「スラッシュリーディング」で読解&リスニングのスピードアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Girl hands keeping an open book on a wooden table

英語と日本語では語順がまったく違うため、日ごろから英語の語順に慣れておく必要があります。「スラッシュリーディング(区切り読み)」とは、英文を頭から理解できるよう、意味のカタマリごとにスラッシュ( / )で区切って読んでいく方法です。「誰が」「何をした」→「どこで?」「いつ?」「何のために?」というように、後に続く内容をカタマリごとに予想しながら読むクセをつけましょう。

英文を頭から理解できるようになると、リスニング力も同時にアップします。

「キレイな和訳」は厳禁!

学校の授業が和訳中心であったり、テストで和訳を求められることが多かったりで、英文を読むときに頭の中で「キレイな日本語に訳す」クセがついている方が多いです。そうすると読むスピードがかなり落ちる上に、リスニングではまったく対応できなくなります。まずは「翻訳をやめて」「大ざっぱに意味をつかむ」ことに慣れましょう。

たとえば次のようなセリフがあります。

I never knew what love was until I met you.

キレイな日本語に訳そうと思ったら、後ろから訳して「君に会うまで愛とは何か私は知らなかった」→「君に会って初めて愛を知った」のようにしますね。英語と日本語では語順が違うため、いったん読んだあと後ろから前に戻って訳す必要があり、とても時間がかかります。

「スラッシュリーディング」では次のように理解します。

I never knew / what love was / until I met you.
(知らなかった / 愛とは何か / 君に会うまで)

日本語としては不自然ですが、内容はつかめますよね。この「いい意味で適当に理解する」感覚に慣れましょう!

スラッシュリーディングの区切り方の例

区切る箇所は下記が一般的です。

・前置詞の前
・動名詞の前
・不定詞の前
・過去分詞の前
・接続詞や疑問詞節の前
・関係詞の前
・カンマ(,)、セミコロン(;)、コロン(:)、ダッシュ(―)の後
・長い主語の後(述語動詞の前)
・長い目的語や補語の前

スラッシュリーディングは「英文を頭からカタマリごとに理解する」のが目的ですので、必ずしもこの通りでなくても構いません。初めは細かく区切った方が読みやすいかもしれませんが、慣れてくるとより大きなカタマリで捉えられるようになります。
次の小話を、2通りの区切り方で読んでみましょう。

Soon after our last child left home for college, my husband was resting next to me on the couch with his head in my lap. I carefully removed his glasses.
“You know, honey,” I said sweetly, “Without your glasses you look like the same handsome young man I married.”
“Honey,” he replied with a grin, “Without my glasses, you still look pretty good too!”

<細かく区切った例>

Soon after / our last child left home / for college,/
(すぐ後 / 一番下の子が家を去った / 大学のために、/)
my husband was resting / next to me / on the couch / with his head in my lap.
(夫は休んでいた / 私の隣で / ソファーで / 頭を私の膝に置いて)
I carefully removed / his glasses.
(私はそっと外した / 彼の眼鏡を)
“You know, honey,”/ I said sweetly,/
(「ねえあなた」、/ 私は甘い声で言った、/)
“Without your glasses / you look like / the same handsome young man / I married.”
「眼鏡なしだと / あなたは見えるわ / 同じハンサムな青年に / 私が結婚した」)
“Honey,”/ he replied / with a grin,/
(「ハニー」、/ 彼は答えた / ニヤッと笑って、/)
“Without my glasses,/ you still look / pretty good too!”
「眼鏡なしで見ると、/ 君もまだ見える / かなりイケてるようにね!」)

<大きく区切った例>

Soon after our last child left home for college,/
(一番下の子が家を出て大学へ行ってすぐ、/)
my husband was resting next to me / on the couch / with his head in my lap.
(夫は私の隣で休んでいた / ソファーで / 頭を私の膝に置いて)
I carefully removed his glasses.
(私はそっと彼の眼鏡を外した)
“You know, honey,” I said sweetly,/
(「ねえあなた」、私は甘い声で言った、/)
“Without your glasses / you look like the same handsome young man I married.”
「眼鏡がないと / あなたは私が結婚したハンサムな青年そのものよ」)
“Honey,” he replied with a grin,/
(「ハニー」彼はニヤッと笑って答えた/)
“Without my glasses,/ you still look pretty good too!”
(「眼鏡なしで見ると、/ 君もまだかなりイケてるよ!」)

どちらの方が読みやすく感じられたでしょうか?

ぜひご自身の読みやすい間隔で区切ってみてください。大量に英文を読み、読解力がついてくると、一度にパッと目に入り、意味をつかむことができるカタマリが大きくなります。そうなると、あまり細かく区切るとかえって読みにくくなりますし、いちいちスラッシュを書き込まなくても、カタマリを捉えてグングン読めるようになっていきます。

「読解に時間がかかってしまう」「長い文章のリスニングが苦手」という方は、ぜひ普段からスラッシュリーディングを実践してみてくださいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら