英語を勉強する「楽しさ」はどこにある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を勉強していると、なんでこんなに苦労しているのかよくわからなくなってくる時が必ずあります。必要だとはわかっていても、楽しさがなければ続けられません。英語ができたら、何か楽しいことがあるのでしょうか? 今回は、英語力ゼロから勉強した筆者の体験談も交えて英語の楽しさを紹介します。

英語を使ったコミュニケーションは楽しい!

なんといっても、英語を使ったコミュニケーションは楽しいものです。母国語とは違うことばで誰かと話すのは、それだけで視野が広がります。

外国人の意見を英語で聴ける楽しさ

「外国人」と一言でいっても、いろいろな方がいます。その共通点を上げるとすれば、自分とは違うバックグラウンドで育ってきた人たちだということです。日本人にもいろいろな方がいると言っても、やっぱり外国の方とお話をするときの新鮮さは特別です。

私の場合は、研究か就職か、キャリア選択で悩んだ時期に、海外の方と話すことで気が楽になった経験があります。自分のいる文化圏の考え方とは違った視点をもらえるのが英語の良さです。

外国の方とお話するには、やはり英語ができる必要があります。もちろん、英語以外の外国語を勉強しても話せる相手は広がります。ですが、英語はなんといっても話せる人の母数が多いです。1つの言語を勉強するだけで、自分の世界観を大きく広げられるのです。

全く予想外の考え方を英語で聞ける楽しさ

英語という外国語を使って話すと、まったく予想外の話を聴けることがあります。日本語で話すよりも刺激的です。

最近とある国の方と話していて、「バスの時刻表が決まっていている国が嫌い!!」と力説されました。その方の国では、なんでも時間が決まっているということがないので、縛られるのが嫌なのだそうです。日本ではまず言われない話を熱っぽく語られ、とても面白かったのを覚えています。

内向的でも明るくなれる? 英語的なコミュニケーションの楽しさ

英語では、自分の意見を直球で言うようなコミュニケーションが普通です。もちろん礼儀はありますが、日本語ほどうるさくはありません。だからこそ、明るくなれるのです。

私の場合がまさにそうで、日本語しか話せないころはだいぶ内向的でしたが、英語が話せるようになってからは自分の意見を言えるようになりました。「これって失礼かも」「言わない方がいい場面かも」というのをあまり気にせず話す体験は外国語ならではです。

英語で文章を読む楽しさを感じよう

母国語以外で文章が読める楽しさがあります。日本語はかなり大規模な言語ですが、それでも英語には及びません。英語ができると、収集できる情報が格段に広くなります。

英語のwebサイトってどれくらいあるの?

世界のインターネットで使われている言語のうち、約6割が英語だと言われています。日本語が3%ですから、約20倍の情報に触れられるようになります。

洋画や海外ドラマが趣味の方はもちろんですが、日本のコンテンツが好きな方でも英語の楽しさを味わえます。日本のアニメや漫画の感想でも、海外のファンコミュニティはとても充実しているからです。思ってもなかったような感想を見つけると、作品への理解も深まります。

英語で洋書を読む楽しさ

洋書を読むのももちろん楽しいですね。パソコンやスマホからいったん目を離して、ゆっくり本を読む楽しさは堪えられません。

海外小説などはもちろんですが、意外と楽しいのが日本の小説や漫画の英語版を読むことです。例えば、方言を話すキャラクターのセリフはどう訳されているのか? 日本語の擬音をどうやって訳しているのか? マニアックな楽しみ方ですが、これが意外とハマれるんです。

「英語的な思考」の楽しさ

言語には、その言語独特の考え方があります。日本語だけの考え方から、脳をアップデートする。英語的な考え方に触れられるのも楽しさの1つです。

「敬語がない」英語でコミュニケーションする楽しさ

英語が話せるようになると、日本語の特徴がわかります。言語そのものに、どうしても上下関係がついて回るのです。同じことをするにしても、「やってあげる」なのか「してもらう」なのか、「させていただく」なのか「やらせてあげる」なのか……私たちは無意識に「立場」でことばを使い分けています。

英語にはいわゆる敬語がありません。もちろん、場面に合わせたマナーはあります。ですが、あらゆることばに上下関係が関わる日本語に比べると、フラットなのが英語の特徴です。

日本語で話すときは、まず上下関係・親疎関係(親しさのレベル)を決めてから話します。英語ではまず伝えたい内容を考えるので、立場の上下は二の次になります。この考え方が身につくと、生きるのが楽に・楽しくなります。

世界中が「自国のマナー」から解放される瞬間

マナーにうるさいのは、なにも日本語だけではありません。世界中に無限の言語があり、無限のマナーがあります。英語を話している時は、だれもが自国のマナーから解放されるのです。日本人に限らず、英語に開放感を感じる人は多いです。

グローバルな場面で英語を使うと、自分の国・地域のマナーをいったん忘れて、共通のマナーに統一することが出来ます。「英語を話してるんだから、気楽に行こうよ」という気楽さは、なかなか味わえません。日本のコミュニケーションに息苦しさを感じたら、英語を学ぶタイミングです。

英語の楽しさ 「可能性」がはっきりしている強み

最後にマニアックなお話を一つ紹介します。英語では、まだ起こっていないことについて話すとき、どれくらい確信しているのかをはっきりさせて話す必要があります。

「あ、雨が降りそう」というだけでも、will rainなのか、might rainなのか、助動詞を使って可能性をはっきりさせます。「来週はたぶん忙しいから、申し訳ないけど遊びには行けない」という断り文句も、絶対に忙しいならshould be busy, そうでもなければmight be busyと、それぞれ使い分けるのですね。

日本語は、可能性についてけっこう雑に話せてしまえる言語です。英語では、「どのくらいあり得ると思っているのか」その都度はっきり言わなければいけません。長く英語を話していると、未来のことについてよく考えるようになります。だまされたと思って意識してみてください。これ、意外にとても面白いんです。

まとめ

英語を勉強すると、いろいろな楽しいことが待っています。私はずっと英語落第生だったので、英語ができるようになって大きく性格が変わりました。特に、多様な視点から話が聴けるのが大きく、おかげで人生を楽しむことが出来るようになりました。

言語を学ぶと、思考回路がアップデートされます。その楽しさは、やってみなければわかりませんが、やれば必ずわかります。

この楽しさを、みなさまにもぜひ体感していただきたいです!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する