英語を勉強する意味って? 答えは「安心感」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語をずっと勉強していると、だんだんどうして勉強していたのか分からなくなってしまいますよね。語学で大事なのはモチベーションだと言われています。意味が分からなくなると、やる気を保つのはつらいものです。今回は、筆者が肌で感じた、英語を勉強して得したことをご紹介します。

英語を勉強する意味=安心感

英語ができる最大のメリットは、自分に自信がつくことです。もっと言うと、だれと会っても安心していられることだと思います。

外国人と話す機会は意外と多いものです。海外で生活される方はもちろんですが、日本で暮らしていても、日本語が通じない相手とお話をすることはあります。それは明日かもしれませんし、来週かも、来年かもしれません。そう思うと冷や冷やしませんか?

外国人相手の安心感が違う!

外国人が近くを歩いている、もしかして道をきかれるかも……。冷や冷やした経験はありませんか? 私もずっと英語ができなかったので、外国人を避けて歩いていました。

英語ができるようになると、外国人が近くにいてもびくびくしなくてよくなります。むしろ、「どんどん話しかけてきて!」という心境に。これ、意外に精神衛生上いいんです。

英語≠万能。でも、英語ができると気楽

世界中の外国人が、英語が得意なわけではありません。でも、英語ができれば会話のスタートラインに立てるのです。英語が出来なければ、ボディランゲージ以外は何も通じなくなってしまいます。

外国人相手でも、余裕をもって話すことができます。飲み会に外国人がいても、LINEグループで日本語が通じない人がいても、堂々とふるまえます。

英語ができると、圧倒的に気楽になるのです。

英語ができないと気まずい瞬間が……

英語ができると気楽になる、ということは、英語ができないと緊張しっぱなしになるということです。飲み会に外国人が混ざってきた状況を想像してみてください。周りが英語で盛り上がっているのに、自分だけが蚊帳の外になっている……。かなり気まずいですよね。

日本で働く外国人の数が増えてきている今、外資系や国際系で働いていない方だとしても、こんな状況になることは珍しくないでしょう。日本の生活を楽しむためにも、英語力は役に立つのです。

英語を勉強する意味=生活

海外で生活したいという方は少なくないと思います。現状では、100万人を超える日本人が海外で生活しています。時期によって変わるとは思いますが、それでも、「私は海外に絶対にいかない」と言い切れる方は少ないでしょう。

もし海外で暮らすことになったら、英語力がスタートラインになります。

どこに行ってもそれなりになんとかなる

英語ができると、どの地域に行っても「それなりに」何とかなります。アメリカやイギリスに行くなら英語は当然必要です。それだけでなく、アジアやヨーロッパでも英語ができると断然便利です。

以前、韓国の空港で飛行機を逃したことがあります。もし英語が出来なければ、日本に戻ってくるのは相当大変だったでしょう。

本当は現地語が必要だけど……

世界の人々のなかで、英語ネイティブはあまり多くありません。お互いにとって英語は外国語です。それでも、いえ、だからこそ英語が便利なことが多いです。

お互いの母国語で話していると、どうしてもネイティブの方が有利になってしまいます。英語で話せば、お互いにとって外国語ということが多いです。ことばの上で「対等に」対話するために、いちばん便利なのが英語なのです。

英語ができると、世界の人たちと対等に話しやすくなります。

コストパフォーマンスだけで考えるなら英語一択

本当のことを言うと、私は英語だけができればOKとは言いたくありません。お互いの母国語で話すときの一体感は、どうしても英語では体験できないからです。

それでも、コストパフォーマンスがいいのは英語です。1つの言語で、世界中の教養のある人たちと繋がれるのが英語の強み。英語が万能だと思うのは危険ですが、どれか1つを選ぶなら英語を選びます。

英語が出来れば、世界の人たちと対等に話し合える「スタートラインに立てる」のです。

英語を勉強する意味=教養があると思ってもらえる

実際に海外に行っている姿を想像してみてください。初対面のあいさつは間違いなく英語です。ここで、ある程度きれいな発音ですらすらとあいさつできたらどうでしょう。反対に、つっかえつっかえだったらどうでしょう。

英語力で、その人の教養まで判断されてしまうこともあります。

あまり英語が下手だと「無教養」と思われるかも

世界中の人たちが、英語を義務教育で勉強しています。英語があまり下手だと、「無教養」と思われてしまいます。もっとひどいと、存在しないように扱われてしまうかもしれません。

日本では、黙っているのが礼儀正しいという文化がありますよね。ただ、海外でこれをやってしまうと、ちょっと変なふるまいになります。特に欧米では、意見を言わないならいないのと同じだという文化があります。アジアでも、自分の意見を言えることは必須スキルです。

外国人は少なくとも「話せる」

意見を言えないなら、いてもいなくても同じ。例えば、アメリカ式の大学なら「クラスへの貢献」が求められていて、積極的に意見を出す人が高評価になります。

せっかくいい意見を持っているのに、英語ができないせいで評価してもらえない! だからこそ、英語がネイティブでなくてもがんばって話すのです。生き残るためにはなんとか話すしかありません。

自分の意見を言うためにはどうしても必要

大学に限らず、「意見を言う」のが評価基準の場所が多くあります。そのために、話せなければ悔しい思いをします。

英語が話せなかったら、悔しい思いをすることはまちがいないでしょう。海外に出るなら、話さない人=いない人のように扱われることに気を付ける必要があります。反対に、英語ができれば、とにかく意見を出せば存在感をアピールできるのです。

まとめ

英語が話せることは、「私はここにいるんですよ!」とアピールするための道具です。最近は機械翻訳なども発達してきていて、もしかすると5年もしたら状況が変わっているかもしれません。でも、5年も待てますか?

「今」新しい世界を見たいなら、英語を学ぶしかありません。私も20歳を超えてから英語を勉強して、海外大学で研究できるレベルまで来られました。遅すぎるということはありません。ぜひ、英語を始めましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する