「つまり~」を表すmeanは「意地悪」という意味にも使えるって知ってた?いろんな意味を持つmeanを会話で使いこなそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

meanという単語は動詞で「~を意味する」だと習いますよね。でも、会話で最もよく使われるのは、I mean ~(つまり~)、You mean ~(~ということですね)という言い方。さらには「意地悪な」という形容詞もあります。さまざまな場面で使える単語meanのバリエーションをマスターしましょう。

会話で困ったときはmeanで話をつなごう

meanの「意味する」は、「つまり~」「~を指す」など、さまざまなニュアンスに広がっていき、会話の中で非常に便利に使える語です。特に、I mean ~(つまり~)といって話の内容を言いかえたり、考えをまとめて時間を稼ぐのに使えます。

基本のI mean

I mean, fifteen, not fifty.
(つまり、50じゃなくて15です)

言い間違いを直したいとき、前に言ったことを別の言い方にしたいときなどに使える表現。I mean … Well …(つまり…ええと…)のように、何と言えばいい考えているときに、つなぎの表現としてもよく使われます。

相手に聞き返す

Two days later, you mean, Friday?
(2日後、つまり金曜?)

相手の言ったことを確認したいとき、you meanの後に別の言い方を続けて聞いてみます。You mean …(つまり…)と言いよどんで、相手が言い直してくれるのを待つこともあります。

聞き返す/怒る

What do you mean?
(どういう意味?)

文字通り意味を尋ねていることもあれば、「どういうつもりなんだ?」と怒っている場合にも使えます。「~とはどういう意味?/~とはどういうつもり?」と言うには、What do you mean by ~?と、by ~を使います。

大事である

It means a lot to me.
(それは私にとってすごく大事です)

文字通りには「それは私にとって大きな意味を持つ」ですが、うれしいとき、相手に感謝したいときに「それはすごく大事です」「助かります」といった意味合いで使うことができます。

本気です

I mean it.
(本気です)

文字通りには「私はそれを意味する」ですが、「冗談じゃない、本気なんだ」と言いたいときに使います。同様に、Do you mean it?は「本気なの?」と聞くときに使えます。

会話例:

A: This is my last day in the office.
(今日がオフィスで最後の日です)
B: What do you mean? Are you having a holiday?
(どういう意味?休暇を取るんですか?)
A: No, I mean, I’m quitting my job.
(いえ、つまり、仕事を辞めるんです)
B: Do you mean it!?
(本気ですか!?)

「意地悪」「とりあえず」にもmeanが使える

映画やテレビドラマなどを見ていて、meanが「意味する」「つまり」という以外の意味で使われていることに気づいたことはないでしょうか。意外な使われ方をするmeanをご紹介します。

意地悪な

Michael is so mean to me.
(マイケルは私に対してとても意地悪なんです)

「意地悪な」「態度が悪い」と、かなりの悪口になるので、使うときには注意してください。He’s mean!は「あいつ、嫌なやつ!」という感じになります。

平均の

What is the mean value?
(平均値は何ですか?)

meanには数学上の「平均」という意味があり、mean valueは「平均値」です。会議などでこういう言い方が出てきたら、「意味する」とも「意地悪」とも関係なく、「平均」と言う意味なのだと、思い出すようにしてください。

とりあえず

Let’s have a tea in the meantime.
(とりあえずお茶でも飲みましょう)

meanの「平均」という意味に関連し、「中間」という意味があります。meantimeは文字通りには「何かをする間」ということですが、in the meantimeは、「いったん何かが終わって、次のことをする前に」といったニュアンスで、「とりあえず」「当面は」と言いたいときに使われます。

会話例:

A: What is the mean value?
(平均値は何ですか?)
B: Jane will send it to us in one hour. Can we take a break by then?
(1時間後にジェーンが送ってきます。それまで休憩しますか?)
A: OK. Let’s have a tea in the meantime.
(わかりました。とりあえずお茶でも飲みましょう)

まとめ

「意味する」「つまり」「意地悪」「とりあえず」いずれの意味でも、meanの発音は同じ「ミーン」。どの意味を表すのか、会話の状況と、前後の語句から判断するようにしてください。なお、動詞の活用は「mean – meant(メント)- meant(メント)」で、It meant a lot to me.(それは私にとってすごく大事でした)、I’ve meant it.(本気だったんです)のように使われます。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。