英語学習におすすめの英語サイト&アプリ&英語本30選!必要な勉強法も要チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語の学習をはじめたい」と思っても、何から手をつければいいのか分からず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。実際に英語を学習するためには、さまざまな方法があります。

本記事では、英語サイト・アプリ・英語本から、それぞれ10個ずつ、合計30個の英語学習ツールを紹介します。初心者でも英語の向上が見込める、厳選した内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

効率的な英語の学習法とは?

効率的に英語を学習するためには、以下の3点を押さえることが大切です。

・目的を定める
英語でプレゼンができるようになりたい場合と、TOEICで高得点を獲得したい場合では学習法も異なります。目的にマッチした学習をすることで、高い効果が見込めます。

・基礎力を強化する
基礎がしっかりできれば、英語力は飛躍的に向上します。リスニングやスピーキングが苦手な人は、発音を重点的に学ぶとよいでしょう。

・継続して学習する
英語学習において最も重要なポイントは、継続して学習し続けることです。少しの時間でも毎日英語に触れることを意識してください。インプットとアウトプットを繰り返すことにより、はじめて使える英語が身に付きます。

まずは、どのような学習をすべきなのか具体的にみていきましょう。

頻出英単語を2,000語覚える

単語はまず2000語を目標に覚えましょう。日常会話で用いられる英単語は、おおよそ2000語だといわれています。まずは、頻出の2000語を暗記することで、英語の基礎は身に付きます。

単語を1つずつ暗記する方法も有効ですが、文章ごと丸暗記することで、効率良く多くの単語を学ぶことが可能です。とくに、ビジネス用語や専門的な単語は覚えにくいため、前後の文脈と合わせて覚える方法がおすすめです。英単語は2000語を1つの目標として設定し、少しずつ理解できる英単語を増やしていきましょう。

文法はまずは中学英語をマスターする

文法は中学英語をマスターできるよう学習しましょう。中学英語さえ理解できれば、あとは簡単な応用で使える文法の幅は広がります。英語の文型は、主語(S)、動詞(V)、目的語(O)、補語の(C)の4つの要素で成り立ちます。

I call him Ken.
主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

上記の例文の場合、主語は「I」、動詞は「call」、目的語は「him」、補語は「Ken」です。まずは、このような分型の概要と見分け方をマスターしましょう。文法がわかると、単語が理解できなくても、前後の文節から意味を想像することが可能です。英語の文型は大きく5つの種類があります。

・主語(S)+動詞(V)
・主語(S)+動詞(V)+補語(C)
・主語(S)+動詞(V)+目的語(O)
・主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+目的語(O)
・主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

まずは、この5つの文型のマスターからはじめて、徐々に文法の理解を深めていきましょう。

単語や文法は身体で覚える

単語や文法は頭だけでなく、身体全体で覚えましょう。英語の参考書を読むだけではなかなか理解できない、単語も文法も覚えられないという人は、目・耳・口・手をフル活用した学習がおすすめです。

単語や文章を読み上げる、ノートに書き写す、といった学習法は、記憶が定着しやすく理解も深まります。頭では理解できたつもりでも、単語が読めない、正しく書けないということは珍しくありません。単語や文法は、身体全体を使って学習しましょう。

英語の発音の特徴を理解して正しい発音を身に付ける

英語の発音のポイントは「リズム」と「リエゾン」です。リズムとは、発音の強弱やスピードを表します。

I like you.

上記の例文で「like」を強調したい場合、ゆっくりと強めに発音します。それに合わせて前後の「I」と「you」は、聞き取りづらくなる傾向です。

リエゾンとは、通常発音しない語尾の子音が次の語頭の母音とつながって発音される現象を表します。フランス語に起源がある連声の一種で、音の変化を意味します。

I like you.(アイ ライク ユー)

I like you.(アイ ライ キュー)

単語ごとに発音するのではなく、語尾の子音とつながった「アイ ライ キュー」がネイティブに近い発音です。英語の発音は、前後の単語によって音がつながったり、抜け落ちたり、同化したりします。

リズムとリエゾンを意識することで、英語の発音の特徴を掴みやすくなり、正しい発音が身に付けやすくなるでしょう。

日本語に訳さず英語で理解する

日本語に訳さず英語のまま理解できるようになると、英語力は大きく向上します。そのために大切なのは、英語脳を育てること。英語脳とは、英語を英語のまま理解し、英語で文法を組み立て、英語で話すことができる頭の回路を持つことを指します。

頭の中で英語を日本語に訳していては、実際の会話でスムーズなコミュニケーションは困難です。意識して頭の中から日本語を排除し、すべてを英語で処理できるようになりましょう。訓練を重ねることで、英語脳は成長します。

英語学習を習慣化して英語に慣れる

英語の習得には継続して学習することが欠かせません。英語学習を習慣化するためには、毎日短時間でも英語に触れる機会をつくることが大切です。気軽にできる動画の視聴や、スキマ時間に利用できる英語アプリも積極的に活用していきましょう。頭も身体も英語に慣れることで、知識を吸収しやすくなります。

習慣化は無理のない範囲で計画を立てることもポイントです。毎日1ページ英字新聞を読む、5分英語のスピーチを聞くなど、続けやすい目標を設定してください。英字新聞を読むときは実際に声に出してみる、スピーチを聞くときもシャドーイングすることで、より効果を高めることができます。

アウトプットを繰り返して実践力を付ける

独学で英語を学ぶ場合は、アウトプット学習に力を入れましょう。心理学者であるエビングハウスが導き出した記憶に関する理論では、学習した1時間後には56%もの内容を忘れてしまうといわれています。

しかし、忘却曲線を踏まえて復習をすると記憶力は大幅にアップします。英語学習に当てはめると、インプットした内容を定期的にアウトプットすることで、記憶の定着率を大きく向上させることが可能です。アウトプット学習には、さまざまな方法があります。

・単語の書き取りテストを行う
・覚えた文法を使って文章を組み立てる
・オンライン英会話で実践的な形式で英語を使う

上記方法をはじめ、アウトプットがしやすい環境を整えることも大切です。

英語学習におすすめのサイト10選

本章では英語学習におすすめのサイトとそれぞれの特徴を紹介します。今回紹介するのは、以下の10サイトです。

・サイト充実度を重視するなら『アルク』
・語彙数を向上させたいなら『Weblio』
・専門性を高めたいなら『TED』
・英英辞典なら『Oxford Learner’s Dictionaries』
・英語のニュースなら『BBC Learning English』
・スピーキングスキル強化なら『VOA Learning English』
・リスニングスキル強化なら『NPR(National Public Radio)』
・世界基準のビジネス英語を学びたいなら『Wall Street Journal』
・英語の本質を学びたいなら『東京外国語大学 言語モジュール』
・すぐに使えるビジネス英語を学びたいなら『English Upgrader+』

サイト充実度を重視するなら『アルク』

語学教育のトータルソリューションを提案するアルクはサイトの充実度が特徴です。アルクのウェブメディアであるENGLISH JOURNAL ONLINEでは、「学びコンテンツ」「Creative Writing」「英語で読書!」といったさまざまなアプローチで英語力を向上させることができます。

また、英和・和英検索可能な学習ツールである英辞郎on the Webは無料で使えるシンプル版も提供されています。

アルクの特徴

・英単語検索
・例文検索
・単語帳登録
・TOEIC/TOEFL対策

株式会社アルク

語彙数を向上させたいなら『Weblio』

英和辞典・和英辞典として知名度の高いWeblio。語彙数と例文が豊富で、辞書としての使い勝手も抜群です。「英語の質問箱」という交流場所もあり、疑問に感じたことを気軽に質問できる環境も整っています。

