連載「英語力が支える子どもの可能性」中学・高校生の英語教育事情

公開日:更新日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の中学・高校での英語教育、そして今後英語を学んでいく子供たちの環境について取り上げました。保護者のかたが英語を学んでいたころとは全く違う環境の中で、今の子供たちはどのように英語を学ぶのでしょうか。また、そんな子供たちのために何をしてあげられるのでしょうか。

英語教育のエキスパートである東京学芸大学教育学部教授の高山芳樹先生、日本のみならずマレーシア・シンガポール・韓国・中国などで子どもたちの英語学習事業に関わって来たレアジョブ英会話「中学・高校生コース」の開発責任者である下又健のインタビューを含む、連載を通してお伝えします。

※2024.6月をもちまして、「中学・高校生コース」は「日常英会話コース」に統合しました。

連載記事一覧

【#1 前編】
国をまたいで英語学習事業に携わった経験から見る日本の英語教育とは


【#1 後編】
今、どうして『4技能』なのか-英語教育の改革


【#2】
日本人の英語力は韓国に劣っている!?


【#3】
なぜ変わる? 何が変わる? いま、大学入試に求められる英語力


【#4】
求められる英語4技能。どのような準備、対策が必要?


【#5】
実践的な話せる英語力を身に付けるために――英語脳を育成するオンライン学習のススメ


【#6】
英語学習のエキスパートが考える英語力で広がる子どもたちの可能性とは


【#7】
英語力を伸ばすためのオンライン英会話活用法

これからの中学・高校生の英語教育

高山先生のインタビューの通り、これからはアメリカ・イギリスのような英語を母国語とする人たちだけでなく、「国際共通語」として英語を母語としない人同士のコミュニケーションが増えています。また、世界中でリアルタイムなやりとりが必要となっている今、これまでに比べてさらに英語の必要性も高まっています。そして、そんな環境の変化を背景に、日本の英語教育も大きく変わろうとしています。この変化を通じて子供の可能性を広げられるよう、保護者のかたの関心や意識の変化もまた求められていくでしょう。

school_banner

Please SHARE this article.

英語を話せるようになりたいなら
学習のプロにみてもらおう

英語を学んできたのに、いざ話そうとなると全く言葉が出てこない、その原因は圧倒的にアウトプット量が不足していることにあります。
英会話の経験量を増やしたいなら断然オンライン英会話がおすすめ。1日25分だけ英語を話す習慣が鍵を握っています。高いお金を払って海外留学する必要はないのです。

無料登録しておくとお得な情報が届きます

今すぐ無料体験する

最適な学習サイクルが
レアジョブ英会話ひとつで完結

レアジョブ英会話の新しい学習体験 レアジョブ英会話の新しい学習体験

※「ソロトレ」は有料会員様のみご利用いただけます

レアジョブ英会話なら、英会話レッスンはもちろんのこと、「聞いて話す」発話トレーニング「ソロトレ」や一歩一歩英語力を積み上げられるオリジナル教材など、オンライン英会話市場で長年培ってできたコンテンツを豊富に取り揃えています。(追加料金なし/教材無料)苦手を克服したいなら使うべき選りすぐりのコンテンツです。

利用者インタビュー

無料登録~7日以内なら初月半額

今すぐ無料体験する

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する