「久しぶり!」って英語でなんて言う?再会時に使える英語フレーズまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

What‘up?しばらく会っていなかった友達や仕事相手と再会したとき、どのように英語で挨拶しますか? Long time no see! (久しぶり!)を思いつく人も多いかと思います。「久々に会えてうれしいよ」「ご無沙汰しております」「元気にしてた?」といったフレーズもさらっと言えるようにしておきましょう!この記事では、再会時に使える英語フレーズをシチュエーション別にご紹介していきます!この記事を読めば、久しぶりの再会を英語で楽しむことができるようになりますよ!

友達に再会したときに使える英語フレーズ

友達や親せきなど親しい間柄の人に再会したときに使える英語フレーズをご紹介します。

定番の再会フレーズ

まずは、教科書にも載っている定番の再会フレーズを見ていきましょう!

Long time no see.
(久しぶり)

「久しぶり」というと、このフレーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、「久しぶり」はLong time no see.以外にも様々なフレーズがあります。

例)

It’s been a while.
(しばらくですね。)

It’s been a long time.
(久しぶり~)

両方とも「久しぶり」を意味するフレーズです。「Long time no see.(久しぶり)」の代わりに使うことができますよ。It‘sはItとhasの短縮系で、現在完了形の構文となっています。「It’s been~=~ぶり」という意味になります。なので、It’s been a while.は直訳すると、「しばらくぶりですね。」といった感じになります。~のところに年数を入れるとIt’s been two years.(2年ぶり)、It’s been ten months.(10カ月ぶり)と言うことができます。

ネイティブっぽい再会フレーズ

次は、ネイティブスピーカーが友達や知り合いに再会したときに使うフレーズを見ていきましょう。

It’s been ages.
(久しぶりだね。)

先ほどご紹介した「It’s been a while.(しばらくですね。)」や「It’s been a long time.(久しぶり~)」と同じく、現在完了形の構文です。Ageは直訳すると、「時代」となりますが、ここでは「長い間」といった意味になります。

例)

I haven’t seen you for ages.
(長い間あなたに会ってなかったね=久しぶりだね)

Look who it is.
(あら、誰かと思えば!)

このフレーズはかなりネイティブっぽいですね。海外ドラマなどでも頻出のフレーズです。予期せぬ場所で知り合いを見つけた時にこのフレーズを使うことができます。「Look+wh疑問詞」構文はよく使うので覚えておくと便利です。この構文を使えば、「Look what I bought.(私が買った物見てよ。)」や「Look how big that is!(見て、あれめっちゃ大きいよ)」などが言えるようになります。

喜びを表す英語フレーズ

「久しぶり」と挨拶をした後は、久しぶりに会えた喜びを相手に伝えましょう。

Good to see you again.
(また会えてうれしいよ。)

日本語だとわざわざ「また会えてうれしいよ」と口に出していうことはないかと思いますが、英語は思っていることをストレートに表現する言語です。なので、恥ずかしがらずに言ってみましょう!

It’s so nice to see you.
(久々に会えてよかった。)

Nice to meet you.とNice to see you.の違いはなんでしょうか?久々に誰かと再会するときは、Nice to meet you.は使えません。Nice to meet you.は初めて会った人に対して使うフレーズなので、意味としては、「初めまして」になります。一度会ったことのある人に対しては、Nice to see you.を使います。

近況を聞く英語フレーズ

喜びを伝えたあとは、会っていなかった間に相手がどのよう過ごしていたのかを聞いてみましょう!

How have you been?
(どうしてた?)

このフレーズでは現在完了形の構文が使われています。現在完了形は過去から現在にかけての出来事に言及しているので、「How have you been?=最後に会ったときから今までどのように過ごしていましたか?」といった意味合いになります。ネイティブスピーカーの中には、How have you been?を省略して、How you been?と言う人もいます。意味は同じで「どうしてた?」となります。

What have you been up to recently?
(最近どう?)

「be up to~=~を過ごす」と覚えておきましょう。なので、このフレーズを直訳すると「最近は何をして過ごしていたの?」となります。同じようなフレーズで、What are you up to today?というものがあります。意味としては、「今日は何するの?」となります。

「What have you been up to recently?(最近どう?)」の答え方は以下のフレーズを参考にしてください。

I got married two years ago.
(2年前に結婚したんだ。)

I started my own business.
(自分のビジネスを始めたんだよ。)

Not much.
(特に面白いことはないかな。)

特に報告することがない場合は、「Not much.(特に面白いことはないかな。)」が便利です。ネイティブスピーカーの中には、How are you?(元気ですか?)の代わりに、What‘s up?(どうしてる?)と挨拶してくる人もいます。特にこれといって報告することがないときは、Not much.と答えるようにしましょう!

相手の見た目に関する英語フレーズ

久々の再会となると、相手の容姿が変わっていることもあるでしょう。その変化に言及するときに使えるフレーズを見ていきましょう。

Look at you!
(あらま!素敵!)

直訳すると「あなたを見ろ!」となりますが、意味としては「あらま!素敵ね!」といった感じです。美しいドレスを着ている人を見たときや、子供だった男の子が立派な大人の男性に成長しているのを見たときに使えるフレーズです。

You look awesome!
(素敵だね!かっこいいね!)

シンプルに相手の見た目を褒めるフレーズですね。awesomeはgoodやgreatと同じように、ポジティブな意味合いの単語です。

awesomeの代わりに他の単語を入れて、次のように言うこともできます。

You look beautiful.
(美しいね。)

逆に、再会した相手が全然変わってなかったら、以下のフレーズを使いましょう。

You haven’t changed at all.
(全然変わってないね。)

英語圏では、容姿に関して深く言及することはタブーとされています。「あれ、ちょっと太った?」など深入りした質問はしない方が無難です。

別れ際に使える英語フレーズ

久々に会った人と別れるときに使えるフレーズもいくつかあります。

I’m so glad we reconnected.
(また会えてよかった。)

gladはhappyと同じような意味の単語で「嬉しい」「よかった」という意味になります。日常生活でよく使う単語なので、覚えておくと便利ですよ。

Let’s catch up again.
(また話そうね!)

catch upは直訳すると「追いつく」となりますが、ここでは「久々に会って近況を話す」という意味になります。I’d love a catch up.(また会って話そう。)のように名詞として使うこともできます。

Let’s stay in touch.
(連絡取り合おう。)

せっかく久々に会ったのに、また疎遠になってしまうのは残念ですよね。なので、分かれ際にこのセリフを相手に伝えましょう。「これからも仲良くしていきましょう」という気持ちがこもったフレーズです。

仕事相手に再会したときに使える英語フレーズ

ここからは、ビジネスシーンで使える再会フレーズをご紹介します。

「ご無沙汰しております」は英語で?

「ご無沙汰しております」と言いたいときは、このフレーズを使いましょう。

I haven’t seen you in a long time.
(ご無沙汰しております。)

直訳すると「私は長い間あなたに会っていません」となりますが、意味としては「ご無沙汰しております」になります。

喜びを表す英語フレーズ

挨拶が終わったら、久々に会えた喜びを伝えましょう。

It’s pleasure to see you again.
(お会いできてうれしいです。)

pleasureは「喜び」という意味です。先ほどご紹介した「It’s so nice to see you.(久々に会えてよかった。)」と比べると、よりかしこまった印象のあるフレーズです。

What a pleasant surprise!
(嬉しいサプライズですね。)

このフレーズは上記のフレーズに比べると、少し砕けた表現です。意味としては、「あなたに会えるなんて、びっくりと同時に嬉しいです!」といった感じです。いい意味で驚いたときに使えます。

久々にメールする相手に使える英語フレーズ

最後にメールで使える再会フレーズを見ていきましょう。

It has been a long time since I last contacted you.
(ご無沙汰しております。)

こちらのフレーズも「ご無沙汰しております」という意味になります。直訳は「最後にあなたに連絡をしてから、長い月日が経ちました」です。contactは連絡を取るという意味の動詞です。

このフレーズ以外にも以下のフレーズが使えます。

Long time no talk!
(久しぶり!)

Long time no see!
(久しぶり!)

メールやSNSのように面と向かってコミュニケーションをとっていない場合でも上記のフレーズを使うことができます。

まとめ

今回は長らく会っていなかった人と再会したときに使える英語フレーズをシチュエーション別にご紹介しました。いかがでしたでしょうか。友達や知り合いと久々に会ったときは、「久しぶり」と挨拶するだけでなく、「It’s so nice to see you.(久々に会えてよかった。)」と喜びを伝えたり、「How have you been?(最近どう?)」と近況を聞いたりすると、会話が盛り上がると思いますよ。

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する