新しい機能も続々追加されており、英語力のレベルに合わせた学習ができるでしょう。

Weblioの特徴

・辞書
・英語翻訳
・語彙力診断
・英単語帳

Weblio 英和辞典・和英辞典

専門性を高めたいなら『TED』

専門性の高い英語のプレゼンを無料で視聴できるTEDは、目的に応じて効率的良く学習を進めていけるサービスです。同じ動画を繰り返し視聴することで、リスニング力をはじめ、語彙力・文法など総合的に英語力を向上させることができるでしょう。

動画は字幕を表示させたり、スピードを変更したりすることもできます。動画はBusiness・Nature・Scienceといったカテゴリー別に検索することができ、他のサイトではなかなか出会えないような独創的な内容も豊富にあります。

TEDの特徴

・英語動画視聴

TED Talks

英英辞典なら『Oxford Learner’s Dictionaries』

Oxford Learner’s Dictionariesはイギリスの名門オクスフォード大学の出版局が運営するサイトです。英語で検索して英語で意味が表示されるため、初心者には少し難しく感じるかもしれませんが、短期間で英語力を向上させたい人にはぴったりです。

また、辞書機能はアメリカ英語・イギリス英語・アカデミック英語などに切り替えられるので、より実践的な英語を学ぶことができるでしょう。

Oxford Learner’s Dictionariesの特徴

・辞書
・テキストチェッカー

Oxford Learner’s Dictionaries

英語のニュースなら『BBC Learning English』

BBC Learning Englishはイギリスのラジオやテレビを一括運営するBBCによるニュースサイトです。6分間の短い動画も多数あり、通勤や通学のスキマ時間の学習にも向いています。

上級者用の専門的なニュースはもちろん、初心者や子ども用のコンテンツも充実しているため、気負いなくはじめることができるでしょう。幅広い話題に触れることで、ネイティブとのコミュニケーションに活かせる英語が身に付きます。

BBC Learning Englishの特徴

・英語動画視聴
・文法
・語彙と発音

BBC Learning English – Homepage

スピーキングスキル強化なら『VOA Learning English』

アメリカの国営放送であるVOA(Voice Of America)が運営する「VOA Learning English」は、レベル別の学習が可能なニュースサイトです。

Beginning・Intermediate・Advancedの3つのレベルに分かれており、シャドーイング学習しやすい内容となっています。Beginningは視覚的にも理解しやすい動画で、かなりゆっくり話してくれるため非常に聞き取りやすくなっています。各動画には字幕やスクリプトがついているので、スピーキング訓練も可能です。

VOA Learning Englishの特徴

・英語動画視聴
・スピーキング訓練

Learn American English with VOA Learning English

リスニングスキル強化なら『NPR(National Public Radio)』

NPRは、アメリカの公共ラジオ局であるNational Public Radioが運営するニュースラジオサイトです。時事ニュース・アート・音楽エンタメなど、膨大な英語の音声がストックされていて、英語力とあわせて幅広い知識が身に付きます。

興味があるコンテンツを見つけることで、楽しく英語を学ぶことができるでしょう。それぞれの音声には英文のスクリプトが掲載されており、リスニングスキルの向上に役立ちます。

NPRの特徴

・英語音声配信
・英文スクリプト

NPR – Breaking News, Analysis, Music, Arts & Podcasts : NPR

世界基準のビジネス英語を学びたいなら

Wall Street Journalはアメリカの経済新聞です。数あるメディアのなかでも影響力の大きい新聞で、アメリカだけでなく世界中で読まれています。

ビジネス英語を重点的に学習したい人は、Wall Street Journalのサイトを活用することで、世界情勢にマッチした英語を学ぶことができるでしょう。サイト上で英語と日本語の切り替えも可能で、使いやすい仕様となっています。

Wall Street Journalの特徴

・新聞記事閲覧
・英語動画視聴

The Wall Street Journal & Breaking News, Business, Financial and Economic News, World News and Video

英語の本質を学びたいなら『東京外国語大学 言語モジュール』

語学のスペシャリストを育成する東京外国語大学が運営する言語モジュールサイトでは、英語を含む27言語が学べます。会話モジュール、文法モジュール、語彙モジュールに分かれていて、それぞれ詳細な解説付きです。

語彙力や文法をただ単に暗記するのではなく、「なぜそうなるのか」を徹底的に追求した、学術的なサイトに仕上がっています。英語の理論を突き詰めて本質から学びたい人向けの学習ツールといえるでしょう。

東京外国語大学 言語モジュールの特徴

・会話
・語彙と発音
・文法

東外大言語モジュール

すぐに使えるビジネス英語を学びたいなら『English Upgrader+』

English Upgrader+は、TOEICが公式に運営している学習サポートサイトです。シチュエーションごとに検索することが可能で、すぐに使える実践的な英語を学ぶことができます。ビジネスレターの作成や営業のアポ取りなど、ビジネスの場での頻出表現を身に付けることができるでしょう。

また、メールテンプレートや文書テンプレートのダウンロードもできる点も、ビジネスマンから高く評価されています。

English Upgrader+の特徴

・ポッドキャスト(音声学習)
・テンプレートダウンロード

English Upgrader+|【公式】TOEIC Program|IIBC

英語学習におすすめのアプリ10選

続いては、英語学習におすすめのアプリとそれぞれの特徴を紹介します。今回紹介するのは、以下の10アプリです。

・総合学習|Duolingo
・総合学習|iKnow!
・総合学習|スタディサプリENGLISH
・英単語|英単語アプリ mikan
・英単語|英語物語
・英語学習のQ&A|HiNative
・言語交換|HelloTalk
・リスニング:NHKゴガク 語学講座
・英会話|Real英会話
・ニュース|ざっくり英語ニュース!

総合学習|Duolingo

Duolingoは世界中で利用されている英語学習アプリです。1億2000万人以上のユーザーにダウンロードされている実績もあり、総合的な英語学習ができる点が高く評価されています。

ゲーム性が高く楽しく学べるため、無理なく学習を続けることができるでしょう。また、AIと言語科学を組み合わせたロジカルなレッスンで、自分に合ったレベルと学習ペースで学ぶことも可能です。

おすすめの人楽しく効率的に英語を学びたい人
金額無料(広告なしの有料版あり)

Google Play
App Store

総合学習|iKnow!

脳科学にもとづく学習プログラムで、効率的な記憶定着を目指す総合学習アプリiKnow。間違えた問題だけを重点的に学びなおすことができるので、忙しい人にもぴったりです。

短い時間の学習も可能で、通勤や夜寝る前のちょっとしたスキマ時間を活用できます。TOEIC対策・ビジネス英語・趣味・留学などコンテンツも豊富にあるので、自分にあったコースを見つけやすいでしょう。

おすすめの人忘れない英語を身に付けたい人
金額794円/月(12ヶ月プラン)

総合学習|スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHはインプットから実践トレーニングまで、1つのアプリで完結する総合学習型のツールです。TOEIC L&R TEST対策、新日常英会話、ビジネス英語の3コースが設定されており、目的に応じて選べます。

聞き取った英語をタイピングするディクテーション機能もあり、リスニング力や語彙力を高めることができます。オンライン英会話がセットになったプランも注目されています。

おすすめの人英語力を総合的に身に付けたい人
金額4,980円/月(オンライン英会話セット)

Google Play
App Store

英単語|英単語アプリ mikan

500万ダウンロードの実績がある英単語アプリmikanは、10万語という圧倒的な単語数を収録しています。4択単語テストはネイティブの発音付きで、楽しく続けることができるでしょう。

使いやすさを徹底的に追求しているので、子どもから大人まで直感的にストレスなく操作が可能です。モチベーションを維持しやすい工夫も随所にあるので、英語に苦手意識を感じている人にこそ試してほしいアプリといえます。

おすすめの人飽きずに使い続けられるアプリを探している人
金額無料(有料コースあり)

Google Play
App Store

英単語|英語物語

英単語を強化したい人には、英語物語もおすすめです。”遊びながら英語を勉強できるアプリ”がコンセプトになっている通り、ゲーム感覚で学習ができます。

ストーリーも本格的なRPGゲームに仕上がっており、夢中でプレイしているあいだに自然と英語に触れることができます。英語学習についても、英単語・英文法・英会話・リスニング・発音など、幅広い内容となっています。第17回 「日本 e-Learning 大賞」 特別部門賞も受賞した、人気と実績のあるアプリです。

おすすめの人ゲーム感覚で学習したい人
金額無料(アプリ内課金あり)

Google Play
App Store

英語学習のQ&A|HiNative

外国語日記のHiNativeは、英語学習のQ&Aとしておすすめのアプリです。ネイティブに気軽に質問でき、すぐに回答も貰えるので「生きた表現」を学びたい人にぴったり。他の人がした質問も閲覧可能です。

また、ビジネスの場で英語を使う人には、ネイティブに添削してもらえるサービスも人気となっています。全世界に540万人を超えるユーザーを抱え、Google Play ベストオブ2019 を受賞した人気アプリです。

おすすめの人ネイティブから英語を学びたい人
金額無料(有料コースあり)

Google Play
App Store

言語交換|HelloTalk

Hello Talkは、世界中のネイティブと無料でチャットできるアプリです。海外留学を希望する人や、ネイティブとのコミュニケーションを重視したい人に向いています。

交流を目的としたチャットではなく、外国語の習得に特化した学習に適したサービスが魅力。言語交換のパートナーを探して1対1で学習したり、コミュニティの一員となりグループでチャットしたり、多様な交流ができます。交流方法もテキスト・音声・通話・ビデオ通話など、さまざまな手段を選択可能です。

おすすめの人気軽にネイティブと言語交換したい人
金額無料(有料コースあり)

Google Play
App Store

リスニング:NHKゴガク 語学講座

NHKゴガク 語学講座は、NHK語学番組のポータルサイトが公式に提供するアプリです。ラジオやテレビと連動した内容もあり、番組の視聴とあわせて利用することで、より高い効果が見込めます。

数ある機能のなかでも、とくにおすすめなサービスは、ラジオ番組ストリーミングです。NHKラジオの語学講座をまるごと聞くことができるので、リスニング訓練に最適。キーフレーズの解説やクイズなど、番組に関連した学習機能もついており、理解を深めることができるでしょう。

おすすめの人リスニングを重点的に学びたい人
金額無料

Google Play
App Store

英会話|Real英会話

英会話に特化したReal英会話は、シンプルな使い勝手が人気のアプリです。音楽のように聞き流せる自動再生、アップルの音声認識機能を使った音声認識、4種類のクイズゲームで飽きずに学習が続けられるでしょう。

また、課金制や月額制のアプリが多いなか、1回の買い切りで支払いが完了するのも、うれしいポイントです。ネイティブが使う頻出フレーズが3200も収録されているので、丸暗記するだけでリアルな英会話が身に付きます。

おすすめの人英会話フレーズを学びたい人
金額980円

App Store

ニュース|ざっくり英語ニュース!StudyNow

国内と海外のニュースや時事問題が手軽に学べる、ざっくり英語ニュース。スキマ時間に勉強できるよう、短い英語でまとめられています。ニュースはネイティブスピーカーが読み上げているので、リスニングの学習にも使えます。

すべてのニュースには、英語の解説とニュースの解説が収録されているので、知見を広げたい人にもぴったりです。英語の解説では、単語の使い方などをネイティブスピーカーの見解を交えながら掘り下げているので、興味深く学習することができるでしょう。

おすすめの人解説つきで英語を学びたい人
金額無料(4,300円/年)

Google Play
App Store

英語学習におすすめの書籍10選

本章では英語学習におすすめの書籍とそれぞれの特徴を紹介します。今回紹介するのは、以下の10書籍です。

・単語と熟語の総合学習なら『DUO 3.0』
・最速で英単語を覚えるなら『システム英単語』
・基礎から学ぶなら『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』
・中学英語から復習するなら『中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。』
・文法知識を積み上げるなら『改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』
・話すための英文法を学ぶなら『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』
・短期間で英語の発音を身に付けるなら『ニューヨーク発 最強英語発音メソッド 日本人のカタカナ英語を克服する 英語発音“2週間”マスタープログラム』
・リスニング本の決定版なら『英語耳 発音ができるとリスニングができる』
・使える英文ライティング法を知るなら『ここで差がつく! 英文ライティングの技術—英語は「I」ではじめるな』
・話すための英語脳をつくるなら『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

単語と熟語の総合学習なら『DUO 3.0』

英語学習の定番書籍Duo 3.0は、「いろは歌」をヒントにつくられたユニークな単語+熟語集です。重要単語1600語と重要熟語1000語が560本の英文にギュッと凝縮されているので、効率良く単語と熟語を学習することができるでしょう。

また、反意語や派生語など関連した単語をまとめて覚えるのにも適しています。1時間で560例文を復習できるCDも付属されており、リスニング力やスピーキング力を鍛えることも可能です。

おすすめレベル中級~上級
著者鈴木 陽一
出版社アイシーピー 
価格(税込)1,320円

最速で英単語を覚えたいなら『システム英単語』

システム英単語では、最速で英単語が覚えられる独自の方式を採用しています。ミニマル・フレーズと名付け方式は、英単語学習に革命を起こす学習法として話題になりました。基本的に英単語を覚えるときは、単語と意味を単独で覚えますが、ミニマル・フレーズでは別の単語との組み合わせによって記憶します。

severe winter weather(厳しい冬の天候)

strict rules(厳しい規則)

上記の例文のように同じ意味でも別の単語と一緒に覚えることで、ちょっとしたニュアンスの違いまでしっかりと学ぶことができます。

おすすめレベル中級~上級
著者霜 康司、刀祢 雅彦
出版社駿台文庫 
価格(税込)1,100円

基礎から学びたいなら『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』

有名進学塾で初級クラスから難関クラスまでを担当した講師による、大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】は、英語学習の基礎を固める鉄板書籍です。

基礎がしっかりしていないと、効率良く英語を身に付けることはできません。本書では、大学受験はもちろん、読む・聞く・話す・書くの4技能を網羅しています。中学レベルの英文法を講義形式で学ぶことができるので、英語学習のいちばんはじめに読むべき1冊となっています。

おすすめレベル初級~中級
著者大岩 秀樹
出版社ナガセ  
価格(税込)1,100円

中学英語から復習したいなら『中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。』

中学英語には、英語学習において重要な核となる項目が凝縮されています。とくに文法は中学英語さえ理解できれば、ネイティブとの日常的なコミュニケーションも可能です。もし、文法に不安を感じているのであれば、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。で復習するのがおすすめです。

イラスト付きでわかりやすく説明されており、英語を本質的に理解できるでしょう。コンパクトなサイズで持ち運びにも便利です。本書に対応した無料の解説動画もあり、授業感覚で無理なく学習できます。

おすすめレベル初級~中級
著者山田 暢彦
出版社学研プラス (2011/4/12) 
価格(税込)2,530円

文法知識を積み上げたいなら『改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』

助動詞・現在進行形・受動態・関係代名詞・原形不定詞など、英語には数多くの文法が存在します。改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本では、全19パートから成り立つ項目で、文法について徹底的に学びなおすことができます。Part1ではis・am・areのbe動詞からスタートします。

過去形:You taught English.

過去形の疑問文:Did you teach English?

上記の例文のように学ぶ順序が考えられているので、項目を進めていくことで確実に知識を積み上げられるでしょう。また、各項目に「ここが大切! 」を掲載されており、大事なポイントを押さえながら学習ができます。

おすすめレベル初級~中級
著者濱崎 潤之輔
出版社‎かんき出版
価格(税込)1,320円

話すための英文法を学びたいなら『一億人の英文法 ―すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』

どれだけ語彙力を増やしても英語が話せるようにならない。そんな人こそ、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法で学習してみましょう。本書は話すことが苦手な日本人が、最速でスピーキングスキルを身に付ける方法が集約されています。

難しく考えがちな文法もイラストとコラムで解説されているので、スラスラと読むことができるでしょう。英文法の仕組みを理解することで、飛躍的に話す力が伸ばせる1冊に仕上がっています。

おすすめレベル中級~上級
著者大西 泰斗
出版社ナガセ  
価格(税込)1,980円

短期間で英語の発音を身に付けたいならなら『ニューヨーク発 最強英語発音メソッド 日本人のカタカナ英語を克服する 英語発音“2週間”マスタープログラム』

ニューヨーク発 最強英語発音メソッド 日本人のカタカナ英語を克服する 英語発音“2週間”マスタープログラムは、単語は知っていて文法も理解しているのに伝わる英語が話せない、という上級者向けの1冊です。

英語を話すときの口の中の動きを、「ぷるぷるのババロアみたいな舌」といった独特の表現で詳細に説明しています。著者はニューヨークで「発音矯正の駆け込み寺」として数多くの日本人の悩みを解決しています。まったく新しい発音メソッドでスピーキングの矯正をしたい人におすすめです。

おすすめレベル上級
著者モリヤマ ハルカ
出版社クロスメディア・ランゲージ 
価格(税込)2,288円

リスニング本の決定版なら『英語耳 発音ができるとリスニングができる』

英語耳 発音ができるとリスニングができるは、初版の発行から20年近くヒットし続けている発音リスニング本の決定版です。動画やスマホ学習が広がる前から発音とリスニングについて詳しく解説していて、20年分のノウハウが蓄積された名著となっています。

ユーザー評価の高い音源は維持しつつ、内容古くなった情報は時代に合わせて改訂されているので、洗練された英語学習ができるでしょう。繰り返し学習することでリスニング力だけでなく発音も鍛えることが可能です。

おすすめレベル中級~上級
著者松澤 喜好
出版社KADOKAWA
価格(税込)1,760円

使える英文ライティング法を知りたいなら『ここで差がつく! 英文ライティングの技術—英語は「I」ではじめるな』

インパクトのあるタイトルで話題となった『ここで差がつく! 英文ライティングの技術—英語は「I」ではじめるな』は、英文ライティングの使える知識が学べます。文法の基礎を学んだ人こそ、主語の「I」から書き出してしまうことが多くなりがち。しかし、会話でもビジネス文書でも「I」が並びすぎるのは不自然です。

I found a nice book.
There was a nice book.

上記の例文のように、「I」を置き換えることでスマートな文章となります。本書には差がつくライティングの技術について、具体的に紹介しています。

おすすめレベル中級~上級
著者鈴木 健士
出版社テイエス企画
価格(税込)1,980円

話すための英語脳をつくりたいなら『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

ネイティブとのコミュニケーションでは瞬発力も大切です。どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、日本語に翻訳するのではなく、英語で考える「英語脳」をつくるためにおすすめの書籍です。

本書では付属のCDにあわせて、中学レベルの簡単な英作文をスピーディーに作成するトレーニングを行います。アウトプットを繰り返して、使える英語を身に付けたい人向けの1冊で、ブックレビューや口コミ評価も高いベストセラーです。

おすすめレベル初級~中級
著者森沢 洋介
出版社ベレ出版 
価格(税込)1,980円

まとめ

効率良く英語を学習するためには、自分にあった方法やツールを見つけることが大切です。しかし、目的やレベルに応じて適切な学習方法は異なります。まずは、自分の英語力を知り、英語を学習したい目的を明確にしましょう。

英語のインプット学習は独学でもできますが、アウトプット学習はオンライン英会話を活用するのもおすすめです。プロの講師と話すことで、短期間で高い学習効果が期待できます。まずは、会員数ナンバーワンのレアジョブ英会話の無料の体験レッスンで、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する