英語の発音を良くする方法!学習方法を1から解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語をかっこよく発音できるようになりたい!でも、勉強方法が全く分からない。どうやって勉強すればいいんだろう?」と考えている人も多いのではないでしょうか。この記事はそんな悩みを抱えている人向けの記事になっています。ネイティブのように発音できるようになるには、才能や絶対音感は必要ありません。必要なものは正しい知識とトレーニングです。この記事では、発音の基礎知識を付ける方法と発音のトレーニング方法をご紹介します!

英語の発音を勉強するべき理由

英語学習において、発音を後回しにしている人は多いかと思います。しかし、発音は英語学習の初めの段階で強化しておくことをおすすめします。発音を学ぶことによるメリットはたくさんありますよ。

インプットの効率がよくなる

発音を勉強すると、聞き取れる音が圧倒的に増えます。私の場合、発音を勉強してから洋画や海外ドラマのセリフが聞き取りやすくなりました。聞き取れる音が増えるとインプット量も増えてきます。今まで雑音にしか聞こえなかった単語やフレーズが、文字として頭に浮き上がるようになるのです。文字化することができれば、意味を文脈から推測できたり、あとで調べたりすることができるので、耳からのインプット量がかなり増えますよ!

発音矯正する必要がなくなる

英語学習をするときに、単語やフレーズの暗記から始める人が多いかと思います。発音は後回しにされがちですよね。しかしその順番は効率がよくありません。先に単語やフレーズを間違った発音で覚えてしまうと、間違った発音が定着してしまいます。そして、発音を勉強したあとに、その間違った発音を矯正する必要が出てきます。一度定着してしまった発音を矯正するのは大変です。なので、初めに発音の基礎を勉強して、正しい発音で単語やフレーズを覚えた方が効率的なのです。

発音が悪いと英語が伝わらない

「発音は重要ではない、伝わればいいのである。」という意見もあります。確かに、英語はコミュニケーションのツールなので、自分の言いたいことが相手に伝わればオーケーです。しかし、あまりにも日本語アクセントが強いと、理解してもらえないこともあります。私自身、発音を学ぶ前は、発音が原因で伝わらないことが多々ありました。しかし、発音を学んでからは、聞き返されることも減り、自信を持って話すことができるようになりました。ネイティブスピーカーのように発音できる必要はないですが、伝わる程度の発音をマスターすることは大切だと思います。

まずは発音の基礎を押さえる

ここからは、実際にどのように発音を勉強していくべきかを解説していきます!まずは、発音の基礎を勉強していきましょう。

発音記号を覚える

まずは発音記号を覚えていきましょう!単語帳の各単語の下に「ˈæpl」のようにアルファベットに似た文字がありますよね。これは英単語の読み方を示した発音記号です。発音記号は、漢字のフリガナのようなものですね。まずは、各発音記号を読めるようにする必要があります。すべての発音記号を覚えるのは大変そうだなと感じるかもしれませんが、1週間もあればすべて覚えることができます。まずは集中して発音記号を覚えましょう!以下の本で発音記号を学習できますよ。

Mastering the American Accent

フォニックスを勉強する

発音記号を覚えたら、フォニックスを勉強しましょう。フォニックスという言葉を始めて聞いた方もいるかと思います。日本の子供がひらがなを学ぶように、英語圏の子供たちは、フォニックスを学びます。フォニックスでは、各アルファベットの発音の仕方を学んでいきます。例えば、「A=ェア」「B=ブ」「C=ク」のように各アルファベットの音を学びます。フォニックスを学ぶことによって、単語やフレーズを正しく発音できるようになります。以下の本でフォニックスを体系的に学習することができますよ。

フォニックス<発音>トレーニングBOOK

音声変化を学ぶ

発音記号とフォニックスを学ぶことにより、単語単位での発音は良くなります。しかし、英語は単語と単語が繋がるときに、音声変化が起こります。この音声変化を学ぶことにより、フレーズ単位での発音を強化することができます。音声変化には、リンキング、脱落、同化、フラッピングなどがあります。

以下の文を例にとってみましょう。

I like it.(アイ ライク イット)

この文だけでも2つの音声変化があります。

I like it.(アイ ライキッ)

1つ目がリンキング。likeとitがリンキングしています(くっついています)。
2つ目が脱落。itのtが脱落しています。

それぞれの音声変化を学ぶことにより、ネイティブスピーカーに近い発音を習得することができるだけでなく、リスニング力も向上していきますよ!以下の本で音声変化を勉強できます。

Mastering the American Accent

英語発音のトレーニング方

発音の基礎を学習し終えたら、実際にトレーニングをしていきましょう。トレーニングを行わないと発音は良くなりません。発音はスポーツとよく似ています。理論を頭で理解しているだけでは、体は動かないですよね。理論を理解したうえで何度も体を動かして、トレーニングをする必要があります。発音も同じで、口や舌、喉を実際に動かしてトレーニングしていきましょう。

シャドーイング

シャドーイングとは、お手本を影のように追って発音するトレーニング方法です。ネイティブの発音、間、イントネーションなどを真似することにより、徐々にネイティブに近い発音ができるようになります。

シャドーイングを行うときは、自分のレベルに合った教材を選ぶようにしましょう!難しすぎる教材を選んでしまうと、挫折して継続できなくなってしまいます。初心者~中級者の方は、「ゼロからスタートシャドーイング」 や「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 」といった教材を使ってみてください。上級者の方には、洋画、海外ドラマ、YouTubeなどを教材として使うことをおすすめします!

洋楽を歌う

洋楽を歌うことで、英語独特のリズムや発音を習得することができます。喋っているときは自分のペースで喋れますが、歌を歌うときはメロディーに沿って歌う必要があります。なので、リンキングや脱落などの音声変化を使わないと、洋楽を歌いきることはできません。アナと雪の女王の主題歌、「Let it go」を例にとりましょう。

Let it go let it go(レット イット ゴー♪ レット イット ゴー♪ )と歌っていたら、メロディーに乗れないですよね。Let it go let it go(レリゴー♪ レリゴー♪ )のように音声変化を駆使して歌う必要があります。

洋楽を一曲完璧に歌えるようにすると、発音がかなり良くなりますよ。また、洋楽を使ったトレーニングは勉強している感があまりないので楽しく発音を向上させることができます。

音声認識で発音チェック

単語やフレーズの発音を練習してみたはいいものの、本当に正しく発音できているのかな?と感じることもありますよね。そんなときは、AIに話しかけてみてください。SiriやGoogleなどの音声認識を使えば、英語の先生がいなくても発音チェックができます。AIがちゃんと聞き取ってくれたら、正しく発音できているということです。

まずは、GirlやEntrepreneurなど発音が難しい単語を試してみてください。そのあとは、How are you?(元気ですか?)やWhat time is it?(何時ですか?)などのフレーズが正しく発音できているかチェックしてみくださいね。音声認識で発音をチェックするときは、スマートフォンの設定を英語にしましょう。

オンライン英会話

発音は独学することもできますが、先生がいた方が学習効率は高いです。口の形、舌の動かし方、喉の使い方など発音の基礎をマンツーマンレッスンで教えてもらうことができます。発音の教材も用意されているので、教材を買う必要もないですよ。基本的に独学で勉強を進めて、正しく発音できているかチェックするためにオンライン英会話を利用するのもありだと思います。

私の場合、正しく発音できているか不安な単語やフレーズは、オンライン英会話の先生にチェックしてもらっています。自分では正しく発音できていると思っているつもりでも、意外と間違えていることもあるので、自分以外の人に発音を聞いてもらうことは大切なことです。

まとめ

発音は英語学習の初期段階でマスターしておくと効率的です。まずは、発音記号、フォニックス、音声変化など、発音の基礎を固めていきます。基礎固めが終わったら、シャドーイングや洋楽でトレーニングしていきましょう。正しく発音できているかチェックしたいときは、音声認識やオンライン英会話を利用してみてくださいね。今回ご紹介した方法で勉強していけば、誰でも発音を改善することができるので、ぜひ試してみてください!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する