英語の文法が理解できるようになる効果的な勉強法とおすすめの参考書4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習をする上で避けては通れない英文法。
しかし、英文法にネガティブなイメージを持っている人は少なくありません。また、暗記重視の英語教育を受けてきた私たちにとって、「英文法は使うものではなく暗記するものだ」という誤った思い込みが心のどこかにあるのも、英文法学習が避けられがちな理由の一つなのかもしれません。

しかし、日本語にも日本語のルール(文法)があるように、英語を学ぶ上でそのルールや仕組みを理解することはマスト。「英文法なんて嫌いだ!」という方向けに、英文法の学習法を解説するとともに、分厚い文法解説書ではなく、英文法の本質を理解するための比較的ライトな参考書を紹介します。

1. 英語の文法を「暗記」ではなく「理解」する勉強法

20160730_studybook_01
まずは英文法を暗記するのではなく理解し、実際に使えるようにするための学習法を紹介します。

英語には英語のルールがある

文法とは簡単に言ってしまえば言葉のルールです。世界中には無数の言語があると言われていますが、それぞれが独自のルールを持っています。例えば、日本語はSOV(主語+目的語+動詞)なので、「私は(S)英語を(O)勉強する(V)」というのが基本的な形です。一方、英語はSVO(主語+動詞+目的語)なので、同じ意味の文章でも「I(S)study(V)English(O)」と順番が変わってきます。

日本語であれば「私は勉強する、英語を」「英語を勉強する、私は」のように、多少順番を変えても不自然ではあるものの意味は通ります。しかし英語で「Study English I」のように順番を入れ替えてしまうと、意味を成しません。これが英語のルールであり、特徴でもあるのです。

英語のパターンを理解して意味をもたせる。文法用語は暗記不要

20160730_studybook_02
英語はこの語順に特にうるさい言語なので、このような英語の文の形や順番など、文構造を理解することが英語習得には不可欠。そして、英語の文構造を理解したら、次に「この順番のときはこういう意味」「この形のときはこんな意味」といったように、文の形や順番によってそれぞれどんな意味になるのかに注意して学習していくことが非常に重要なポイントとなります。

また英文法を勉強する中で、文法用語が山のように出てきますよね。関節疑問文、関係代名詞の非制限用法、to不定詞の副詞的用法などなど…日本語でもイマイチ何を言っているか分からないアレです。 それらを無理して覚える必要はありません。大事なのは文法用語ではなく、それらがどんな文構造になり、どんな意味になるのかを感覚として掴んでいくことです。

英語の文法を理解したら使ってみよう。

多くの学習者は、参考書や単語帳を読んで終わりになっているのではないでしょうか。その方法で受験やTOEIC試験などは乗り切れるかもしれません。しかし残念ながら、使えるように、話せるようにはなりません。

参考書の例文を音読するのもいいですが、ぜひ試していただきたいのが、学んだばかりの英文法で英作文をしてみる、そして独り言のように話してみること。たった今学んで理解した英文法を使えそうなシチュエーションをイメージし、アウトプットをしてみてください。これをするだけで、英文法が「分かる」から「使える」へとステップアップさせることができます。

このトレーニングを継続してみてください。文法は形なので、あとは英単語をあてはめるだけで、英語のアウトプットの力、表現の幅はグンと広がっていきます。

2. 英語の文法を勉強するのに役立つ参考書4選

それでは、文法学習におすすめの参考書を紹介していきます。「読み物」として英文法を理解できるものや、ある程度学習した後の仕上げの一冊に使いたいものなど、レベルも用途もさまざまなので、ぜひあなたに合った一冊を見つけてみてください。

『イメージでわかる表現英文法』

20160730_studybook_image_grammer

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4053043557

「なるほど!」という実感をともないながら「英文法の本質」を理解できる参考書。文法項目の本質を「コア(核心)」と表現し、そのコアを理解するために、シンプルで可愛らしいイラストが豊富に使用されています。また文法だけでなく、混乱しがちな「speak/talk/say/tell」や「put」などの幅広く使われる基礎単語についても、かなりわかりやすくビジュアルで解説してくれているので、そちらも必見です。

レベルとしては易しめなので初級者向けですが、中級者以上の方でも思わず「なるほど!」と納得できる部分があることでしょう。「話す」「書く」という実用的な英語力をつけたい方にもオススメです。

『英文法のエッセンス』

20160730_studybook_essence

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4469245984

文法書としてはコンパクトなサイズで、英文法における必要最小限のエッセンスが盛り込まれ、わかりやすく、そして論理的に解説されています。なんとなくしか理解できていない人も多いであろう時制や助動詞なども、こちらを読めばスッキリ理解できることでしょう。使用されている例文も短くて簡単なものばかり。まずはザッと目を通すだけでも、目からウロコを実感できるはずです。

文法を暗記するではなく理解できるよう工夫された解説は圧巻!初級者だけでなく、「英文法はもう大丈夫」と思っている中上級の方も一読の価値アリです。

『キク英文法』

20160730_studybook_grammerbook

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4757412118

こちらは大学受験用の参考書ですが、TOEICや英検などにも対応しているので、受験生以外にもおすすめの一冊です。212の文法項目を7週間でマスターできるよう構成されていて、忙しい人でも、毎日10分ほどの短時間を使って決まったペースで続けることができます。また「キク」とあるように、文法を「耳」からもインプットするためのCDが2枚ついているので、リスニング教材としても最適。

見開き左に英文、右に解説というわかりやすいレイアウトもポイントです。基本から応用までを一通り学びたい方、文法知識を整理し「話す」「書く」の素地を作りたい方は一度手に取ってみてください。

『TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義』

20160730_studybook_platinum

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4789015777

こちらはTOEICに出る文法にフォーカスした参考書。大量の問題分析から得たデータをもとに、TOEICテストに出る文法項目だけが収録されています。

英語初級者の方でも分かるよう、基本的なことから丁寧に解説されていて、なおかつTOEICに出そうな予想問題を解くことで理解を深めることができるのもおすすめポイント。そんな無駄のない作り込みは、できるだけ短時間でTOEICスコアを上げたい人に最適です。また、前半部分で紹介したように、学んだ文法を使って英作文をすればビジネス英語を身につけることもできますよ。

英語の文法は基本を知ることが重要

いかがでしたでしょうか。「英文法=暗記」という考え方を捨て、気持ちを新たに英文法学習に取り組んでみてください。そうすれば、自分の使える英会話の表現やバリュエーションが増え、きっと「英文法ってすごい!楽しい!」と思えるはず。まずは自分に合った参考書を手に取り、英文法を暗記するのではなく理屈を理解しながら感じ取ってみてくださいね。

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。