英語で小説を読めたら最高じゃない?洋書の楽しみ方とおすすめの本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋書のペーパーバックを片手にカフェのテラスで大人の時間。そんな風にカッコよく洋書を読んでみたいと憧れた事はありませんか。洋書は昔に比べるとAmazon等で簡単に手に入るようになりました。小説の内容によっては、生きた英語のフレーズを身につけることができ、リーディングだけでなくスピーキングの学習にも役立ちます。今回は本好きの貴方の為に、英語初心者でも洋書を楽しめる方法と、英語初心者向けのお勧め本をご紹介します。

英語の小説を楽しむ秘訣

英語で小説を読むなんて、難しそう。そう不安に感じる方もいらっしゃると思います。とくに英語が苦手な場合は尚更です。しかしせっかく物語を読むのですから、楽しみたいものですよね。そこでまずは、英語版の小説を楽しむ秘訣をご紹介したいと思います。

心構えの大前提は「無理をしない」

「せっかく読むのだから、話題の大作を読もう」「大人らしく分厚い本を選ぼう」と、難解でとっつきにくい本を最初から選んでしまうのはNG。最初は子供向けのものでもいいので、薄くて簡単なものを選びましょう。

また、図書館や本屋さんで本を選んだら、最後まで読み終わらなきゃ!と思って、苦痛を感じながら読んでしまうこともあるかもしれません。しかしそれもNGです。日本語の小説でも、自分に合わなかったり、読んでいて苦痛なものはあります。面白くないと思ったら、その場で読むのをやめて、次に行きましょう!

その場その場で辞書を開かない

小説を読んでいるとわからない英単語に遭遇することが多々あるかと思います。しかしその場合でもそのまま流し読みし、毎回辞書で調べないようにしましょう。わからなくても話の筋がわかることも多いですし、その都度辞書を引いてしまうと、物語を楽しむというより勉強をしているという気持ちになってしまい、苦痛に繋がってしまうかもしれません。

また、推測しながら読み進める事で、読解力の強化にも繋がります。どうしても単語が気になる場合は、わからなかった単語に印などを付けておいて、後でまとめて調べるなどしてもいいでしょう。その場合も、話の筋を追うのに支障があるものだけ調べるという事で十分です。

知っている話を敢えて選ぶ

洋書を初めて読む場合は、知っている物語や、見たことのある映画の小説版などを選ぶのもお勧めです。話を大方知っている分、親しみが持ちやすく、理解のハードルが下がります。

例えば女性なら幼い頃から絵本で読んでいた「シンデレラ」の英語版などは久々に読むと心が躍るものがあります。また、好きな日本人作家の作品が英訳されているのであれば、それを選ぶのもいいでしょう。好きだからこそ英語でも楽しめますよ。

編集部セレクト!絶対に読んでほしいおすすめの小説をご紹介

洋書をいざ読もうとしても、本屋に並ぶ大量の洋書の中から何を選んでいいのかわからない、という事があると思います。自分で興味のあるものを選ぶにしても、少しでもどんな作品かわかっていたら安心ですよね。

そこで次に、編集者がお勧めする読みやすい洋書をご紹介します。興味を惹くものがあれば、ぜひ一度手にとって読んでみてくださいね。

世界最初の盲導犬の実話

▼Buddy: The First Seeing Eye Dog

・ストーリ概要
盲目のMorrisはある犬と会う為にスイスに渡ります。この犬はBuddyと名付けられ、Morrisの目となるべく訓練が行われます。世界で初めてのDog GuideとしてMorrisとの絆を深めていく心温まるストーリです。

・作品の評判
ノンフィクション作品。3000語弱の作品なので、中高生への最初の洋書としてもお勧めです。凝った表現も少なく、イラストも適宜入っていて読みやすい作品です。

・英文抜粋
Two dogs were playing in the spring sunshine. They were frisky, young German shepherds. They lived in a place called fortunate Fields. It was in the mountains known as the Swiss Alps.
(2匹の犬が春の光の中で駆け回っている。元気で若いジャーマンシェパードだ。この犬たちは、フォーチュンフィールドという場所に住んでいる。スイスのアルプスとして知られる山中だ。)

テレビドラマにハマった人は必読!

▼The OC: Outsider

・ストーリ概要
ロサンジェルスの貧民街に住むRyanは、兄の自動車窃盗を手伝い逮捕される。Ryanは弁護士に引き取られ、弁護士の家で新しい生活を始める。

・作品の評判
人気テレビドラマの小説版。DVDなどですでにあらすじを知っていると更に読みやすいでしょう。学園青春ドラマで、恋愛ストーリーもあり、現代的なので中高生から大人まで楽しめる作品です。

・英文抜粋
‘My life is hell!’ Ryan thought. Most days weren’t good, but today was worse than usual. He walked out of the corner shop with a packet of cigarettes.
(「俺の人生は地獄だ!」ライアンは思った。大方の日は良くないし、今日は更に悪い。彼はタバコと一緒に角の店から歩いて出た。)

バレエにのめり込む少年の青春物語

▼Billy Elliot

・ストーリ概要
映画「リトル・ダンサー」の小説版。1984年、イギリス東北部ダーラムの炭坑町で、男らしい父や兄との違いや、バレエに惹かれていく自分に悩みながらも、バレエに向き合おうとするBillyの姿に心打たれるハートウォーミングストーリー。

・作品の評判
2000年に劇場公開された「リトルダンサー(Billy Elliot)」の簡約版。映画は50近い賞を獲得し、その後ミュージカルなどにもなっています。小説は英語学習者用に刊行されたものなので、とてもわかり易く洋書初心者にもお勧めです。

・英文抜粋
My brother Tony is stupid, but he likes good music. I listen to his record before school when he and my dad are our on the picket line.
(僕の兄、トニーは馬鹿だけど、聴いている音楽はいい。僕はトニーや父さんがストで家を空けているときに、トニーのレコードを聴くんだ。)

読み終わった時、心に温かいものが残る良書

▼The Piano

・ストーリ概要
農場で働いている少年はある日、倉庫で古いピアノを見つける。ピアノをひいたことがないのに指がピアノに触れた途端、彼は演奏を始める。

・作品の評判
英語学習者用の洋書シリーズ「Oxford Bookworms Library」の中でもベストセラーに入る評判の小説です。心温まるストーリーで、読みやすく、一気に読むことができる良書です。

・英文抜粋
It was Sir Anthony’s eightieth birthday concert and everybody wanted a ticket. I had a special ticket, because I was a newspaper reporter. I wanted to talk to the famous pianist before his concert.
(今日はアンソニー氏の80歳の誕生日コンサートでみんながチケットを欲しがっていたが、私は特別なチケットをもっていた。なぜなら私は新聞のレポーターだったからだ。私は彼のコンサートの前にその有名なピアニストと話したかった。)

村上春樹好きは是非挑戦してほしい

▼Hear the wind sing (邦題:風の歌を聴け)

・ストーリー概要
大学生の”僕”が、夏休みに東京から故郷に里帰りし、”鼠”というあだ名の友人と過ごす18日間の物語。二人は中国人のジェイが経営するジェイズ・バーで毎晩のようにビールを飲みながら、ジュークボックスから流れるレコードを聴き、日々は物憂げに過ぎていく。

・作品の評判
村上春樹といえば毎年のようにノーベル文学賞の最有力候補とされ、国際的な賞も多数受賞している人気作家。そんな彼のデビュー作が「風の歌を聴け」です。短い作品である上、作者が「最初は英語で書いて、後から日本語に訳した作品」というだけあって、英語でもとてもテンポよく読みやすい作品です。

英文抜粋
There’s no such thing as perfect writing. Just like there’s no such thing as perfect despair.
(完璧な文章などと行ったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。)

まとめ

英語の本を読む事は、もちろん英語の学習にもなりますが、それ以上に人生の楽しみの幅が広がる事だと思います。勉強だと思わず肩の力を抜いて、是非新しい趣味を始めるという感覚で洋書を手にとって見てください。最近はKindleなどのアプリで簡単に洋書を持ち運べるようにもなっていますので、手軽に気軽に読書を楽しんでくださいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら