世界と日本でこんなに違う!スポーツ競技人口を英語で語ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の東京オリンピックまで残すところ1年弱。日本のメダルが期待されますが、日本が得意とする競技もあれば、そうでない競技もあるもの。それは世界と日本でスポーツの競技人口が大きく異なるからという見方もできます。今回は、世界と日本でのスポーツ競技人口の違いを考察しつつ、英語でディスカッションをする際に役立つフレーズをご紹介したいと思います。

世界のスポーツ競技人口

オリンピックでは多くの競技が行われますが、種目によって強い国、弱い国が異なるものです。世界全体で見た際に、どのようなスポーツの競技人口が最も多いのでしょうか。まずは国際スポーツ連盟に登録されている数字を参考に、世界の競技人口ランキングをご紹介したいと思います。また、会話に役立つ例文も一緒にご紹介しますので、これを機にスポーツの会話を楽しんでみてくださいね。

第1位:バスケットボール(basketball)4億5000万人

Basketball is the most popular sport in the world.
(バスケットボールは世界で最も競技人口が多いスポーツです。)

1位は意外にバスケットボール。男性だけでなく、女性にも人気のスポーツであることが要因だそうです。たしかに中高生のクラブ活動に必ずあるスポーツがバスケットボールですよね。

第2位:サッカー(football / soccer)2億5000万人

Soccer is a sport enjoyed all over the world
(サッカーは世界中で楽しまれているスポーツです。)

サッカーが1位なのでは?と思われた方も多いでしょう。バスケットボールに比べて女性の競技人口がまだまだ低いことが2位の原因だそう。とはいえ、ボールさえあればできるシンプルなサッカーは、国際スポーツ連盟に登録されていない貧困層などにも広く親しまれています。実際は世界で最も楽しまれているスポーツなのかもしれませんね。ちなみにアメリカや日本では「soccer」、ヨーロッパの国々では「football」と呼ぶのが一般的です。

第3位:クリケット(cricket)1億5数千万人

Cricket is a bat-and-ball game played between two teams of eleven players.
(クリケットは1チーム11人の2チームで競われるバットとボールを使ったゲームです。)

日本ではあまり馴染みのないクリケット。これはもともとイギリスの国技として始まり、今はインドを中心としたアジア圏で大人気のスポーツです。インドでは野球ではなく、クリケット版の「巨人の星」が放送されたほど。イギリスでは「紳士のスポーツ」として親しまれ、試合中には「ティータイム」もあるそうです。そこから「It’s not cricket」で「紳士的でない」「卑劣だ」という意味のフレーズも生まれました。

第4位:テニス(tennis)1億1000万人

Tennis is an Olympic sport and is played at all levels of society and at all ages.
(テニスはオリンピックに採用されているスポーツで、年齢や階級を問わず広く親しまれています。)

テニスは4大大会が有名ですよね。全豪オープン(the Australian Open)、全仏オープン(the French Open)、ウィンブルドン(Wimbledon)、全米オープン(the U.S. Open)を制すると、4大大会を全制覇したことになります。ちなみに1970年以降、ウィンブルドンでは地元イギリスの優勝者がでていません。そこから、「門戸を開放した結果、自由競争で国内企業が淘汰される」という意味の経済用語として「ウィンブルドン現象(Wimbledon effect)」という言葉が生まれたそうですよ。

第5位:ゴルフ(golf)6500万人

After a 112-year absence from the Olympic Games, golf returned for the 2016 Rio Games.
(112年に渡り、オリンピック競技から除外されていたゴルフは、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックにて復活した。)

ゴルフも人気のあるスポーツですが、特に日本とアメリカで競技人口の大半をしめているそうです。ちなみに例文のように、1900年と1904年の2回のみ開催されたゴルフのオリンピックゲームは、つい最近の2016年に復活したそうですよ。

日本のスポーツ人口

世界のスポーツ人口のランキングを見てみましたが、クリケットなども含まれており、やはり日本とは少し異なるようですよね。そこで次に、日本で多くの人に親しまれているスポーツをご紹介したいと思います。

第1位:ウォーキング(walking)2000万人

I like taking a walk to stay healthy.
(健康のためにウォーキングをするのが好きです。)

1位はサッカーとか野球じゃないの?と思われる方も多いでしょう。しかし、競技人口が「最低週1回はその競技をたしなむ人の数」という意味で設定すると、日本の場合はウォーキングが最も多いスポーツになるそうで、過去20年でその数は2倍になっているそうです。確かにウォーキングは、老若男女問わず、誰もが最も手軽に始められるスポーツですよね。「Stay healthy」は「健康を維持する」という意味です。

第2位:ボーリング(bowling)1900万人

People approach bowling as either a demanding precision sport or as a simple recreational pastime.
(ボーリングは、厳密にピンを狙うスポーツとして行う人もいれば、単に娯楽として楽しむ人もいます。)

ボーリングが2位なのも驚かれる方が多いかと思いますが、実際は娯楽として楽しんでいる人が多いのも事実ですよね。家族全員で楽しめるのがボーリングの魅力といってもいいでしょう。「precision sport」とは「的などを狙う競技」のことで、アーチェリーやゴルフなどもこの類となります。「pastime」は「娯楽」の意味。

第3位:水泳(swimming)1300万人

The popularity of swimming increased when a gold medal was won in swimming for the first time at the 1928 Amsterdam Olympics.
(1928年のアムステルダムオリンピックの競泳で、初の金メダル獲得から水泳の競技人口は増えました。)

子供の習い事でも常に上位にある水泳が第3位なのは頷けますよね。水泳が日本に入ってきたのは明治時代で、陸軍の軍医が健康に良いので海水浴を推奨したことが始まりだそうです。その後1928年のアムステルダムオリンピックで、日本初の金メダルを獲得してから水泳の人気は高まり、国民的スポーツ(national sport)になりました。

スポーツ競技人口に関する英語表現

職場や学校でスポーツのことが話題になることは多いと思います。オリンピックや世界選手権などの大きなイベントだけでなく、常日頃からの野球ファンやサッカーファンは日常的に応援しているチームの話題になるものですよね。そんな話題になりやすいスポーツの会話についての例文をいくつかご紹介したいと思います。

野球vsサッカー

「あなた野球派?サッカー派?」という会話は日本ではよく聞かれるものですよね。そんな野球やサッカーにまつわる会話に役立つ表現をいくつかご紹介します。

I prefer soccer to baseball.
(私は野球よりサッカーが好きだ。)

よく話題にあがる言葉ですよね。「prefer A to B」で「BよりAを好む」という意味ですよ。

Soccer is more popular in Japan than it used to be.
(サッカーは日本で以前よりも人気があります。)

「more 〜 than it used to be」で「かつてよりももっと〜だ」という意味です。

Soccer is not necessarily confined to men. The Japanese woman’s soccer team, Nadeshiko Japan is strong these days.
(サッカーは必ずしも男だけに限られたものではない。日本の女子サッカーチーム、なでしこジャパンはこのところとても強い。)

サッカーといえば最近は女子サッカーも強く、観戦する方が多いようです。「be confined to 〜」で「〜に限定された」という意味。

Japanese men still like baseball better than soccer.
(日本の男性はまだサッカーより野球の方が好きだ。)

「like A better than B」で「BよりAのほうが好きだ」という意味です。

Japanese people enjoy playing sandlot baseball and watching games by professional players.
(日本人は草野球を楽しんだり、プロ野球の観戦も楽しみます。)

「sandlot baseball」は「草野球」の意味。

Vリーグ・Tリーグ

Jリーグはサッカーですが、バレーボール(volleyball)のVリーグや、卓球(Table tennis)のTリーグも日本では近年とても人気があります。外国の方にはVリーグといっても通じないこともありますので、その説明からできるようになりたいものです。

The V. League is the top-level volleyball league in Japan.
(Vリーグとは、日本の最高レベルのバレーボールリーグです。)

Vリーグは「The V. League」と表記します。

The T. League was established in2017.
(Tリーグは2017年に設立されました。)

Tリーグは「The T. League」と表記しますよ。「establish」は「設立する」の意味。設立は2017年ですが、実際に試合が始まったのは2018年です。

The T. League refers to German table tennis league.
(Tリーグはドイツの卓球リーグを参考にしています。)

「refer to」は「〜を参照する」の意味。

Fukuhara Ai is a retired Japanese table tennis player. She began playing at the age of 3 and became a professional at age 10.
(福原愛さんは引退した日本人の卓球選手です。彼女は3歳で卓球を始め、10歳でプロになりました。)

日本で卓球が人気となったのは福原愛さんの存在が大きいですよね。海外の方はご存知がない場合があるので、説明してあげるといいでしょう。「retired」は「引退した」という意味。

eスポーツ

近年注目を集めているeスポーツ。Electric sportsの略で、コンピューターゲームやビデオゲームで対戦するスポーツ競技のことです。日本ではまだ認知度が低いのですが、インターネットが普及し始めた2000年ごろから世界中の多くの人が参加するようになりました。2022年の中国アジア競技大会ではeスポーツが正式種目となり、オリンピック種目としても検討されているほど地位が確立されたスポーツなのです。

In 2019, it was estimated that the total audience of esports would grow to 454 million viewers.
(2019年の調査では、eスポーツは世界中で4億5400人以上の視聴者がいると推定されています。)

eスポーツの正式な綴は「esports」。「estimate」は「推定する」の意味です。競技人口だけでなく、それを見るaudience(観客)が巨大なのもesportsの特徴です。

Esports have become a major industry.
(Eスポーツは巨大産業になりました。)

「major」はここでは「巨大な」の意味。インターネットを通してどこからでも観戦することができるeスポーツは、巨大な産業だと言われています。

Huge esports tournaments now take place all over the world in big arenas with large crowds.
(今や、大勢の観客を入れた世界中のビッグアリーナで、巨大なeスポーツのトーナメントが行われています。)

「arena」は「アリーナ」、「take place」は「行われる」の意味。日本でもeスポーツの高校生選手権などが行われ、「eスポーツ甲子園」と呼ばれるものもあります。

まとめ

野球やサッカーといった王道のスポーツから、クリケットといった日本には馴染みのないスポーツ、さらにはeスポーツといった次世代のスポーツまで、様々なスポーツが存在しますよね。始めやすいウォーキングや観戦しても楽しいeスポーツまで、これを機に是非スポーツを楽しんでみてくださいね。

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する