グローバル人材の素養は英語と〇〇!多様化するビジネス環境で生き残るための新しいリーダーシップとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い間、ガラパゴス社会と言われていた日本のビジネス界にもグローバル化の波が押し寄せている。外資系企業の進出や労働者の流入、日本に住む外国人の数は目に見えて増え、2015年6月現在、東京都の総人口に占める在住外国人の割合は3%を超えている〔出典:東京都生活文化局〕。

様々な人種、国籍、バックボーンを持つ人たちが行き交うオフィス。一昔前までは、自ら海外に打って出なければ経験することのなかった“国際的な”職場環境が、あなたの目の前までやってきている。出自や育ってきた環境の違う上司や部下、同僚に囲まれる日が来たとき、真に求められる資質や、本当に役立つ実践的なスキルとはどんなものだろう?

そこで今、“人種のるつぼ”であるアメリカで注目されているのが『インクルーシブ・リーダーシップ(inclusive leadership)』という新しいリーダー像だ。


ここから先はRareJob English Lab メールマガジン(無料)にご登録いただいた方限定コンテンツとなります。ご登録いただくとメールで記事の続きをお届けします。

▼登録後読めるコンテンツ
・常識や文化の違いが浮き彫りになるグローバル時代に求められるリーダー像とは?
・ダイバーシティ・マネージメントでまず最初に必要なこと
・グローバル人材に必須の3つの力とは

(※すでにメールマガジンにご登録の方もご利用いただけます)


Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。