What is it you do? って何か間違えてない? 英会話に役立つ強調構文を覚えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の映画やテレビを見ていて、What is it you do?といった表現を聞いたことはありませんか?「何か抜けてる?」「文法の間違い?」と思ってしまうかもしれませんが、これはWhat is it that you do?のthatを省略した形で、「あなたのしていることは何ですか?」、つまり「何の仕事をしているんですか?」と尋ねるときに使われます。

奇妙な構文に思えるかもしれませんが、実は聞きたいことを強調する形として、会話の中で意外によく登場します。文の構造を見ていきながら、自分でも使いこなせるようになりましょう。

What is it you do?の文の構造を理解しよう

パッと見るとWhat is itとyou doという2つの文がつながっているように見え、とてもくだけた口語的な言い方のように思えるかもしれませんが、実はちゃんと文法のルールに沿っています。どのような構造になっているのか、詳しく見ていきましょう。

まず元の文を考えよう

What is it you do?は疑問文ですが、いったい何を聞いているのでしょうか。元になる平叙文を考えると、少しわかりやすくなります。

It is XXX you do.(それはあなたがするXXXです)

ここでは名詞XXXの後に関係代名詞のthatが省略されています。

It is XXX that you do.

that以下はXXXを説明していて、「それはあなたがするXXXです」という意味であることがはっきり理解できます。ただしこれはどうも意味が不自然で、実際の会話では、こういう平叙文の形ではあまり使われません。

疑問文にしてみよう

It is XXX that you do.のXXXを尋ねるには、疑問詞のWhatを使います。

What is it that you do?(あなたのしていることは何ですか?)

一見、関係代名詞that以下がitを説明しているように思えてしまうかもしれませんが、これはXXX that ~のthat ~がそのまま残ってWhatを説明する関係代名詞thatになっています。このthatは省略可能で、以下のような文が出来上がります。

What is it you do?

実は強調構文

意味としては「あなたのしていることは何?」なので、実際には、こう聞いているのと同じことです。

What do you do?

これは、「あなたの仕事は何ですか?」と尋ねるときの決まり文句。すなわち、

What do you do? =What is it you do?⇒あなたの仕事は何ですか?

となります。ただし、What is itの形になることで「それはいったい」と強調していることになり、

What is it you do?=あなたはいったい何の仕事をしているんですか?

といった意味合いになるのです。

What is it (that) ~ ?の練習問題

文の成り立ちがわかったところで、感覚をつかむために、次の文をWhat is it (that) ~?の形にしてみましょう。

What do you think?(どう思いますか?)

⇒What is it (that) ~?を使って

答え:What is it (that) you think?(いったいどう思いますか?)

What do you need?(何が必要なんですか?)

⇒What is it (that) ~?を使って

答え:What is it (that) you need?(いったい何が必要なんですか?)

What do you care about?(何を気にしているんですか?)

⇒What is it (that) ~?を使って

答え:What is it (that) you care about?(いったい何を気にしているんですか?)

疑問詞+is it (that) ~ ?を使いこなそう

「Whatだけでなく、他の疑問詞を使ってis it (that) ~ ?と強調できるのでは?」と思った人もいるのではないでしょうか。確かに次のように、WhoやWhy、Where、Whenなどを使うこともできます。

Whoを使って強調

Who are you looking for?(誰を探しているんですか?)

⇒Who is it (that) ~?を使って

答え:Who is it (that) you are looking for?(いったい誰を探しているんですか?)

Why を使って強調

Why do you think so?(なぜそう思うんですか?)

⇒Why is it (that) ~?を使って

答え:Why is it (that) you think so?(いったいなぜそう思うんですか?)

Whereを使って強調

Where did you find this?(これをどこで見つけたんですか?)

⇒Where is it (that) ~?を使って

答え:Where is it (that) you found this?(いったいこれをどこで見つけたんですか?)

Whenを使って強調

When did you come?(いつ来たんですか?)

⇒When is it (that) ~?を使って

答え:When is it (that) you came?(いったいいつ来たんですか?

強調構文を会話の中で使ってみよう

「なんだか難しそう…」と思った人もいるかもしれませんが、「いったい~」と強調する言い方として、普段の会話の中で何気なく登場します。例えば次のような場面の中で使われることを知っておいてください。

What is it (that) ~ ?を使った会話

A: What is it (that) you do?(いったい何の仕事をしているんですか?)

B: I do marketing.(マーケティングの仕事をしています)

A: What is it (that) you’re thinking?(いったい何を考えているんですか?)

B: Sorry, I didn’t think much about it.(すみません、ちゃんと考えていませんでした)

その他の疑問詞 is it (that) ~ ?を使った会話

A: (電話している人に)Who is it you are talking to?(いったい誰に話しているんですか?)

B: My boss, it’s urgent.(上司です。緊急なんです)

A: When is it (that) you decided?(いったいいつ決めたんですか?)

B: Just now.(たった今です)

強調構文を覚えたら

理屈で考えるとやりにくそうに思えても、いざ口にしてみると案外簡単に言えてしまったりします。疑問詞 is it (that) ~ ?の表現を外国人との会話の中で使ってみたいと思ったら、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

お金をあまりかけずに英語を話せるように
するならオンライン英会話が有効です

英語を学んできたのに、いざ話そうとなると全く言葉が出てこない、その原因は圧倒的にアウトプット量が不足していることにあります。
英会話の経験量を増やしたいなら断然オンライン英会話がおすすめ。1日25分だけ英語を話す習慣が鍵を握っています。高いお金を払って海外留学する必要はないのです。

無料登録しておくとお得な情報が届きます

今すぐ無料体験する

最適な学習サイクルが
レアジョブ英会話ひとつで完結

レアジョブ英会話の新しい学習体験 レアジョブ英会話の新しい学習体験

レアジョブ英会話なら、会話量を増やせるレッスンはもちろんのこと、確実に英語を聞き取れるようにするトレーニングコンテンツ『ソロトレ』や一歩一歩英語力を積み上げられるオリジナル教材など、オンライン英会話市場で長年培ってできた優れたコンテンツを豊富に取り揃えています。(追加料金なし/教材は誰でも無料!)苦手を克服したいなら使うべき選りすぐりのコンテンツです。

今すぐ無料体験する

※「ソロトレ」は有料会員様のみご利用いただけます

利用者インタビュー

無料登録~7日以内なら
初月半額ではじめられます

今すぐ無料体験する

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する