「面倒くさい」って英語でなんて言うの?訳しにくい日常英会話を攻略!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「面倒くさい」を辞書で引くと “troublesome” とありますが、使い方の例としてはtroublesome matter(厄介ごと)などで、「今日は会社行くの面倒だな」と軽い気持ちで言いたいときの「面倒」とはちょっと違う気がしますね。

そこで、普段日本語でよく使う言葉を、英語でうまく表現するための方法をお教えします。「ヤバイ」「めちゃ~」など最近よく使われる口語表現の訳し方も取り上げていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

イヤな気分を表す英語表現

日本語で「ああ、面倒だな」とつい口から出るように、英語でもイヤなこと、不快なことを表現するためのひとことがあります。例えば、以下のようなものです。

▼「面倒」「ウザい」

It’s a bother.
(面倒だな)

It’s annoying.
(ウザイな)

botherは「面倒くさいこと」という名詞ですが、「面倒をかける」という意味の動詞にもなり、It bothers me.(それは面倒だ)のように、「嫌がっている人」を目的語にします。例えば、The exam bothers me.(試験、面倒だな)のように使います。

annoyingは「うるさい」「迷惑な」という形容詞で、annoyは「うるさがらせる」という動詞になり、He really annoys me.(彼って本当にウザイの)のように言うことができます。

▼「ムカつく」「キモイ」

It’s disgusting!
(ムカつく!)

It’s gross!
(キモイ!)

disgustingは「胸がムカムカするような」ということ。見た目が「気持ち悪い」という時以外に、He cheated on me. It’s disgusting!(彼ってば浮気したの!ムカつく!)というように使えます。

grossは口語で「気分が悪くなるような」。「生理的に受け付けない」というときに使え、The shirt is soaked with sweat. It’s gross!(シャツが汗まみれ。キモイ!)などと言います。

うれしい気持ちや驚きを表す表現

Wow! や Great! といった表現は聞いたことがあるかと思いますが、日本語で「ヤバイ!」「まじ?」と言うように、英語圏ではよくこんな言い方も使われています。

▼「ヤバイ」「めちゃ~」

Awesome!
(ヤバイ!)

Way cool!
(めちゃいい!)

awesomeは「オーサム」と読み、日本語の「ヤバイ」が元々よくない状況を表す言葉だったように、本来「恐ろしい」といったような意味だったのですが、現在は口語でもっぱら「素晴らしい」「すごい」という意味で使われます。

wayはここでは「めちゃ~」「超~」という副詞。way huge(めちゃデカイ)のようにも使われます。super cool、super hugeのように super を使ってもOK。

▼「まじ?」「ムリ」

Seriously?
(まじ?)

Impossible!
(ムリ!)

seriously は普通に「まじめに、真剣に」という副詞としても使われますが、ひとことでSeriously? というと、「まじ?」「本気でそんなこと言ってんの?」というニュアンスになります。

impossible は「不可能な」ですが、日本語の「ムリ」同様、「できない、やりたくない」という状況でも使えます。Dating with Tom? Impossible!(トムとデート?ムリ!=絶対やだ、ありえない)と言うことができます。

まとめ

言いたいことを和英辞典で引いても、すぐにいい表現が見つかるとは限りません。訳語の例文を見ながら、ピッタリくる表現を探すようにしてください。

例えば、冒頭でご紹介した “troublesome” は、Going to the office is troublesome.(会社に行くのは面倒だ)と言うと、電車が止まっているなど、実際にある「厄介ごと」が連想されます。なんとなくいやなだけなら、Going to the office? It’s a bother.(会社行くの?面倒だな)のほうがピッタリきますね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら