忙しい社会人でも大丈夫!ゼロから英語学習をやり直す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの時代、英語がますます重要になるのは分かっているけど、忙しくて英語学習する時間はないし、そもそも何から始めればよいのか分からない!と考えている社会人の方も多いのではないでしょうか。確かに毎日仕事で忙しい毎日を送っていると、英語学習は後回しになってしまいますよね。そこでこの記事では、忙しい社会人が英語学習時間を確保する方法とゼロから英語学習を始める手順を丁寧にご紹介していきます。この記事を読めば、迷うことなく英語学習に取り組むことができますよ!

まずは目標を決めよう!

英語学習において、目標を設定することは非常に大切です。目標設定をすることで得られるメリットは2つあります。

何を学習すべきかが分かる

目標を設定することで、やるべきことが明確になります。例えば、海外で働くことが目標であれば、オンライン英会話などを利用してアウトプット中心の勉強に取り組む必要があります。TOEICで高得点を取り昇格基準をクリアすることが目標であれば、リーディングやリスニングを中心として学習を進める必要があります。最初に目標を設定することで、逆算して英語学習に取り組むことができますよ!

モチベーションを維持しやすくなる

目標を設定することにより、モチベーションを維持しやすくなる効果もあります。目標がないと、どうしてもなんとなくの学習になってしまうので、3日坊主になったり、途中で学習を辞めたりといったことが多くなります。しかし目標があれば、その目標を達成するために必死になって学習するようになります。私自身も常に目標を作って、やる気が落ちないように工夫しています。また、目標を設定するときは期限も一緒に設けて、メリハリをつけるようにしましょう!

忙しい社会人が英語学習の時間を確保する方法

「毎日忙しくて英語学習している暇なんかありません!」という人は多いかと思います。ここからは、そんな人に向けて英語学習時間を捻出する方法を解説していきます。人に与えられた時間は平等で、1日24時間です。上手く時間を使っていきましょう!

朝早く起きて勉強する

30分でもいいので、いつもより早く起きて勉強してみましょう。仕事のあとは、疲れていて勉強する気が起きなかったり、残業で十分な学習時間が確保できなかったりします。朝の時間を勉強時間として確保すれば、確実に勉強に励むことができますよ。朝勉強する場合は、前の日の夜に勉強道具一式を机の上に揃えておくことをおすすめします。というのも、勉強をする気にならない理由として、勉強に取り組むまでの準備が面倒くさいというのがあります。なので、面倒くさいことを前の日の夜に終わらせて、朝起きたらすぐ勉強できる状態にしておきましょう。これを毎日行うと、ルーティン化するので学習が継続できるようになりますよ。

スマートフォンを味方にする

スマートフォンを使うことによって、時間を有効活用することができます。例えば、朝からパソコンを開いてオンライン英会話をやるのはちょっと面倒くさいですが、スマートフォンならアプリを開くだけなので、簡単にレッスンを受けることができます。スマートフォンがあれば、通勤・通学のスキマ時間も有効活用できます。私は、スキマ時間に英単語を覚えたり、スマホアプリで英字新聞を読んだりしています。スマートフォンを使うときに1つ気を付けたいのが、誘惑に負けないでください!ということです。スマートフォンにはゲームやYouTubeなど誘惑だらけです。アプリの利用時間を制限する機能などを駆使して、上手くスマートフォンを使っていきましょう!

やらないことを決める

意外かもしれませんが、「やること」を決める前に「やらないこと」を決めることが非常に大切です。というのも社会人は忙しいです。今までどおりの生活をしていては、学習時間を確保できません。何かを辞める覚悟が必要です。今の生活を振り返って、やらないことをリスト化してみてください。参考までに私のやらないことリストは以下のとおりです。

・飲み会に行く
・スマートフォンでゲームをする
・夜遅くまでだらだらテレビを見る
・洗濯物を干す(ドラム式洗濯機任せ)
・ソーシャルメディアで他人の投稿をチェックする

こうして新たに生み出した時間を英語学習の時間にあてていきましょう!

行動と勉強内容を紐づける

いつ、どこで、どんな勉強をするかを決めておくと、「何を勉強しよう?」と思考する時間を節約できます。例えば、朝起きたら、オンライン英会話を1レッスン、電車に乗ったらアプリを開いて単語暗記、夜寝る前はベッドの中で洋書を読む、といったように行動と勉強内容を紐づけておくと、思考せずに勉強ができるようになります。1~2週間も続けると、習慣化してくるので、やらないと逆に気持ち悪く感じるようになってきますよ!

英語学習は基礎固めから始めよう!

ここからは、具体的に英語の学習方法について解説していきます。最初に取り掛かるべきことは、英語の基礎固めです。社会人にまでなって基礎固めなんかやりたくないと思うかもしれませんが、基礎固めは英語の土台になる部分なので、すべての英語学習者が取り組む必要があります。英語の基礎とは、具体的に言うと「単語」「文法」「発音」です。この3つを固めておくと、成長スピードが速くなりますよ!

単語力を強化

日常会話を伸ばしたい人は、中学校で習うレベルの英単語を覚えましょう。日常会話ではそこまで難しい単語は使いません。重要なのは「take」「get」「make」などの基本的な単語を使いこなせるようになることです。なので、必要最小限の単語を覚えたとは、アウトプットを繰り返し、単語を使いこなすトレーニングをしていきましょう。ビジネス英語を習得したい人は、日常会話レベルの単語よりもハイレベルな単語を覚える必要があります。TOEICの単語帳を使って単語を覚えていきましょう。おすすめは、「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ 」です。この単語帳に載っている単語を覚えて、仕事のメールや商談で実際に使っていきましょう。

文法を強化

単語を覚えたら、次は文法を強化していきましょう。文法は英語のルールみたいなもので、文法を分かっていないと正しい英語を話すことができません。英語の文法に苦手意識を持っている方は、中学英語から始めてみましょう。おすすめの参考書は、「中学英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。 」です。こちらの参考書はイラスト付きで、文法が苦手な人でも分かりやすいようになっています。文法にある程度自信がある方は、「一億人の英文法 」を読んでみてください。こちらは文法書のバイブル的な参考書です。話せる英語を習得するために書かれた参考書なので、英語を喋れるようになりたいと考えている方におすすめです。

発音の基礎をマスター

単語、文法と同時に進めたいのが発音です。発音の基礎を学ぶことにより、相手に伝わる英語が話せるようになりますし、リスニング力が上がりやすくなるというメリットもあります。発音で学ぶべきことは、「発音記号」「音声変化」「フォニックス」の3つです。発音記号は、単語の読み方を示した記号のことです。音声変化は、音と音が繋がったときの変化のことです。この2つは「Mastering the American Accent 」という本で体系的に学ぶことができます。音声が付いているので、真似して発音してみましょう。フォニックスはアルファベットの発音の仕方を示したものです。おすすめの書籍は「フォニックス<発音>トレーニングBOOK 」です。こちらでフォニックスのすべてを学ぶことができますよ。

英語をアウトプットしよう!

英語の基礎を習得したら、インプットした知識を使って英語をアウトプットしていきましょう。アウトプットすることによって、インプットした内容が記憶に定着しやすくなる効果もありますよ。

オンライン英会話

手軽に始められるのが、オンライン英会話です。初めてオンライン英会話に挑戦する人は、最初はかなり苦戦するかと思います。どれだけ知識があっても、それを運用することに慣れていないと、うまく英語が口から出てきません。しかし、逆に言うと慣れてしまえば、英語が喋れるようになります。なので、最初の1カ月を頑張って乗り切りましょう。この期間を乗り越えれば、徐々に慣れてくるので、英語を話すことが楽しく感じられるようになってきますよ。

ランゲージエクスチェンジ

なるべくお金をかけずに英語をアウトプットしたい人におすすめなのが、ランゲージエクスチェンジです。ランゲージエクスチェンジでは、日本語を勉強したい外国人に日本語を教える代わりに、外国人に英語を教えてもらうというシステムです。ランゲージエクスチェンジを使えば、ネイティブスピーカーと無料で会話を楽しむことができますよ。ただし、一つ注意してほしい点が、ランゲージエクスチェンジの相手は一般の人なので、英語を教えるプロではないということです。プロの先生とレッスンをしたい場合は、オンライン英会話がおすすめです。

まとめ

今回は忙しい社会人の方に向けて、英語学習の方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。まずは目標を立てて、勉強時間を確保するところから始めましょう。そのあとは、英語の基礎である単語、文法、発音に取り掛かります。そして、最後にオンライン英会話やランゲージエクスチェンジでアウトプットすることにより英語の運用能力を高めていきます。ぜひ今回紹介した学習方法を参考にして、英語をマスターしてくださいね!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する