最近話題の「小学校英語教育」。保護者としてとるべきスタンスは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iStock-838152526

最近、小学校の英語教育が何かと話題になります。その最大の要因は「学習指導要領」というものが改訂され、その中で「英語教育の強化」がポイントにあげられているからです。

「学習指導要領」とはあまり馴染みのない言葉のように感じられる方も多いかもしれませんが、文部科学省が各学校でカリキュラムを作成するときの基準を定めているものです。この内容が改訂され、2020年度から導入されていくのです。

不安に感じられている保護者の方にご一読いただければと思います。

具体的に小学校で行われることとは・・・

大きく分けて2つのことが実施されます。
一つ目は5、6年生では英語が「教科」になります。今まで小学校で行われていた英語の授業は「外国語活動」と呼ばれ、英語を聞いたり話したりして、英語に慣れ親しむことに主眼が置かれていました。これからは正式な「教科」となり、他の教科と同じようにテスト等が行われ成績がつけられます。コミュニケーションの基礎を育成する目標のもと「聞く・書く・読む・話す」といった英語4技能を身につけるための授業が週2回程度行われることになるのです。

二つ目は、今までは5、6年生で行われていた「外国語活動」が3、4年生で開始されるということです。週1回程度英語に慣れ親しむ授業が3年生からスタートします。

英会話スクールや学習塾に通う必要は?

私に寄せられる質問で一番多いのがこの質問です。確かに一昔前と比べると、明らかに小学生対象の英語スクールも増加してきています。私の住む地域では、ショッピングセンターなどの大規模な商業施設には必ずと言っていいほどこの手の英語スクールが入っています。保護者の方の間でも非常に大きな関心があるようです。また都心部では英語のネイティブスピーカを配置した幼稚園や保育園もあるそうです。

まず、この質問に対する私の意見ですが、「英語を習わせる」目的では通う必要はないと思います。一方で、「英語好きにさせる」目的での入塾は十分にありだと思っています。つまり、この時期に「英語に興味を持つ」。この気持ちが一番大切なのです。

私の周りを見渡してみても、勉強が得意で超難関大学に入学した同級生は小さいころから勉強が好きでした。プロにはなれませんでしたが、社会人野球界で活躍し、現在も、ある有名高校の野球部監督を務めている同級生も、小学生の頃は野球が大好きでした。このような気持ちを子供の中に育んであげることが、英語教育においても最重要課題であると私は思います。

保護者の方がとるべきスタンスは?

この件について、私がよく見る状況は、保護者の方ご自身が英語に苦手意識を持っておられる状況です。「自分が英語を話せないので、子どもには英語で苦労してほしくない。だから、小さなころから英語を得意になっていてほしい」などと思われている方が多い気がします。

まず、この記事を読んでいただいていて、ご自身の英語力に自信がないお父さんお母さん世代の方に思い出していただきたいことがあります。「ご自身が学生時代の英語の授業において、読む・書く・聞く・話すの割合はいかがでしたか?」平均的な割合は、読む:80%、書く:15%、聞く:5%、話す:0%といったところではないでしょうか。

大学入試センター試験においても、2006年度まではリスニング試験もありませんでした。ちょうど現在30歳以上の方はセンター試験も「読む」1技能の英語教育を受けてきたわけです。「英語が話せない」のは当然ではないでしょうか?

現在の小中学生が学んでいる英語授業は先述した通り読む・書く・聞く・話すの4技能がバランスよく教えられています。きっとこの子供たちが大人になるころには「英語が話せない」日本人の割合は減っているはずです。

最近何かと話題になる小学校英語教育ですが、保護者の立場としては、英語に興味を持つための機会を与えてあげ、あとはじっと見守ってあげるスタンスが大切だと私は思います。

リップルキッズパーク リップルキッズパークは2009年にオープンした“子ども専門”のオンライン英会話スクールです。「アルファベットが分からない」お子様から高校生まで楽しく学べるように子どもに特化したサービスを提供しています。 お客様満足度99.4%のリップキッズパーク、まずは無料でお試しください。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら