使い分けできてる?英語の代名詞を基礎から分かりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を話すときに必ず使う代名詞。よく使う代名詞には、You(あなた)、We(私たち)、It(それ)などがあります。皆さんはこれらの代名詞を上手に使いこなせていますか。「種類が多くて使い分けができない…」「いつどの代名詞を使えばいいのか分からなくなる…」という人もいるかと思います。そこでこの記事では、英語の代名詞を基礎から徹底的に解説していきます。英会話を上達させるためには、代名詞を使いこなせるようになる必要があります。ぜひこの記事を読んで代名詞をマスターしてくださいね!

代名詞とは?

代名詞とは、名詞の代わりとして使われる単語です。以下の例文を見てみましょう。

Tom is my friend. Tom likes basketball.(トムは私の友達です。トムはバスケットボールが好きです。)

上記の例文には、「トム」という名詞が2回出てきて少しくどいですよね。代名詞を使うと、以下のようなスッキリした文になります。

Tom is my friend. He likes basketball.(トムは私の友達です。彼はバスケットボールが好きです。)

Tomという単語を繰り返す代わりに、Heという代名詞が使われています。このように、同じ単語の繰り返しを避けるために代名詞は使われます。

代名詞には、人称代名詞、指示代名詞、不定代名詞、疑問代名詞、関係代名詞の5種類あります。それぞれ解説していきますね!

人称代名詞

人称代名詞は、I(私は)、She(彼女は)、His(彼の)、It(それは)といった人や物の代わりに使われる単語です。

人称代名詞:主格

主格の人称代名詞とは、主語の位置で使われる代名詞のことです。意味としては「~は」となります。

I’m listening to music.(私は音楽を聴いています。)

They are playing baseball.(彼らは野球をしています。)

人称代名詞:所有格

所有格の人称代名詞は名詞の前に置かれます。意味としては「~の」となります。

What is your favorite song?(あなたのお気に入りの曲は何ですか?)

My sister lives in Australia.(私の姉はオーストラリアに住んでいます。)

人称代名詞:目的格

目的各の人称代名詞は目的語の位置に置かれます。意味としては「~を」「~に」となります。

I saw him last week.(私は先週彼に会いました。)

I received a letter from her.(私は彼女から手紙をもらいました。)

人称代名詞:人以外

人称代名詞は、人以外を表すこともあります。

I bought a new computer. It was expensive.(私は新しいパソコンを買いました。それは高かったです。)

My mother gave me this hat. I wear it every day.(母がこの帽子をくれました。私はそれを毎日かぶっています。)

指示代名詞

指示代名詞は、this(これ)、 that(あれ)、these(これら)、those(あれら)のことを指します。使い分けは以下の通りです。

This:単数形の近いものを指す
That:単数形の遠いものを指す
These:複数形の近いものを指す
Those:複数形の遠いものを指す

指示代名詞:基本の使い方

まずは基本となる使い方の例文を見てみましょう。

This is my pen.(これは私のペンです。)

That is your pen.(あれはあなたのペンです。)

These are your books.(これらはあなたの本です。)

Those are my books.(あれらはあなたの本です。)

指示代名詞:前に出た話の内容を指す

指示代名詞は、相手が話した内容を指すこともあります。使い方は以下の通りです。

A:What should we do for Mother’s day?(母の日どうしようか?)
B:How about making dinner for her?(お母さんのために夕飯を作るのはどうかな?)
C:That’s a good idea!(それはいいアイディアだね。)

上記の例文で、ThatはBさんが言った「お母さんのために夕飯を作るのはどうかな?」という文全体を指しています。

不定代名詞

不定代名詞は、不特定の人や物、数を表します。代用的な不定代名詞には、some(いくつかの)、other(ほかの)、 another(もう一つの) both(両方の) などがあります。

不定代名詞:someとany

someとanyはどちらも、「いくつかの」といった意味ですが、この2つは使い分ける必要があります。基本的に、肯定文ではsome、否定文・疑問文ではanyを使います。それぞれ例文を見てみましょう。

I have some questions.(いくつか質問があります。)

Do you have any questions?(質問はありますか?)

I don’t have any plans today.(今日、予定はありません。)

肯定文でanyが使われるときは、「どの~も」「どんな~も」といった意味になります。

You can come at any time.(いつでも来ていいですよ。)

不定代名詞:the otherとanother

the otherとanotherの使い分けは以下の通りです。

the other:2つのうち1つを指す
another:複数ある中の1つを指す

例文を見て理解を深めましょう。

I have two brothers. One is lives in Tokyo. The other lives in Osaka.(私は2人兄がいます。1人は東京に住んでいて、もう1人は大阪に住んでいます。)

I don’t like this color. Can you show me another?(この色は好きではありません。ほかの色を見せてください)

疑問代名詞

疑問代名詞は、who、whose、whom、which、whatのことを指します。これらの単語を文頭に置くと、疑問文を作ることができます。それぞれの使い方を解説しますね。

疑問代名詞:who、whose、whom

who、whose、whomは、人について尋ねるときに使います。いくつか例文をご紹介します。

Who is your favorite singer?(あなたのお気に入りの歌手は誰ですか?)

Whose car is this?(これは誰の車ですか?)

Whom should I contact?(誰に連絡すればいいですか?)

疑問代名詞:what

whatは物について尋ねるときに使います。例文を見てみましょう。

What’s your favorite subject?(あなたが一番好きな教科は何ですか?)

What are you talking about?(何について話しているのですか?)

疑問代名詞:which

whichは人や物について尋ねるときに使います。以下例文です。

Which is your bag?(あなたのカバンはどちらですか?)

Which is your teacher?(あなたの先生はどちらですか?)

関係代名詞

関係代名詞は、名詞に情報を追加したいときに使います。また、修飾される名詞(先行詞)によって、使われる関係代名詞は変わります。使い分けは以下の通りです。

who:先行詞が人のとき
which:先行詞が人以外のとき
that:先行詞が人もしくは人以外のとき

関係代名詞:who

人が先行詞の場合は、関係代名詞whoを使います。

I have a sister who lives in Canada.(私はカナダに住む妹がいます。)

This is the man who I talked to 3 days ago.(この人は、私が3日前に話した男の人です)

2つ目の例文では、whoの代わりにwhomを使うこともできますが、口語ではwhoがよく使われます。

関係代名詞:which

人以外が先行詞の場合は、関係代名詞whichを使います。

The road which leads to the station was crowded.(駅に続く道は混んでいた。)

This is the cake which I made yesterday.(これは私が昨日作ったケーキです。)

2つ目の例文で使われている目的格のwhichは、省略されることも多いです。

まとめ

今回は英語の代名詞について基礎から解説しました。いかがでしたでしょうか。代名詞には、人称代名詞、指示代名詞、不定代名詞、疑問代名詞、関係代名詞の5種類ありましたね。種類が多くて覚えるのが大変かもしれませんが、英語を話せるようになるには、代名詞は避けて通れません。少しずつでもいいので、それぞれの代名詞の特徴や使い方を学んでいきましょう!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する