無料から学べる!TOEIC対策に使える4つのサイトと4つのアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0501_henshubu_eyecatch

TOEICの試験対策として、参考書や問題集を購入される方も多いのではないのでしょうか?しかし、2016年5月から一部の問題形式が変更となったことにより、従来の参考書ではカバーできないような知識やノウハウが必要とされています。

このタイミングでスコアアップを目指したいのであれば、新形式対応型の書籍を購入するのと同時に、今までとは少し違う勉強法を試してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、これまで弱点だったトピックを重点的にカバーできるようなWebサイトやスマホアプリをご紹介いたします。

超実践型のTOEICサイト4選

0501_henshubu01
オンラインサイトの魅力は、なんといっても無料で模試試験がアップされていることです。参考書付録のリスニングCDを聞ける環境が整っていない、もしくは一通り問題集をやり尽くしてしまったため他の問題を手っ取り早く解きたい、という方に実践的なトレーニングとして役立つサイトを4つご紹介いたします!

1.TOEIC公式サイトサンプル問題

TOEICの公式サイトに公開されているサンプル問題を利用すれば、パート1からパート7までTOEICのすべての問題を一通り解くことができます。問題数は少ないですが、サンプル問題が掲載されているので、「新形式の傾向が知りたい」という人におすすめです。模試を解く前のウォーミングアップとして使ってもいいでしょう。

リンク: TOEIC公式HP

2.アルクTOEIC問題毎日トレーニング

英語教材を数多く発行しているアルクのサイトです。こちらでは、毎日、日替わりで3問ずつ問題が出題されます。全体的に問題のレベルが高めで、解説が丁寧なのが特徴です。

また、サイトに登録(無料)すれば、過去の問題も一部閲覧できるようになります。毎日ちょっとした空き時間にコツコツ英語の勉強をして、スコアアップを目指してみてはどうでしょうか。

リンク: アルクTOEIC問題毎日トレーニング

3.Exam English(The TOEIC® Listening and Reading test)

TOEICの模試1回分(200分)が掲載されています。繰り返し解くのも良いですし、本番形式になっているので、模試試験として解いてみるのも良いでしょう。問題数が豊富なので、サクサク問題をこなしたい人におすすめです。

尚、リスニングは出題形式が一部変更される関係上、本番対策には向いていないため、日頃の英語学習の補助として利用するといいでしょう。またTOEICだけでなく、TOEFLやIELTSといった英語資格試験の模試試験も無料で用意されています。

リンク:Exam English

4.英語学習お助けサイト

こちらは短文穴埋めが出題される、パート5に特化した問題を練習できるサイトです。市販のTOEIC対策参考書・問題集を参考にした問題が、本番と同じ形式で10問、ランダムに出題されます。

パート5をできるだけスピーディーにかつ、正確に回答していくことがTOEICで高得点を取るポイントでもあります。新形式では問題数が40から30に減りますが、出題形式はそのままです。従って、これまで通りの勉強法で大丈夫ですので、こちらのサイトを繰り返し解いて、パート5の対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。その他にも、日替わりのミニテストなどが用意されています。

リンク:英語学習お助けサイト

隙間時間を有効に!TOEICアプリ4選!

0501_henshubu02
続いて、スマートフォンを利用してTOEIC対策ができるアプリを4つご紹介します。書籍に比べてかさばらないので、通勤、通学の隙間時間を有効に使うことができます。手軽に本格的なTOEICの学習ができるアプリがたくさん出ているので、忙しい方にもおすすめです。

1. TOEIC presents English Upgrader

TOEICを運営するETSの無料公式アプリで、基本的にはリスニング中心の教材となっています。英語スプリクトと日本語訳が見やすく、ボリュームも十分にあるので、リスニングを強化したい方におすすめです。

リスニングコンテンツがエピソード毎に構成されていて、1エピソードにつき、2分ほどの音声がついており、リスニングモードとクイズモードが選べます。リスニングモードは、TOEICパート3のような会話形式とパート4のようなアナウンス形式。クイズモードでは、リスニング内容の理解度チェッククイズとフレーズの意味に関するクイズが出題されます。

iOSでアプリをダウンロード:
Androidでアプリをダウンロード

2. TOEIC®テスト600点 1秒で思い出す瞬間英単語

瞬間英単語は、TOEIC学習者の間でも話題になっているアプリ。こちらも無料で、主に「600点を目指す方」向けの頻出英単語を学習できます。最初は、例文つきで単語をチェックしていき、どんどんスライドして確認していきます。10語分確認できたら、テストに挑戦してみましょう。通勤電車の中など、隙間時間にも勉強することができるので継続しやすいのではないでしょうか。

収録されている英単語を全て、1問1秒以内で答えられる瞬発力が身につくまで、何度もテストに挑戦して確認をすることができます。TOEICはスピードが求められる試験でもありますので、意味を思い出すスピードが上がれば、スコアアップにつながること間違いなし。ちなみに、860点までをターゲットにした有料版も出ていますので、更に高得点を目指したい方は、ぜひダウンロードしてみてください。

iOSでアプリをダウンロード

3. アプトレ

こちらは、TOEIC対策に特化したアプリとなっていて、TOEIC受験者はレベルに関係なくしっかりと対策することができます。120円の有料アプリですが、詳細な解説、リスニングトレーニング、単語帳などがついているので、コストパフォーマンスは高いと評判です。

アプトレの特徴は、各パートの徹底演習と1日1回毎日実力判定の2つで対策できるとところ。パートごとに演習問題を選択することができるので、自分の苦手パートを克服したいという方にもってこいです。

iOSでアプリをダウンロード

4. TOEIC®テスト文法640問

TOEICのパート5対策をするなら、このアプリがおすすめです。120円の有料ですが、これ1つで十分なトレーニングを積むことができます。470点、600点、730点、860点の4つの難易度に分けて文法問題が用意されています。自分のスコアに合った問題を選択することができ、また問題1つ1つに制限時間が設けられているので、TOEIC本番を意識した練習ができることでしょう。

iOSでアプリをダウンロード
Androidでアプリをダウンロード

隙間学習を習慣に!

いかがでしょうか。TOEIC対策も今では、サイトやアプリでかなり便利に勉強ができるようになっています。参考書を買い足さなくても、自宅や通勤・通学の空き時間で学習ができますね。TOEICのスコアアップに欠かせないのは、やはり継続して英語に触れ続け、独特な試験形式に慣れることです。ぜひ今回ご紹介したサイトやスマホアプリを活用して、TOIECのスコアアップを目指してくださいね!

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら