英語で数字はどう表す?大きな数字・分数・少数などの読み方を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に溢れている数字。目で見て理解することはできるけど、英語で読み上げるとなると、「あれ…?これ何て読むんだろう?」と言葉に詰まってしまう方も多いはず。しかし、基礎さえ理解してしまえば「大きな数字」から「小さな数字」まで、誰でも簡単に読めるようになります。

今回は大きな数字、小さな数字、少数や分数など、数字の読み方についての基礎知識を徹底的に解説します。

「大きな数字」を読むために、知っておきたい基礎知識

「一・十・百・千」、「万・十万・百万・千万」……日本語では4桁区切りで数字の読み方が変化しますが、英語で大きな数字を読むときは「3桁区切り」で読み上げます。まずは、3桁までの読み方を正確に理解しましょう。

3桁までの読み方

3桁までの数字を読む際は、百の位とそれ以下を区切って読みます。100の場合は「one hundred」ではなく、「a hundred」という読み方もできます。101のように十の桁が0の場合は、「and」の後に一の位を読むことで自然になります。

〈例〉
112:one/a hundred twelve
906:nine hundred and six

他にも、ホテルのルームナンバーを読む場合は、「305号室」を「room three-oh-five」、「214号室」を「room two-fourteen」と読み上げるなど、特殊な読み方になることもあるのでご注意を。

数字を3桁ごとに区切ることを意識

numbers_markoff
日本語で数字を読む際には、一、十、千、万という桁があるように、数字にも「区切り」となる数字の桁があります。

英語の数字を読む場合、3桁上がるごとに読み方が変わります。最初の百までが「hundred」、千からは「thousand」、百万からは「million」、そして十億からが「billion」です。ここまでの桁を覚えておけば、大抵の場合は困らないでしょう。

大きな数字は「100までの3桁+大きな桁」で読むので、上の図で示した数字は以下のように読みます。

100,000,000,000:One hundred billion

この基本的な桁の読み方を覚えて、練習を繰り返していけば、すぐにコツがつかめると思います。100以上の大きな数字は、3桁ごとに区切ることを心がけてみましょう。

複雑な数字の読み方

複雑な数字を読むのは日本語でもややこしく、英語で読むとなるともう無理!と感じてしまうかもしれません。しかし、これもコツをつかんでしまえばとても簡単なのです。

例えば、149561782986という数字を読んでみましょう。英語では3桁ごとに区切って読むことを思い出してみてください。

numbers_149561782986
図にしてみるとこのように表記できます。そのまま区切ったカンマごとに区切って読んでみると、この数字は「One hundred forty nine billion」「Five hundred sixty one million」 「Seven hundred eighty two thousand」「Nine hundred eighty six」に分けられます。これらを繋げて読むだけなので、その正確な読み方は以下のようになります。

【答え】
One hundred forty nine billion, five hundred sixty one million, seven hundred eighty two thousand, nine hundred eighty six

では、練習として、以下の数字を読んでみましょう。

① 890,455,323,780
② 34,230,886,444

【答え】
① Eight hundred ninety billion, four hundred fifty five million, three hundred twenty three thousand, seven hundred eighty

② Thirty four billion, two hundred thirty million, eight hundred eighty six thousand, four hundred forty four

thousand, million, billionがそれぞれいくつめの桁なのかをきちんと覚え、それぞれの桁を正確に読み上げることができれば、数字を読むのは簡単になります。英語はカンマの数で桁がわかるので、数字が大きくなればなるほど、日本語よりも簡単に読みあげることが出来ます。

年号はどのように読む?

numbers_year
大きな数字が読めるようになったところで、年号の読み方も覚えてしまいましょう。「年号」は書籍や新聞を読んでいても頻繁に出てくる数字なので、さらっと読めるようになりたいですね。

年号は基本的に2桁ずつに区切って読みますが、注意すべき点が2点あります。1900年など、後ろ2桁が00の場合には「hundred」を使って読むこと。そして、2006年など千と一の桁だけの場合、千と一の桁だけを読むことです。

〈例〉
1800:eighteen hundred
1994:nineteen ninety-four
1906:nineteen-oh-six(※06はoh-sixと読む)
2001:two thousand one
2016:two thousand sixteen

「2000年までの年号は基本的には2桁で区切る」という基本を理解していれば、年号も簡単に読むことができます。これで読書や新聞を読む時もスラスラと読むことができるはずです。

少数と分数の読み方

大きな数字の次は、「小さな数字」を読んでみましょう。少数と分数の読み方も、コツを掴めば簡単に読むことができるようになります。

少数の読み方

少数点は英語で「point」と読みます。小数点以下の数字は1つずつ読み上げるだけなので、とても簡単です。整数が0の場合は、省略して「point」以下だけを読んでも間違いではありませんが、「zero point〜」と読んだほうが伝わりやすいでしょう。

〈例〉
3.14:Three point one four
0.97:zero point nine seven

分数の読み方

分数の読み方にはいくつか種類がありますが、最もよく使われる読み方は「序数」を使うものです。序数とは「First, Second, Third, Fourth」といった、順番を数える時に使うもので、数字のあとに「th」を付けるのが基本ですね。分数を英語で読む際には、分母を序数にします。ここで注意すべきなのが、分子が2以上になった時は分母の序数を複数にすることです。

〈例〉
1/3:one third
2/3:two thirds
7/10:seven tenths

例えば「2/3」の場合、「1/3」が2つ集まっているから複数形になっていると考えれば、楽に理解できますね。他にも、「1/2」は「one half/a half」、「1/4」は「quarter」と表すなど、一部特殊な読み方があるということだけ覚えておきましょう。

〈例〉
1/2:one half/a half
3/4:three quarters(=three fourths)

「比」や「倍数」はどう読む?

numbers_ratio
数字に関する表現はまだまだたくさん!中でも、「比」や「倍数」は、仕事の書類を読む際に出てくることも多いので、覚えておいて損はないでしょう。特に倍数は、普段の会話の中でも使うことが多い表現なので、ぜひ自分から使えるまで定着させておきたいものです。

比の読み方

「この班の男女比率は3対2です」など、日常的にも比にまつわる表現を使うことはたくさんあります。日本語では「数字 対 数字」で表される比は、英語では「数字 to 数字」と表現されます。

〈例〉
「3:2」……three to two

倍数の読み方

他にも押さえておくべきなのが、「2倍」「3倍」「4倍」などの倍数表現。日常的な会話の中でも使われますし、データを示す書類でも頻繁に見られる数字表記です。データ系の情報に触れることが多い人はぜひ覚えておきましょう。

基本は簡単で、「〜倍」と言いたい時には「〜times」と表せば良いだけですが、2倍だけ「twice」という単語が別にあるので、そちらを利用しましょう。

〈例〉
今月の売り上げは通常よりも5倍多い。
We sold 5 times as much as normal this month.
日本の人口はこの国よりも2倍多い。
The population of Tokyo is twice larger than that of our country.

まとめ

「数字の読み方」は、その国の言語文化の基本となる部分なので、外国語圏でビジネスをしたり、日常生活を送ったりする上で必要不可欠となります。文面では理解できても、自分が話すときや、また他の人が話した数字を聞き取る時に意味がわからない…なんてことがないように、必ず覚えておきたいところですね。

一見、ややこしいルールが沢山あるようにも感じられる「数字」ですが、練習を繰り返すうちにちゃんとマスターできるはずです!

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら