「どうするつもり?」って英語で言える?日常会話でよく使う「するつもり」の表現まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつかカナダに留学するつもりだ」
「明日は早起きするつもりだ」
「今晩友だちと映画を見るつもりだ」

このように「するつもり」は未来に何かをする意思があることを表します。「未来」と聞いてまず思い浮かぶのは「will do」や「be going to do」かもしれませんね。もちろん、これらも「するつもり」を表しますが、他にもさまざまな表現があるので、日常会話でよく使う英語フレーズをまとめます。

未来を表す2つの表現

すでに述べたように「するつもり」は未来に何かをする意思があることを表すので、未来を表す「be going to do ~」と未来を表す助動詞を使った「will do ~」から見ていきます。

be going to do 〜

be going to do ~は「確実な未来」「実現可能な未来」を表します。

「するつもりだ」「することにしている」

すでに決まっている未来の予定を表し、形は「be (is /are /am) going to do ~」です。

I’m going to have another piece of cake. (もうひとつケーキを食べるつもりだ)

She is going to give a piano recital. (彼女はピアノのリサイタルをするつもりだ)

「するつもりはない」

上記の否定形。するつもりがないことを表し、形は「be (is /are /am) not going to do ~」です。

They certainly are not going to respect you. (彼らは確かにあなたを尊敬するつもりがない)

We’re not going to travel overseas this year. (今年は海外旅行をするつもりはない)

「するつもりだった」

be going to do ~の過去。するつもりだったことを表し、形は「be (was /were) going to do ~」です。実際にはしていません。

I was going to call you, but I lost your number. (あなたに電話するつもりだったが、電話番号を失くしたんだ)

I heard their children were going to learn English. (彼らの子どもたちは英語を習うつもりだったと聞いた)

「するつもりはなかった」

上記の否定形。するつもりはなかったことを表し、形は「be (was /were) not going to do ~」です。

He was not going to accept it. (彼はそれを受け入れるつもりがなかった)

They were not going to buy a new car. (彼らは新車を買うつもりはなかった)

will do 〜

willが未来を表す助動詞であることはよく知られていますが、willには名詞としての働きもあり、その意味は「意志」。つまり、willを使うことで「絶対に~する」と未来への意志を表現できるということです

「するつもりだ」「するだろう」

「will do ~」で未来や意志を表現。「するつもり」というより、「必ずする」という強い意志が込められています。

I will send you a copy of the report. (レポートのコピーを送るね[送るつもりだ])

Will you go to Hawaii with her? (彼女とハワイに行くつもりですか?)

「するつもりはない」「しないだろう」

上記の否定形。するつもりがないことを表し、形は「will not to do ~」です。

I will not pay that bill! (その請求書は払わない![払うつもりがない])

She will not come to work tomorrow. (彼女は明日、仕事に来ない[来ないつもりだ])

「するつもりだった」「しただろう」

するつもりだったという強い意志を表し、形はwillの過去「would do ~」です。実際にはしていません。

He would answer all questions. (彼はすべての質問に答えただろう[答えるつもりだった])

She was still 7 years old, but she would marry Ken. (彼女はまだ7才だったが、ケンと結婚するつもりだった)

「するつもりはなかった」「しなかっただろう」

上記の否定形。するつもりがなかったことを表し、形は「would not do ~」です。

I would not admit my fault. (私は過ちを認めるつもりがなかった)

He would not dream of becoming a doctor. (彼は医者になることを夢見るつもりはなかった)

日常会話でよく使う「するつもり」8選

未来を示す表現を使わなくても、「するつもり」は表現できます。「するつもりだった」や「するつもりはない」などと表現するときには、それぞれの表現を過去形や否定形などにすればOKです!

する意志が強いintend to do 〜

intendは計画的で強い意志を表します。

How do you intend to deal with this problem? (この問題にどう対処するつもりですか?)

I intended to go to Paris next year. (来年はパリに行くつもりだった)

「意図」を表すintention

intendは強い意図・意志を表しますが、intentionは一般的な「意図」を表します。以下3つは、intentionを使った「~するつもりだ」という表現です。

It’s my intention to do ~
to have the intention to do ~
to have the intention of doing ~ 

以下3つはどれも「ゴルフコンペで勝つつもりだ」という意味。

It’s my intention to win the golf competition.
I have the intention to win the golf competition.
I have the intention of winning the golf competition. 

I didn’t have any intention of breaking the rules.  (私は規則を破るつもりはなかった)

する計画があるplan 〜

plan ~は、確実ではないものの一応計画を立てている、予定しているといったニュアンス。以下の表現はほぼ同じ意味です。

plan to do ~
plan on doing ~
be planning to do ~

以下3つは、どれも「彼らは日本に典型的な英国の村を再現するつもりだ[再現する計画がある]」という意味。

They plan to recreate a typical English village in Japan.
They plan on recreating a typical English village in Japan.
They are planning to recreate a typical English village in Japan.

I don’t plan to watch this movie. (この映画を見るつもりはない)

することを考えているthinking about / of 〜

thinking about / of ~はするかどうかは分からないけど、することを考えているときの表現。ただ考えているだけなので、確度は低いです。

She is thinking about changing her job. (彼女は転職を考えている[転職するつもりだ])

I’m thinking of selling my car. (車を売ることを考えている[売るつもりだ])

しようと思っているhave it in mind to do ~

mind は「心・考え・意向」、in mindは「念頭に」という意味で、have it in mind to do ~で「~しようと思っている」「~するつもりだ」となります。

I have it in mind to ask her advice when I see her. (彼女に会ったときにアドバイスを求めるつもりだ)

He had it in mind to leave the business to his daughter. (彼は事業を娘に任せるつもりだった)

意図・願望・義務を持つmean to do 〜

mean to do ~は意図・願望・義務が込められた表現で、「~するつもり」「故意に~する」という意味。一方、be meant to do ~は起こることが期待されているか、起こるべきであること意味します。また、meanや過去形のmeantだけの場合は、「~のつもりで言った」という意味。

I certainly mean her to come. (もちろん彼女に来てもらうつもりだ)

I never meant to hurt anyone. (誰かを傷つけるつもりはなかった)

Are you meant to leave a tip? (ヒントを残すつもり?)

I was meant to clean my room. (部屋を掃除するつもりだった)

What do you mean by that? (どんなつもりでそんなことを言うの?)

I meant it as a joke. (冗談のつもりで言ったんだ)

「今からするつもり」を表すbe (just) about to do 〜

be (just) about to do ~は「今~するところ」「今から~するつもり」「まさに~しようとしている」という意味。今にも起こりそうなことや非常に近い未来を表現するのに便利です。

I’m about to leave my house. (今から家を出るつもりだ)

She was about to go out when the phone rang. (電話がなったとき、彼女はまさに出かけるところだった[出かけるつもりでいた])

することを期待するexpect to do 〜

expect は十分な理由とかなりの確信があって、何かが起こることを予期したり期待したりするときに使う表現。expect to do ~で「~することを予期する」「~するともりだ」という意味です。

I expect to be back within a week. (1週間以内に戻ってくるつもりだ)

I expected to find him in the bar, but he wasn’t there.(バーで彼を見つけるつもりだったが、そこにはいなかった)

その他の「するつもり」を表す英語フレーズ

最後に、「どうするつもり?」「そうするつもり」など、その他の英語フレーズをまとめます。

「どうするつもり?」

これまで見てきた表現で「どうするつもり?」を表すと、以下のようになります。それぞれのニュアンスの違いで使い分けましょう。

What are you going to do?
What do you intend to do?
What is your intention?
What do you plan to do?
What do you mean to do?

「将来、どうするつもり?」「この先どうするつもり?」「残ったお金はどうするつもり?」もこれまで見てきた表現で表できます。

What are you going to do in the future? (将来どうするつもり?)

What do you plan on doing now? (この先どうするつもり?)

What will you do after graduation? (卒業したらどうするつもり?)

What are you going to do after you leave school? (学校を出た後、どうするつもり?)

What are you going to do with the remaining money? (残ったお金はどうするつもり?)

「何のつもり?」

相手の行動を再確認する、何を想定しているのか尋ねる、相手の考えを知りたいといった「何のつもり?」を状況別に見ていきます。

相手の行動を再確認する場合:

What are you doing? (何のつもりですか?[何をしているのですか?])

what are you driving at? (何のつもりですか?[何をするつもりですか?])

何を想定しているのか尋ねる場合:

What are you trying to do? (何のつもりですか?[何をしようとしているのですか?])

What are you intending to do? (何のつもりですか?[何をするつもりですか?])

相手の考えを知りたい場合:

What do you have in mind? (何のつもりですか?[あなたの考えは何ですか?])

相手のもくろみを尋ねる場合:

What is the big idea? (何のつもりですか?[もくろみは何ですか?])

相手の行動が理解できない場合:

What is the point in that? (何のつもりですか?[それ(その行動)の意味は何ですか?])

drive atは「~を意味する・目指す・~に言及する」という意味。また、上記の場合のpointは行為などの「目的・意味」、 big ideaは「もくろみ・大きな計画」という意味です。

「そうするつもり」

相手に尋ねるのではなく、相手に「そうするつもりだよ」あるいは「そうするつもりはなかった」と伝えたいときの表現。

I would do anything! (そうするつもりさ![何でもするつもりさ])

I‘m determined to do it. (断固としてそうするつもりだ)

I’m intending so. (そうするつもりです)

I didn’t mean to (do that). (そうするつもりはなかった)

That wasn’t my original intention. (最初はそうするつもりではなかった)

He would not do so. (彼にはそうするつもりはなかったよ)

determinedは「断固として・固く決心して」という意味。また、do thatは省略可能です。

「そのつもり」

最初から「そのつもりだよ」と伝えたいとき、ネイティブはThat’s the planをよく使います。また、うまくいくかどうか分からなかったり、今後その計画はなくなってしまったりするかもしれないけど、現時点では「そうするつもりだ」と伝えたいときにも同じように表現します。

That’s the plan.(そのつもりです)

So far, I’m going to do so. (今のところそのつもりです)

そうなっているような「つもり」

現実にはそうではないけれど、「そうなっているつもり」でいるときの表現。勘違いや思い込みを表しています。以下の3つは、どれも「彼女は息子が学校で一番走るのが早いつもりでいる」という意味。

She thinks her son runs the fastest in the school.
She believes her son runs the fastest in the school.
She is convinced her son runs the fastest in the school.

thinkは「思う・考える」、believeは「信じる・思う」、convinceは「確信させる・納得させる」という意味。

「するつもり」に関する表現を使いこなせるようになりたいなら

英語の「するつもり」はニュアンスの違いによりさまざまな言い方があることが理解できたのではないでしょうか。ニュアンスにあった表現を使いこなすためには、間違いを恐れずに何度も使ってみることが大切です。

「するつもり」に関する表現を効率よく身につけたいなら、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

お金をあまりかけずに英語を話せるように
するならオンライン英会話が有効です

英語を学んできたのに、いざ話そうとなると全く言葉が出てこない、その原因は圧倒的にアウトプット量が不足していることにあります。
英会話の経験量を増やしたいなら断然オンライン英会話がおすすめ。1日25分だけ英語を話す習慣が鍵を握っています。高いお金を払って海外留学する必要はないのです。

無料登録しておくとお得な情報が届きます

今すぐ無料体験する

最適な学習サイクルが
レアジョブ英会話ひとつで完結

レアジョブ英会話の新しい学習体験 レアジョブ英会話の新しい学習体験

レアジョブ英会話なら、会話量を増やせるレッスンはもちろんのこと、確実に英語を聞き取れるようにするトレーニングコンテンツ『ソロトレ』や一歩一歩英語力を積み上げられるオリジナル教材など、オンライン英会話市場で長年培ってできた優れたコンテンツを豊富に取り揃えています。(追加料金なし/教材は誰でも無料!)苦手を克服したいなら使うべき選りすぐりのコンテンツです。

今すぐ無料体験する

※「ソロトレ」は有料会員様のみご利用いただけます

利用者インタビュー

無料登録~7日以内なら
初月半額ではじめられます

今すぐ無料体験する

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する