TOEIC はビジネス向けなんて嘘?実用的な英語力を身につけたい人こそ、TOEIC学習をオススメする理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEIC対策には「TOEICテスト公式問題集」がベスト

TOEICを学習している人なら、だれもが一度は「TOEICテスト公式問題集(以下、公式問題集)」を手にしたことがあるのではないでしょうか。多くのTOEIC講師の方たちが口を揃えるように、私も「公式問題集」がベストのTOEIC学習書だと思います。

TOEICではテスト問題が公表されていません。また、テスト問題の漏洩等もかたく禁じられています。こうした状況からも、テスト問題の製作元であるETS(Educational Testing Service)がTOEIC対策用に出版している「公式問題集」が最も信頼の置ける学習書だと言えるのです。

公式問題集一冊を使いこなせば800点は目指せる

TOEICが2016年5月に新形式に移行して以来、6種類の公式問題集が発売されてきました。

この中から自分に合う一冊を選び、徹底的に使いこなせばTOEIC800点も十分に狙えるでしょう。公式問題集は、「問題集」として使うのではなく、「学習書」として使うことがポイントです。つまり、問題を解き、間違えた問題の解説を読んで終わってはいけません。

公式問題集には実用度の高い語彙や表現が数多く散りばめられています。正解を得るために必要な箇所だけを読むのではなく、本文全体はもちろんのこと、不正解の選択肢もすべて理解するようにしましょう。

日常生活で役立つTOEICの表現

TOEICテストの優れている点は、単なるテスト対策にとどまらず、英文そのものが非常に実用的であるというところです。また、問題の内容や背景も頻繁に日常生活で遭遇するシチュエーションのみで構成されています。   

「TOEICはビジネス英語」という思い込みをされている方もおられるかと思いますが、実際にはそのようなことはありません。オフィスでの会話や仕事上のメッセージなども問題に含まれますが、それらはあくまでも日常生活におけるひとコマとして使用されているだけです。「歯科医の予約変更」「図書館のボランティア募集」「ケータリングサービスの確認事項」など日常生活で非常に役立つシーンで構成されているのです。

リスニングセクションは「音読」学習にピッタリ

TOEICリスニングセクションは、パート1(写真描写問題)、パート2(応答問題)、パート3(会話問題)、パート4(説明文問題)の4つのパートに分かれています。すべてのパートが「音読」学習に非常に向いています。

パート1とパート2は短文を中心に構成されています。それらを音読することで英語特有の言い回しが身につきます。例えば、パート1では「車が道に沿って停められている」写真が出てきます。よくある正解となる選択肢は “Some vehicles are parked in a row.” などです。TOEIC教材を用いるからこそ、他の英語学習書では抜けてしまいがちな、vehicles、are(be) parked、in a row などの表現が身につくのです。

パート3とパート4は長文が中心となります。一部聞き取りにくい箇所なども出てくると思います。そのような時は解説のスクリプトと日本語訳を参考にしてしっかり理解してから「音読」しましょう。意味のわからない英文をただ声に出しても、効果が薄くなってしまいます。

リーディングセクションで「語彙力」アップ

繰り返しになりますが、TOEICで使用されている語彙は、非常に標準的で実用的だといえます。中学・高校の教科書レベルの英単語が大半で、使用頻度の低いものはほとんど含まれていません。ですので、効果的に実用的な語彙力をアップさせていくことが可能になるのです。

TOEICリーディングセクションは、パート5(短文穴埋め問題)、パート6(長文穴埋め問題)、パート7(読解問題)で構成されています。これら全ての問題を、テスト問題のように読むのではなく、文学作品のように「読みもの」として精読することで、読解力アップにもつながっていくはずです。

~ さいごに ~
「音読」を通してTOEICスコアを向上させることを狙いとした、拙著『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』(かんき出版)が2017年12月11日発売されました。どうぞよろしくお願いします。

mrnishidai_book_review

『「音読」で攻略TOEIC L&Rテスト でる文80』

・著者:西田 大
・発売日:2017/12/11
・出版社:かんき出版

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら