英語面接は少しの努力で劇的に変わる!今すぐできる対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資系企業への転職や海外就職を考えている方にとって、一つの大きな壁が英語面接ではないでしょうか。英語に自信のない方は特に「英語での面接なんて無理だ」と決め込んで、一歩が踏み出せない場合もあるかもしれません。確かに英会話力は必要ですが、それ以外にも企業側が重視するポイントがいくつかあります。

今回はそんな英語面接のために気をつけるべきポイントと、今からできる英語面接の対策法をご紹介したいと思います。

英語面接、勘違いしていませんか?

転職や就職、また、就労ビザの取得時などに必要な「英語面接」。「英語で面接」と聞くだけで非常にハードルが高く感じる方は多いと思います。その理由はひとえに「自分の英語力への自信のなさ」からくるものでしょう。

しかし実際には英語力以外のものが評価されている方が多いものなのです。まずはそんな「英語面接への勘違いポイント」をご紹介したいと思います。

見ているのは英語力ではなく、人格やスキル

わざわざ英語で面接するのだから、英語力を測られているのだろう、と思う方は多いでしょう。ですが実際のところ、それはほんの一面に過ぎないことがほとんどです。実際は、その人の第一印象や人格、スキルなどを、会話のやり取りや風貌からチェックしたいと考えているのです。

「自分は英語ができないから」と不安げにして、自信がなさそうにしてしまっては、相手に良い印象を与えられません。「今日は英語力以外の部分をアピールしにきたんだ」というマインドに切り替えるところから始めてみてください。

完璧な英文を朗読する場ではない

英語面接と聞いて、とにかく英語の間違いをしないよう、事前に考えて覚えておいた完璧な英文をスラスラと朗読してしまう、という方は珍しくありません。しかしこれでは面接官との「自然な会話」は成り立ちません。相手からどんな質問が来るのかはわかりませんが、こちらばかりが覚えた文章を一方的に宣言するのではなく、なるべく双方向のコミュニケーションができるように意識して臨みましょう。

流暢な英語は必ずしもプラスではない

英語面接なのだから流暢に話せたほうがいいだろう、と早口で話してしまうことがあるかもしれませんが、必ずしもそれがプラスに働くとは限りません。聞いている方としては、多くの情報を一方的に浴びせられると、右耳から左耳に内容がすり抜けてしまい、印象に残りにくいものです。ゆっくり話した方が、実は聞き手は「次は何と言うんだろう」と傾聴してくれ、言葉の一つ一つにも重みが増すものなのです。英語が苦手な人こそ、「ゆっくり話せばいい」と、落ち着いて面接に臨んでください。

留学経験や帰国子女を求めているわけではない

「自分は留学経験がないから」「海外に住んだことがないから」ということが、面接の場でも自信のなさにつながってしまう場合があります。しかし実際に外資系の会社に勤めてみると、必ずしもそういった留学経験のある方や帰国子女が職場で活躍しているとは限りません。特に日本国内で外資系企業に勤める場合には、日本の考え方や文化を理解しつつ仕事をすることが求められるシーンも多々あり、日本での就労経験やスキルが役に立つことばかりです。あなたに留学経験がなくても自信をもって面接に臨んでくださいね。

英語面接で絶対に押さえておきたい大切なこと

「英語面接では必ずしも英語力ばかりが測られているわけではない」とお伝えしましたが、では反対にどんな点が評価の基準となっているのでしょうか?特に外資系企業で重視される項目をご紹介したいと思います。

評価は見た目と声で9割決まる。

皆さんはこんな話を聞かれたことはありますか?ポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュは、「初めて会った人の第一印象はとても強く残り、その後の評価に大きな影響を与える」ということを証明しました。つまり最初の印象が悪ければ、そこからの関係性の修復は難しいというわけです。

またその後、米国の心理学者アルバード・メラビアンは「第一印象は出会って数秒で決まり、その第一印象の判断に使われる要素は、視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%である」という研究結果を発表しました。これを「メラビアンの法則」といいます。

つまり、英語面接で初めてあなたのことを見た面接官は、その評価基準の多くを、「第一印象」で決めており、その第一印象の9割以上が、「見た目と声」で決定されるということになります。その後の面接でいくら立派なことを話しても、実際は見た目と声で評価のほとんどは決まってしまっているということなのです。

こういうと、「見た目なんて変えられないじゃないか」「可愛い・かっこいい方が結局得なのか」と思われてしまうかもしれませんが、そうではありません。ここで言う見た目とは、

・服装は清潔か
・髪型は整っているか
・姿勢が悪くないか
・貧乏ゆすりやペン回しなど、無駄に身体を動かしていないか
・不安げな表情をしていないか

といったあらゆる面での「視覚的対象」を意味します。
また、「声」に関しても、

・声が小さくないか
・自信がなさそうな声をしていないか
・面接中、不快な音を出していないか

などがチェックされていると考えられます。つまり、英語面接に限らず言えることですが、「清潔で、自信をもって、落ち着いて臨む」ということが如何に面接結果に大きな影響を与えるのかということがわかります。私自身、いくつかの外資系企業に勤めた経験から感じるのは、とにかく清潔な印象で、自信みなぎる人が同僚には多いということです。もしかすると日本企業以上に、外資系企業はそうした第一印象を重視する傾向があるのかもしれません。

自信みなぎる印象を与えるには

清潔感のある風貌を心がけるという点はなんとなくイメージが持ちやすいものですが、「自信みなぎる印象」を与えるにはどうすればいいのだろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで特に英語面接では下記のような点に注意してみてはいかがでしょうか。

握手はしっかりと

日本では初対面の方とはお辞儀で挨拶をすることが多いものですが、欧米では握手を求められることがあります。手を差し出されたら、軽く握るのではなく、しっかりと相手の手を握りましょう。強すぎてもいけませんが、基本的に通常日本人がする握手は弱いと感じられるようですので、普段よりは強めに握ってみるくらいがちょうどよいでしょう。

相手の目をしっかりと見る

最初に挨拶をする際は、相手の目をしっかりと見て話をしましょう。目をそらしたり目を合わせない場合は、挙動不審に感じられたり、自信がないイメージを相手に持たせてしまいます。アイコンタクトは面接中もとても大事ですので特に心がけてくださいね。

胸を張ってはっきりと話す

日本はお辞儀の文化なので、ペコペコと頭を下げてしまいがちですが、欧米ではしっかり胸をはって相手と対話することが大切です。またなるべくハキハキと相手に聞こえる声で話しましょう。

それでも不安な英語面接の対策方法

さて、ここまでは「英語力はあまり関係ない」と話してきましたが、とはいえ、質問されていることに全く答えないわけにはいきませんよね。英語が苦手な人ほど、少しでも対策をしておくと自信を持って臨めるものです。そこで最後に、効率よく英語面接の対策をする方法をご紹介します。

予想できる質問はしっかり答えを用意しておく

英語面接とはいえ、日本語の面接と同様、聞かれることはだいたい決まっているものです。事前になんと答えるのかを一度はWordなどに書き出しておくといいでしょう。書き出したものを覚える必要はありません。覚えてしまうと本番で棒読みになってしまう可能性があるからです。

本番で、「どうしても伝えたいことがあるのに、その英単語がでてこない」という事態がないように、あらかじめ使うであろう英単語を調べて答えをまとめておくことで、本番で「あの単語なんていうんだっけ?」と焦ることがなくなります。ちなみによく聞かれる質問フレーズは下記のようなものがあります。自分なりの答えを完結に、英語で考えておいてくださいね。

・あなた自身について教えてください。
Tell me about yourself.

・なぜこの会社に興味をもったのですか?
Why are you interested in this company?

・あなたの長所は何ですか?
What is your strengths?

・あなたの短所は何ですか?
What is your weakness?

・あなたを雇うべき理由はなんですか?
Why should we hire you?

・当社にどういった貢献をしてくれますか?
What can you contribute to this company?

・一番の実績は何ですか?
What do you consider to be your biggest achievement?

・仕事を家に持ち帰りますか?
Do you take work home with you?

・一人で仕事をするのと、チームでするのはどちらが好きですか?
Do you prefer to work alone or on a team?

・なぜ今の仕事を辞めるのですか?
Why are you leaving your job?

・あなたのキャリアゴールを教えてください。
Please describe your career goals.

・どのくらいの給与を希望していますか?
How much do you expect to get paid?

・なにか質問はありますか?
Do you have any questions?

オンライン英会話で面接の実践練習をする

普段は教材に沿って授業を進めているオンライン英会話も、英語面接の日程が決まったら、ぜひ面接の練習の時間に充ててみてください。上記でご紹介した質問を講師に投げかけてもらい、それに答える練習をするだけでも随分と自信につながるはずです。また、本格的に面接がうまくなりたい場合には、レアジョブの「カンバセーションクエスチョン」という教材を使って、普段から質問に自然と答える練習をしておくのもお勧めですよ。

・カンバセーションクエスチョン

まとめ

英語面接と聞くと途端に不安になってしまいがちですが、少しポイントを意識するだけで格段に相手に与える印象が変わるものです。また、英語面接は聞かれることが予測できるという意味においては、対策しやすいものでもあります。あらかじめ答えを考え、オンライン英会話で練習することで、面接で最も大切な「自信」につなげましょう。

・129円~のレアジョブ英会話

レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。