オンライン英会話でフリートークを最大限に活用する秘訣とフレーズ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オンライン英会話はフリートークなので自分にはハードルが高いのでは」という心配をよく耳にします。実際はたいていのオンライン英会話にも教材があり、その教材に沿って進めて行くことがほとんど。しかし「中学レベルの教材をなぞっていくのには抵抗がある」という方や「自信はないけれどフリートークができるようになりたい」という方も多いと思います。今回はそんな「フリートーク」のメリット・デメリットや、フリートークの取り入れ方などをご紹介します。

フリートークに向いている人と向いていない人の違いとは?

せっかく英会話をするのであれば中学レベルの教材を一からこなすのではなく、自分の意見を言えるフリートークをしてみたい、と思っている方もいらっしゃると思います。実際にフリートークから学べることは多く、様々なテーマを議論できるので英会話の楽しさも実感できるでしょう。とはいえ、学習者の状況によっては、フリートークに向いていない方がいるのも事実。そんなフリートークへの向き・不向きをまずはご紹介したいと思います。

フリートークに向いていない人

中学レベルの英単語や英文法の基礎が必要な人

例えば「eatの過去形がすぐに出てこない」場合や、「疑問文ってどうだっけ?」と首をかしげてしまう場合は、まず英単語や英文法の基礎から学ぶほうが効率的です。でも安心してください。今までのようにただただ書き取りや問題を解く英語学習とは違い、オンライン英会話のレッスンを通して、使いながら基礎が身についていくので、「英語が身についていく」という実感があると思います。フリートークはそんな基礎ができてからの方が、よりフラストレーションを感じずに楽しめるようになりますよ。

英語を話すと緊張してしまう人

外国人を目の前にして英語を話すとなると緊張してしまう。初めての英会話の場合は特によくあることです。こうした緊張が大きい場合は、たいていのオンライン英会話は教材を無料で公開しているので、まずはその教材を元に講師とコミュニケーションをとる経験を積む方がいいでしょう。ある程度回数をこなせば、英語の発話に慣れてくるとともに、外国人と接することにも違和感を感じなくなります。そうすればフリートークも緊張せず楽しめるはずですよ。

フリートークに向いている人

議論できる分野を広げたい人

フリートークはまずは自分の趣味や得意分野をネタにすることが多いですが、それに慣れれば「今まで話したことのない分野」を題材にすることもお勧めします。例えば「当日の新聞で1面の見出しになっていたニュースについて話す」と決めて挑めば、新しい分野の単語力が格段に身につきやすくなります。ある程度レベルが高く、時事を英語で話せるようになりたい方などは断然フリートークをオススメします。

アウトプットの実践練習をしたい人

教材に沿って英語を発話することに慣れれば、実際に自分の考えを文章にして発信する練習が必要になってきます。こうしたアウトプットの実践練習にはフリートークが最適。白紙の状態から自分の考えを言葉にする作業を重ねることで、自然と議論の練習にもなり、会議や交渉のための基礎力も身につきます。

フリートークのデメリットをメリットに変えよう

フリートークにはご紹介したように向き、不向きがあります。しかしフリートークをお勧めしたい「向いている人」でも、やり方によっては「うまくいかない」と感じてしまう現象に遭遇してしまうことも。そんなフリートークのデメリットでも、やり方を少し見直すことでメリットに転換する方法をご紹介したいと思います。

デメリット1:毎回同じような話題になってしまう

オンライン英会話の場合、講師が毎回変わるという場合もあると思います。そんな時、講師にフリートークの舵をとってもらうと、アイスブレイクのために「今日は何をした?」や「趣味は何?」などの質問から始まることがあり、「またこの話か」と感じてしまうこともあるかもしれません。最初のうちはそれも立派な英会話の練習になりますが、慣れてくると「もっと色々な内容で話したい」と感じることもあるでしょう。

打開策:フリートークの舵をあなたが取ろう!

そういったフリートークのデメリットを避けるために、フリートークではあなたが率先して話題を作っていきましょう。例えば授業が始まったら、「今日は早速このニュースについて議論したいんです」と講師に希望を伝えると、講師は喜んで応じてくれるはずです。またオンライン英会話には、あなたのカルテがあるはずですので、「今後フリートークをする時はアイスブレイクなしで最初からニュースについての議論をしたい」と希望を伝えておけば、講師間で引き継いでくれるはず。こうした少しの工夫と勇気で、フリートークのメリットである「あなた仕様にカスタマイズできる」という側面を最大限に活用できるはずですよ。

⇒メリット1:授業の舵を取れば、フリートークはあなた仕様にカスタマイズできる!

デメリット2:毎回議論する題材を考えるのは大変

フリートークを充実させるために「今日は○○について議論したい」とこちらから講師に提案するのは素晴らしいことです。しかしこれが毎日となると「今日は何について話そう」と考えるのが億劫になってしまうかもしれませんね。

打開策:フリートークでも教材を使おう

そんな時は、ぜひ教材を利用しましょう。「教材」というと、音読やQ&Aが中心になっている印象がありますが、下記のようにフリートーク用のディスカッション教材というのも準備されています。

●レアジョブ英会話・スモールトーク教材一覧
●レアジョブ英会話・ディスカッション教材一覧
※上記の教材には、毎週内容が更新されるものもあります

用意された教材なら、題材には事欠きませんし、自分が普段馴染みのない分野に触れることができるので、新しい分野を開拓することができます。英会話はいかに広い分野で多くの英単語を習得するかがレベルアップの一つの鍵。自分の興味のある無しに関わらず多くの分野の単語が増えていくフリートーク教材は優れものです。

⇒メリット2:フリートークで教材を使えば、未知の分野の単語力も強化できる!

デメリット3:文法などの基礎知識を学べない

フリートークは自分の考えを述べる練習が主となり、教材で新しい文法やフレーズを学ぶことが少ないと感じる方もいらっしゃいます。中学英語はなんとかマスターしているとはいえ、まだまだフレーズや文法に自信のない人にとっては「フリートークに進むのは早すぎるのでは?」と考えてしまうかもしれませんね。

打開策:フリートーク内ではできるだけ文章で話し、訂正してもらおう!

フリートークで自由な発言をしつつ、文法力やフレーズ力も強化していくには、まず会話はなるべく文章で話すようにすることです。例えば「What did you eat today?(何を食べたの?)」と聞かれて「Banana.」と単語でだけ答えても会話は通じますが、そこをあえて文章で答えるようにします。すると例えば「I ate a banana.(バナナを食べました)」と答えるべきところを「I eat banana.(バナナを食べる)」と、時制を間違えたり冠詞をつけ忘れたりすることがあるはず。そんな間違いがあれば必ず訂正してもらうように講師に予めお願いしておきましょう。そうすることで文法や自然なフレーズなどをフリートーク内で一緒に学ぶことができて一石二鳥です。

⇒メリット3:フリートークでは、文章で話して訂正してもらえば文法やフレーズも学べる!

フリートークに関して講師へリクエストをする時のフレーズ

フリートークを効果的に進めるためには、授業の進め方を工夫すると同時に、講師の協力も必要です。しかし講師にどうリクエストすればいいのかわからないということもあると思います。そこでそんなときに使える便利なフレーズをご紹介したいと思います。

最初だけフリートークを取り入れたい時

・I would like to have a free talk in the beginning.(最初に少しフリートークがしたいです。)

基本は教材に沿って授業を進めている方でも、フリートークを少しでも楽しみたい場合には、こんなフレーズでリクエストしてみましょう。「in the beginning」で「はじめに」という意味。フリートークは「free conversation」とも言いますよ。

フリートークを長めにしたいとお願いする時

・I would like to make our free talk time longer.(フリートークの時間を長めにとってもらえますか?)

「make it longer」で「長めにする」という意味。短めにしたい場合なら「make it shorter」と言い換えればOK!

フリートークの題材を指定したい時

・Can I talk about the article on page 11 today?(今日は11ページの記事について話してもいいですか?)

「教材の何ページ目の記事をやりたい」とリクエストするときはこのフレーズ。もちろん教材を使っていない場合には、「Can I talk about my dream today?(今日は私の夢について話してもいいですか?)」などと言い換えることもできますよ。

文章で話すので、自分の間違いを指摘してほしい時

・I am going to try to speak in full sentences. (文章で話すようにしたいと思います。)
・Could you please correct any mistakes I make while speaking.(私が話す中で間違いがあれば訂正していただけますか?)

英会話を学習するなら、文章で話すのは文法や語彙も一緒に学べるとても効果的な方法です。「文章」は英語で「full sentences」といいますよ。日本語でもフルセンテンスで通じることもありますよね。オンライン英会話を学ぶ人の中には、流暢さを強化したい為、間違えるたびに訂正されるのを嫌がる人もいます。ですので、講師にはあなたが「間違えるたびに直してほしい人」であることをしっかり伝えておくといいでしょう。

新しい単語やフレーズを教えてほしい時

・Could you please teach me new words and phrases while we talk?(会話の中で、新しい単語やフレーズを教えていただけますか?)

とにかく単語力を強化したい人はかならずこれを伝えるようにしましょう。また、「Could you write them in chat box?(チャットボックスに書いてくれますか?)」というリクエストも合わせてお願いしてもいいでしょう。

まとめ

フリートークはやり方次第で沢山のことを一度に学べる優れた学習方法です。オンライン英会話なら講師にリクエストをしたり、題材を自分で選んだりすることで、自分流にカスタマイズできるので、とても効果的。ぜひ妥協せずに自分のやり方を追求しましょう。また今は英語の基礎から教材に沿って学習している方も、少しずつ授業の始めにフリートークを取り入れるなどして、自由に考えが述べられることの楽しさを感じてみてくださいね。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する