2020年度「大学入学共通テスト」実施決定!センター試験との違いと、日本の英語学習にもたらす変化とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
合格絵馬

2020年度に現行の「大学入試センター試験」に代わり「大学入学共通テスト」が実施されるという話は多くの方もご存知かと思います。しかし、実際に、いつから、どのような変化がもたらされるかについて、不安な方も多いのではないでしょうか。今回は2020年度から実施される「大学入学共通テスト」が、英語学習にもたらす変化について考えてみました。

従来のセンター試験との違いは?

2020年に「大学入試センター試験(以下、センター試験)」が「大学入学共通テスト(以下、共通テスト)」へ移行する上で、見逃すことのできない二つの大きなポイントがあります。

はじめに、現行のマークシート形式の試験に記述試験が導入されることです。2020年度には国語と数学での実施が計画されており、その後は順に他教科でも実施される予定です。

つぎに、英語の外部試験の導入です。現行のセンター試験では英語4技能(読む・聞く・書く・話す)の中の「読む(200点)」「聞く(50点)」のみが評価されてきました。しかし、近年の急速に高まるグローバル化を背景に、「書く」「話す」という能力の必要性がますます高まってきました。大学入試においても、これら「書く」「話す」を含めた4技能を全て評価する必要性が議論されてきました。

しかし、「読む」能力を中心に測定するペーパーテストにプラスして、「話す」能力を面接テストで実施することは時間的に不可能であるため、「英語外部試験」が導入されることになったのです。

「英語外部試験」とは

2020年度から実施される「英語外部試験」ですが、20年度に完全移行されるわけではありません。23年度までは現行のマーク式試験と併存されます。これは、実際の受験生を指導する高校関係者などから、準備期間の短さなどを心配する声が上がったためで、4年間の移行期間が設けられました。

「英語外部試験」にも様々なものがありますが、どの試験が文科省により認定されるかはまだ公表されていません。高校の教育課程の基準とされる学習指導要領などとの整合性や、試験の実施状況などを加味して数種類の試験が認定されることになっています。

「英語外部試験」がもたらすもの

「英語外部試験」の導入については賛否両論あることは事実です。

反対意見としては、試験内容自体を問うものから、受験生への受験料の負担、試験が実施される会場の偏り(首都圏で多く実施される傾向)などがあげられています。

これは個人的な考え方ですが、いくつかマイナス面もあるとしても、「英語外部試験」は日本の英語教育に大きくプラスになると私は考えています。

「英語が使えない日本人」というイメージを、私たち日本人は少なからず持っています。そして、このイメージはアジア圏の他国に行くとさらに強く痛感させられます。特に、中国や韓国の高校生、大学生の英語運用能力には非常に驚かされます。現在社会人の方々も「英語は読めるけど、英語を話すとなると・・・」という方も多いのではないでしょうか。

これらの理由は、もちろん多岐にわたるのでしょうが、最大の要因は大学入試システムによるものだと思います。多くの日本人は大学受験期前に人生で一番勉強すると言っても過言ではないと思います。その時期に(センター試験で出題される)「読む」「聞く」を中心にした英語学習ではなく、(英語外部試験で出題される)「読む」「聞く」「書く」「話す」といった4技能をバランスよく学習すべきことが大切なはずです。

このような4技能を必要とされる入試システムにより、日本人の英語力の向上は非常に期待されると言えるでしょう。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら