と並んで走っていた)

前へ、先へ、進んで

move, come, go, walkなどの動作動詞とともに使い、止まらずにどんどん「前へ」「先へ」と動作を促すときの表現。また、単に動作・行為を強調することもあります。

Come along! (さあ、来て!)

She drove along. (彼女は車をどんどん走らせた)

The police ordered the crowd to move along. (警察は群衆にどんどん動くよう命令した)

一緒に、連れて

人と「一緒に」、人と「連れ立って」と誰かを同伴するときの表現。

Please bring your friends along. (どうぞ友だちも連れていらっしゃい)

Is it OK to take my children along? (子どもを連れて行ってもいいですか?)

She brought her boyfriend along to the party. (彼女はパーティーに彼氏を連れてきた)

ここへ、そこへ

口語表現で「その場に」という意味でも使われます。

She will be along in 15 minutes. (彼女は15分もすれば来るだろう)

Another bus should be along in a minute. (別のバスがすぐに到着するはずだ)

ネイティブのalongの使い方パターン

ネイティブは句動詞(Phrasal verb)や慣用句の一部としてalongを頻繁に使います。句動詞とは、「動詞+ 副詞」や「動詞 +(副詞)+ 前置詞」で構成される熟語のことで、副詞や前置詞を伴うことで、もとの動詞とは異なる意味になります。例えば、wake up(目覚める)やlook after(世話をする)などです。

句動詞や慣用句などをうまく使いこなすと、ネイティブのような自然な英語になるので、ここではネイティブのalongの使い方パターンを見ていきましょう。

Along with

句動詞や慣用句などは意味がひとつとは限らないので、意味別に見ていきます。along withは句動詞ではなく慣用句です。また、withの後が「人」か「もの」かにより意味が異なります。

along withの意味と似た単語にwithがありますよね。withが「多くの中の誰か・なにかとともに」という意味であるのに対して、along withは「誰か・何かに加えて」あるいは「誰か・なにかと同じように」という意味です。以下の例文で確認してみてください。

I suffer from arthritis with great stiffness and pain. (ひどいこわばりと痛みを伴う関節炎に苦しんでいる)

I suffer from arthritis with great stiffness and pain, along with poor sleep. (睡眠不足に加えて、ひどいこわばりと痛みを伴う関節炎に苦しんでいる)

~と一緒に

along with~(人)で、「人と一緒に」「人を同伴して」「人と協力して」という意味。

She planned the project along with her colleagues. (彼女は同僚と一緒にプロジェクトの計画を立てた)

He lost his job when the factory closed, along with hundreds of people. (彼は工場が閉鎖されたとき、何百人者もの人々と一緒に職を失った)

~に加えて

along with ~(もの)で、「ものに加えて」「ものの他に」という意味。

The plane carries heavy radar equipment along with full fuel tanks. (飛行機は満タンの燃料タンクに加えて重いレーダー装置を携えている)

I’ll have a piece of cake along with a coffee. (コーヒーに加えてケーキもいただきます)

Get along

get alongは頻繁に使われる句動詞ですが、意味がいくつかあるので要注意。意味別に例文を見ていきましょう。

はかどる、進む

【get (進む:自動詞)+ along (前へ:副詞) ⇒ 前に進む ⇒ はかどる】

仕事などがはかどること、うまくいくことを表します。

The preparations for the party are getting along just fine. (パーティーの準備は順調に進んでいる)

How are you getting along in your new job? (新しい仕事はうまくいっている?)

なんとかやっていく

【get (進む:自動詞)+ along (前へ:副詞) ⇒ 前に進む ⇒ なんとかやっていく】

なんとかやっていくこと、なんとか暮らしていくことを表します。

We can’t get along with so little money. (こんなに少ないお金ではやっていけない)

Can you get along without your phone? (スマホなしでやっていける?)

仲よくやる、うまくやる

【get (進む:自動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に進む ⇒ 仲よくやる、うまくやる】

get along with 人で「人と仲よくする」「相性がいい」という意味。頻繁に使われるので覚えておくと便利です。

Do you get along with your neighbor? (隣人と仲よくやっている?)

Daniel doesn’t get along with Tim. (ダニエルはティムとウマが合わない)

行く、立ち去る

【get (進む:自動詞)+ along (先へ:副詞) ⇒ 先へ進む ⇒ 立ち去る】

口語表現。通常、「be + getting」の形で使われます。

It’s time for me to be getting along. (そろそろおいとまします[おいとまする時間です])

I must be getting along now. (そろそろおいとましなければ[行かなければ])

Bring along

along の後が「もの」か「人」かで意味が異なります。bringの代わりにtakeを使っても同様の意味です。

一緒に持って行く・来る

【bring(持って行く・来る:他動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に持って行く・来る】

along の後が「もの」で、「ものを一緒に持って行く・来る」という意味。

A light jacket is good to bring along, as the weather is often chilly this time of year. (この時期はよく肌寒くなるので、薄手のジャケットを一緒に持って行くといい)

Read the agenda prior to the meeting and bring along a lot of ideas! (会議の前に議題を読んで、多くのアイディアを持って来て!)

一緒に連れて行く・来る

【bring(連れて行く・来る:他動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に連れて行く・来る】

along の後が「人」で、「人を一緒に連れて行く・来る」という意味。

Will he bring along an American friend of his? (彼はアメリカ人の友だちを連れて来るかな?)

Please bring along several promising young people. (有望な若者を何人か連れてきてください)

Come along

come alongにもいくつか意味があるので、主なものをピックアップします。

一緒に来る(行く)

【come (来る(行く):自動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に来る】

come along with 人の形で表します。

She wants to come along with us to the movie. (彼女は私たちと一緒に映画に行きたがっている)

You’d better come along with me to the police station. (私と一緒に警察署に行った方がいいよ)

comeとgoは日本語と英語で視点が異なるため、訳は「行く」としています。

ここへやって来る・現れる

【come (来る(行く):自動詞)+ along (ここへ:副詞) ⇒ ここへ来る(行く)・現れる】

人や機会がやって来ることを表します。

I waited half an hour for a bus, then three buses come along at once! (バスを30分待ったら、3台同時に来たよ!)

We were just standing talking when Ben came along. (ベンがやって来たとき、私たちはただ立ち話をしていた)

stand talkingは「立ち話をする」という意味。

進む、はかどる

【come (来る(行く):自動詞)+ along (前へ:副詞) ⇒ 前へ来る(行く) ⇒ 進む、はかどる】

人や仕事などが進歩したり、はかどったりするときの表現。

I began to come along well in English after I improved my study methods. (勉強の仕方を改善した後、英語がうまくなり始めた)

Work is coming along well. (仕事は順調に進んでいる)

Go along

go alongもよく使われる句動詞です。意味別に例文を見ていきましょう。

進行する

【go (進む:自動詞)+ along (先へ:副詞) ⇒ 先へ進む ⇒ 進行する】

物事が進んでいくこと、進めることを表します。

Everything was going along swimmingly until you interfered. (あなたが干渉するまで、すべてがトントン拍子に進んでいた)

You’ll learn more as you go along. (やっていくうちに段々と分かってきますよ)

Swimminglyは「トントン拍子に」「すらすらと」という意味。

一緒に行く、同行する

【go (行く:自動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に行く、同行する】

go along with ~(人)で、「人と一緒に行く」という意味。

I didn’t want to go along with him to the event. (私は彼と一緒にイベントに行きたくなかった)

Would you like me to go along with you? (私も一緒に行きましょうか?)

賛成する、賛同する

【go (行く:自動詞)+ along (一緒に:副詞) ⇒ 一緒に行く ⇒ 賛成する、賛同する】

人や案などに賛成・賛同することを表し、ビジネスの場で頻繁に使われます。

I’ll go along with any reasonable plan. (私は合理的な計画に賛成するだろう)

They refused to go along with you on this issue. (彼らはこの問題であなたの考えに賛同することを拒んだ)

Sing along

sing alongは句動詞ではありませんが、よく聞くフレーズですね。それぞれの意味をしっかり確認しましょう。

合わせて歌う

sing along to ~ で「~に合わせて歌う」という意味で、sing to (代)名詞で「(楽器などに)合わせて歌う」という意味です。

Kindergarten students are singing along to the piano. (幼稚園生はピアノに合わせて歌っている)

Let’s sing along to your favorite song! (あなたのお気に入りの曲に合わせて歌おう!)

一緒に歌う

sing along with 人で 「人と一緒に歌う」という意味。すでに示したalong withと同じ用法です。

My daughter always sings along with me if I start belting out some Disney tunes. (私がディズニーの曲を演奏し始めると、娘はいつも私と一緒に歌う)

I love to sing along with the music. (私は音楽と一緒に歌うのが大好きだ)

belt outは「演奏する」「威勢よく歌う」という意味。

Tag along

そんなに頻繁には使われませんが、tag alongをなに気なく使えると「おや、そんなフレーズも知っているの?」と一目置かれるかもしれません。商品に値札(タグ)がついている様子から以下のような意味で使われます。

ついて行く、つきまとう

動詞tagには「値札をつける」という意味の他に、「つきまとう」「くっついて離れない」という意味があり、口語として使われます。

My friends decided to go to a movie so I tagged along. (友だちが映画に行くことに決めたので、私もついて行った)

If you’re going to the park, do you mind if I tag along? (公園に行くなら、ついて行ってもいい?)

ぴったり後について行く

tag along behind ~(人)で、誰かに同行したり、ぴったり後ろをついて来たりすることを表します。たいてい、ついて来る人はグループに属していないか、存在が望まれていません。

Do you mind if my little sister tags along behind us? (うちの妹がくっついて来てもいい?)

He insisted on tagging along behind me to make sure I went to class on time. (私が時間通りにクラスに行くか確かめるために、彼は私の後について来ると言い張った)

Insist onは「言い張る」「力説する」という意味。

「along」に関する表現を使いこなせるようになりたいなら

「Along」の意味は幅広く、動詞を伴って日常英会話で頻繁に使われます。句動詞や慣用句をうまく使いこなせるようになるとネイティブの英語に一歩近づけるので、この機会にalongを使った句動詞や慣用句を身につけましょう。

「along」に関する表現を使いこなせるようになりたいなら、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する