「前向きになる」は英語でなんて言う?ポジティブな英語フレーズ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉には不思議な力があり、なにげない一言で前向きな気持ちになったり、気持ちが楽になったりするものです。自分自身に向けて「元気になれ!」と励ますだけでなく、大切な家族や友人を励ますこともできますね。

今回は、そんなポジティブな気持ちにさせてくれる前向きな英語フレーズを一挙にご紹介していきます!

「前向きになる」は英語で?

前向きな英語フレーズをご紹介する前に、英語で「前向きになる」はどのように表現すればいいのかをおさらいしておきましょう。

そもそも「前向き」は英語でなんて言う?

日本語でも使われているため「positive(ポジティブ)」が「前向き」を意味することは広く知られています。厳密に言えば、英語のpositiveには「積極的な」「楽天的な」「建設的な」などの他、「肯定的な」「陽性の」「明確な」など多くの意味があります。

positive以外の「前向き」を表す英語表現

forward-looking

I am forward-looking!
(私は前向きだ!)

in forward-looking debateで「前向きな議論」、a forward‐looking attitudeで「前向きな姿勢」です。

forward-thinking

I’m forward thinking.
(私は前向きに考えるようにしている。)

forward-thinkingは「前向きな考えを持つ」という意味。

proactive

Be more proactive!
(もっと前向きになりなさい!)

proactiveは「積極的な」「率先した」という意味が強い言葉。

constructive

We are having constructive discussions about that.
(私たちはそれについて前向きに話し合っている。)

constructiveは「建設する」「建築物」などの意味を持つconstructを語源とするため、「建設的な」という意味が強い言葉。

「前向きになる」は英語でなんて言う?

では、「前向きになる」は英語でどのように表現するのでしょうか?

「前向きになる」の英語表現

stay positive(前向きな状態でいる)

He always stays positive.
(彼はいつも前向きだ。)

・have a positive attitude.(前向きになる)

Try to have a positive attitude on everything.
(何事も前向きな態度を取るようにしなさい。)

feel positive(前向きな気持ち)

I can feel positive whenever I listen to this song.
(この曲を聴くと、前向きな気持ちになる。)

keep a positive mind(前向きな気持ちを保つ)

I always keep a positive mind.
(私はいつも前向きな気持ちを保っている。)

be positive(前向きでいる)

He is an incredibly positive person.
(彼はすごくポジティブな人だ。)

incrediblyは「信じられないほど」という意味の副詞。

同じpositiveという単語を使っても、動詞やその後に続く名詞により意味が変わります。ぜひ、使い分けてみてください。

think positively(前向きに考える・前向きになる)

This book made me think positively.
(この本は私を前向きにさせた。)

positivelyは「前向きに」「積極的に」という意味の副詞。

look on the bright side(物事の明るい面を見る)

Let’s look on the bright side of it!
(物事の明るい面を見よう!)

前向きな気持ちになれる英語フレーズ

次に、前向きになれる英語フレーズをご紹介します。短めのフレーズをピックアップしたので、自分だけでなく友人を励ますときなどにも使ってみましょう。

自分を励ます短い英語フレーズ

Keep going!
(その調子で頑張れ!)

Keep it up!
(その調子で頑張れ!)

Go for it!
(頑張れ!)

上記3つはどれも「頑張れ」という意味ですが、Keepを使ったフレーズは「今やっていることを維持して」という意味が含まれます。一方、Go for it!は「最初の一歩を踏み出すように促す」という意味で、「目標に向かって進め」というニュアンスです。

Believe in yourself!
(自分を信じて!)

Never give up!
(諦めないで!)

Do your best!
(ベストを尽くせ!)

Keep your head up!
(うつむかないで、顔を上げて!)

元気になれる英語フレーズ

You can do anything you want.
(あなたがしたいことは何でもできるよ。)

つらいことや悲しいことがあったとき、「大丈夫だよ」と自分に言い聞かせたり、誰かを励ましたりするときに最適なフレーズ。

You can make it!
(あなたならできる!)

While there is life there is hope.
(生きているかぎり希望がある。)

Anything is possible!
(何でもできるさ!)

Tomorrow is another day!
(明日は明日の風が吹くよ!)

最後のフレーズは、今日つらいことや悲しいことがあっても、明日は今日とは違う「新たな一日が始まるからくよくよしないで」でという意味。

It’s not the end of the world.
(世界の終わりということではない。)

失敗やつまずきがあっても、「世界が滅びるほど重要なことではないから大丈夫」と励ましたり慰めたりするときに使ってみましょう。

There’s always next time!
(いつだって次があるさ!)

今回が最後の機会ではなく、「次がある」と気づかせてくれるポジティブな言葉ですね。

勇気がもらえる英語フレーズ

You never know until you try.
(やってみないと分からない。)

前向きに生きる力を与えてくれそうな一言です。

Without haste, but without rest.
(急がずに、でも休まずにね。)

「急がなくてもいいんだ」と心を軽くしてくれる一言です。

Everything is going to be alright.
(すべて上手くいくさ。)

If I can do it, you can do it!
(私にできるなら、あなたにもできる!)

There is always light behind the clouds!
(雲の向こうは、いつだって青空さ!)

最後のフレーズは、人の心は空のようにいろいろな表情があり、ときには分厚い雲に覆われているけど、それはずっと続くことはなく、いつかは青空が広がるという希望を抱かせてくれる名言です。

偉人のポジティブな英語フレーズ&ことわざ

最後に、偉人が残したポジティブな気持ちになる英語フレーズや前向きになることわざをご紹介しましょう。

偉人が残したポジティブな英語フレーズ

It always seems impossible until it’s done.
(何事も成功するまでは不可能に思えるものだ。)

アパルトヘイト撤廃に尽力したネルソン・マンデラの名言です。

In the middle of difficulty lies opportunity.
(困難の中にチャンスがある。)

理論物理学者のアルベルト・アインシュタインの名言。多くの業績を残した裏には、それ以上の困難があったことでしょう。

Just trust yourself, then you will know how to live.
(自分自身を信じるだけでいい。きっと生きる道が見えるだろう。)

ドイツを代表する文豪のゲーテが残した一言。ときとして「自分を信じる」ことは難しいかもしれませんが、自分を信じることで前向きに頑張る力が得られるでしょう。

Happiness depends upon ourselves.
(幸せかどうかは自分次第だ)

古代ギリシアの哲学者であるアリストテレスの名言。「考え方次第で幸せになれる」というポジティブな一言ですね。

Falling down is not a failure. Failure comes when you stay where you have fallen.
(つまずくことは失敗ではない。つまずいたままでいる失敗になる。)

古代ギリシアの哲学者であるソクラテスの名言。fall downは「つまずく」「転ぶ」「落ちる」という意味。つまずいた人に立ち上がる勇気や前向きな気持ちを与えてくれる一言です。

前向きになる英語のことわざ

Failure teaches success.
(失敗は成功のもと)

直訳すると「失敗が成功を教えてくれる」となります。シンプルで分かりやすですね。

Rome wasn’t built in a day.
(ローマは一日にして成らず)

繁栄したローマ建国でさえ数百年もの歳月を費やしたことから、「大きなことを成し遂げるには時間がかかる」という意味を持つヨーロッパのことわざ。小さな積み重ねの大切さに気づかせてくれます。

Persistence pays off.
(粘り強さは成果をもたらす)

日本のことわざ「継続は力なり」と同じ意味。persistenceは「粘り強さ」「こだわり」という意味で、pay offは努力や投資などが「成果をもたらす」という意味の句動詞です。

After a storm comes a calm.
(嵐の後には凪がくる)

calmは風がおさまった状態の「凪(なぎ)」のことで、全体の意味は日本語のことわざ「雨降って地固まる」と同じ。

A man’s walking is a succession of falls.
(意志あるところに道は通ず)

日本語のことわざ「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」と同じ意味。強い意志を持っていれば必ず成就するという「やる気の大切さ」を説いた言葉です。

まとめ

前向きになるポジティブな英語フレーズを一挙にご紹介しました。心に刺さったフレーズや前向きな気持ちにされてくれた言葉は見つかりましたか?

落ち込んだときや心が疲れたときに自分自身を元気づけたり、外国人の友人が元気がないときに励ましたりしてみてください。気に入ったフレーズが見つかった人は、書き出して部屋に貼っておいてもいいかもしれませんね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する