アニメで英会話力アップ!~おさるのジョージ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読了目安:3分

ネイティブの会話スピードに慣れ、日常会話特有のフレーズを身につけるには、洋画や海外ドラマを「英語音声+英語字幕」で大量に観るのがおすすめです。

とはいえ、「いきなり洋画や海外ドラマに挑戦するのはハードルが高い」「分からないフレーズが多すぎて挫折してしまった」という初心者の方も多くいらっしゃいます。そんな方は、10分程度のアニメから始めてみてはいかがでしょうか?

短編アニメも使えるフレーズの宝庫

子供向けだからと言って侮ることなかれ! 大人向けの映画やドラマに比べると明瞭で聞き取りやすく、スラングも少ない傾向はあるものの、会話スピードは十分ナチュラルで、フレーズもそのまま日常生活で使えそうなものばかりです。
10分程度のアニメであれば、多少知らない単語やフレーズがあってもストーリーが追いやすいですし、辞書で調べるのもそれほど苦痛にはなりません。洋画や海外ドラマへ挑戦する足掛かりとしてもぴったりです。

george

私のいちおしアニメは、毎週土曜午前8時35分からEテレで放送中の「おさるのジョージ」。毎週子供と一緒に英語音声で見ています。リスニングの力試しも兼ねて、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

DVD「おさるのジョージ とんでけー!」に収録されている「ホネホネパズル」というエピソードから、使えるフレーズをご紹介しますね。

定番フレーズを使ってみよう

s1

博物館で化石を組み立てる仕事を手伝うことになった黄色い帽子のおじさん。
そばで遊んでいたジョージがおもちゃの飛行機をぶつけてバラバラにしてしまい、落ち込んでいると…

—–
黄色い帽子のおじさん:Just because it came apart doesn’t mean it’s ruined, George.
(バラバラになったからといって、壊れたとは限らないよ)
—–

もっと気軽に!洋画や海外ドラマの“生きた英語フレーズ”をモノにする方法」という記事でもご紹介した定番フレーズで、Just because A (it) doesn’t mean B=「AだからといってBだとは限らない」という意味です。

下記のように、さまざまに応用可能なフレーズですね。洋画や海外ドラマでもよく登場します。
Just because you can doesn’t mean you should.(「できる」からといって「するべきだ」とは限らない)
Just because it’s legal doesn’t mean it’s right.(合法だからといって正しいということにはならない)

同僚との会話でも使えるダイアログ!

ジョージは言葉を話しませんが、黄色い帽子のおじさんと仕事仲間の会話など、そのままビジネスシーンで使えそうなフレーズも数多く登場します。

s2

以下は、恐竜の骨を指示書に従って組み立てている黄色い帽子のおじさんと博士の会話です。

—–
黄色い帽子のおじさん:This skull doesn’t seem right.
(この頭蓋骨は違うようですよ)
博士:Well, it’s correct according to the instructions.
(うーん、指示書によると正しいんだけれど)
黄色い帽子のおじさん:Okay, if that’s what it says.
(オーケー、そう書いてあるのなら)
—–

It(This) doesn’t seem right.(何か違うようです、違う気がします)は、ミスや誤りをやんわりと指摘するときにぜひ覚えておきたいフレーズです。seemは「~のように思われる」という意味なので、直訳すると「正しいようには思われない」。I think it’s wrong.と言い切ってしまうより角が立ちませんね。

It’s correct according to~.(~によると正しいです)というフレーズも、使えるシーンが多そうです。It’s correct according to this document/report.(この文書/報告書によると正しいです)と、根拠を示すことができますね。

If that’s what it says.のsayは、「(文書・標識などに)書いてある」という意味です。
また、If that’s…もさまざまに応用できます。
If that’s the case.(そういうことならば)
If that’s what it takes.(それが必要なことならば)
If that’s what you want.(それがあなたの望みならば)

最後に、緊張している同僚を励ますときに使える定番フレーズをご紹介しましょう。

—–
博士:Oh, I’m nervous.
(ああ、緊張するわ)
黄色い帽子のおじさん:You have nothing to be nervous about whatsoever.
(緊張することなどまったくありませんよ)
—–

You have nothing to~(~することなど何もない)をぜひ覚えておきましょう。whatsoever(どんなことであれ、いかなる)は強調です。より強く励ましたいときに文末に追加し、感情を込めて言ってみましょう。

You have nothing to be ashamed of (whatsoever).(恥じることなど何もありませんよ)
You have nothing to worry about (whatsoever).(心配することなど何もありませんよ)
You have nothing to lose (whatsoever).(失うものなど何もありませんよ=ダメ元ですよ)

いかがでしょうか。約10分のエピソードですが、他にも使えるフレーズが満載です。興味を持たれた方は、ぜひ土曜日の朝Eテレからチェックしてみてくださいね。

▼洋画や海外ドラマを使ったその他の英語学習法はこちら▼
洋画や海外ドラマで“英語漬け”になろう!
もっと気軽に!洋画や海外ドラマの“生きた英語フレーズ”をモノにする方法

※コラム内の映画『おさるのジョージ とんでけー!』のセリフ等に関する著作権は著作権元及び映画配給元に帰属します。Copyright(C)2013 Universal Studios. All Rights Reserved. 配給元/ジェネオン・ユニバーサル

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する