小学校英語教育、2020年「小学3年生から必修化」、「小学5年生から教科化」。英語教育の早期化がもたらす影響とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
boy writing alphabet on chalkboard

2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動として小学校の英語教育は始まりました。2011年度に「小学5年生から必修」となり、今では、小学校での英語教育はすっかり浸透しています。
この流れはさらに低学年化されることになります。「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が2020年度に完全実施されます。移行期間を考えると、学校によっては2018年度から段階的に実施されるはずです。このような英語教育の早期化は、日本の英語教育に、または、日本人の英語力にどのような影響をもたらすのでしょうか。

「必修化」「教科化」とは?

「必修化」「教科化」と聞いてもなじみの薄い言葉かもしれません。「必修」とは文字通り必ず小学校で教えられなければならないということです。しかし、「教科」ではないので、国語や社会などのように教科書がありません。よって学習内容・テキスト等は学校(教員)独自に決められます。例えば、現在社会人の方が小学生の頃、金曜日の6時間目などに「必修」の「部活動」の時間があった方も多いと思います。

「教科」とは、簡単に言えば、検定教科書(文科省の検定に合格した教科書)を使用し、テストが行われて通知表に数値による成績がつくということです。この「成績がつく」というのが、生徒、保護者、学習塾業界などに大きなインパクトを与えるのは言うまでもありません。 

まず変わるのは・・・?

この動きの中で真っ先にあげられる変化は中学受験における英語の導入でしょう。特に首都圏の私立中学校は、6年後の大学入試で最重要科目となる英語が得意な生徒に入学してもらいたいという本音があります。現在でも中学入試に英語を導入している学校もありますが、そのような学校の大半は帰国子女向けの特別枠です。「教科」になり、全ての小学生にテストによる成績がつけられれば、中学受験への英語の導入は一斉に広がって行くことは間違いありません。中学受験で広まれば学習塾が必ずその流れに追随します。小学生英語を取り巻く状況は一変し、加熱することは目に見えています。

反対する声もありますが・・・。

この英語学習の早期化に反対する声もあります。その代表的なものが「まずは日本語から・・・」というものです。この件に関する論文や記事は私自身もかなり読んできました。それらの大半が「母語がある程度確立してからの方が外国語の学習効果は高まる」「言語脳の発達過程では一つの言語に集中すべき」という発想です。

これはわかります。しかし、小学校で扱われる英語はせいぜいリンゴの絵を見て「APPLE!」。ペアになって「How are you?」「I am fine! / hungry!」です。複雑な英文構造を読解する力は、母語がある程度確立してからの方が効果はあると思います。しかし、APPLE!やHow are you?と口に出すことが、日本語の習得を妨げることになるとは思えません。

そして、このことは英語先進国と知られる韓国で証明されています。韓国では1997年に小学校3年生から英語が必修化されました。それが韓国人の英語力向上の大きな要因になっていることは周知の事実です。そして、母語である韓国語習得への悪影響がなかったことも様々なデータから明らかになっています。

英語教育の早期化。保護者としてできることは?

小学校の英語教育早期化は保護者にとっても大きな関心です。英語学習業界もその流れに拍車をかけています。小学3年生での必修化を受けて、より低年齢層(小学3年生未満)への教育も盛んになってきました。この流れに反対ではありませんが、やはり、冷静な判断は必要だと思います。低年齢層への英語学習ブームもあり、「今の(小さい)うちにLとRの音の聞き分けを・・・」「〇歳までが正しい発音習得の・・・」などといううたい文句もよく目にします。不安を煽られている保護者の方も多いようです。

このような風潮には首をかしげたくなります。私は今でも明瞭に発音してもらわなければLとRの違いは分かりません。しかし、それが原因で英語学習や英語指導に困ったことは皆無と言っていいでしょう。感覚的には伝えにくいので、ありのままに書かせていただきますが、先週(1月24日)の英検一級は本会場で受験しました。リスニングパートは2問ミスのみ(32/34点)でした。合格者の中でも上位の成績のはずです。LとRの違いが分からなくても、英検一級のリスニングは十分聞き取れるのです。(もちろん、英語教育者として努力はしなければなりませんが・・・)。

英語教育の早期化によって子供たちが得る最大の恩恵は、「発音が・・・」「聞き取りが・・・」「学習内容が・・・」ではないのです。幼いころから英語に接することにより、「英語って楽しい」「英語が話せたらカッコいい」という気持ちを子供たち自身が人生の早い段階で感じることだと思います。
サッカー日本代表の長友佑都は「物心ついた頃からサッカーボールを蹴ってました」と言います。この感覚は英語学習にも大切なはずです。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら