英語が話せると海外旅行が100倍楽しくなる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レアジョブ英会話では7月1日(水)に新教材「トラベル英会話教材」をリリースしました。今週は、トラベル英会話教材リリースを記念し、旅行にまつわる英語のコラムをお届けします。

英語が話せると海外旅行が100倍楽しくなる3つの理由

私は大学在学中に海外旅行の虜になり、現在旅行した国は29カ国になりました。
海外旅行にハマる理由は人によって違うと思います。今まで見たことのない景色を見るのが好きな人、海外の料理を食べるのが好きな人、日常から抜け出したい人。
私の場合は、海外旅行を「楽しい」と思う一番の理由は
「英語のおかげで色々な人と話せるから」です。

そこで、今回は英語が話せると海外旅行がより楽しくなる理由をエピソードと一緒に紹介したいと思います。

1.英語を話せる人は思っているより多い

2vietnam

私が海外旅行に出てまず驚いたのは、英語を話せる人は思っているよりずっと多いということです。
日本では「英語は留学しないと話せるようにならない」という考え方を持っている人が多く、私もそれを当たり前だと思っていました。

でも、東南アジアに旅行すると、海外に行ったこともないのに、英語がペラペラな人の多さに驚愕しました。
「現地の言葉しか出来ないのと、英語が出来るのとではお給料が何倍も違うので必死に勉強した。」と話す人も多かったです。

例えば、ホテルのバーテンダーをやっているフィリピン人は、お客さんと英語を話して仲良くなればチップを弾んでもらえるので必死に英語を勉強するそうです。
外国人観光客が軽くチップを渡したつもりでも、現地の紙幣価値ではすごく高くなるため、現地の基準からするとかなり「高給取り」です。

また、ヨーロッパでは国によっても差がありますが幼稚園から英語の勉強を始める国も多く、英語を話せる人が多いと感じました。

「どうして英語が話せるの?」と聞くと、平然と「学校で習ったから」
と返してくる人も多かったです。

2.現地の人に「意外な」話を聞ける

3vietnam

私は、海外旅行ではカウチサーフィンという旅行者と現地の人をつなぐインターネットのSNSを使うことが多いのですが、それをきっかけにして現地の人にローカルのレストランに連れて行ってもらったり、穴場の観光地に連れていってもらったりして、楽しんでいます。

観光地や美味しい料理を食べるのも、もちろん良い経験なのですが、
その合間の「おしゃべり」が私にとっては旅行の醍醐味です。

例えば、インドに行った時にはローカルの女の子と
「お見合い結婚」の話になり、「お見合い結婚したい、全然嫌だと思わない」
どうしてかというと、「その分、恋愛以外のことに集中できるし」
という考えたこともなかった回答が返ってきて驚かされました。

討論好きで有名なドイツ人に、「日本ではクラブで踊るより、カラオケに行く人の方が多い。」
と言うと、「それはおかしい」と言われ、「いかにクラブがカラオケより楽しくて、人間にとってより自然なのか」を語られたのも良い思い出です。

綺麗な観光地に行った時には、その時には感動するのですが、
後になって振り返ると思い出すのは、人と話して興味深かった話ばかりです。

英語のできないベトナム人に一日観光に連れて行ってもらったこともあるのですが、
「話せればもっと楽しいのにな。」と残念な気分になりました。

3.旅行中の外国人と意気投合できる

4beijing

海外旅行に行った時に、ローカルの人以上に友達になりやすいのは同じく「旅行中の人達」です。

海外のユースホステルに泊まれば、「どこから来たの?」とすぐ会話が始まります。
旅行中に会っていることもあり、お互い「旅行」や「異文化」が好きだったりと、
来た国は違っても、「共通の興味」があるので、仲良くなりやすいです。

行きたい観光地が同じであれば、一緒に行って楽しむこともできるし、
一人旅の者同士みんなでご飯に行ったら、全員違う国の出身で、各国の比較話で盛り上がることもよくあります。

また、旅行先で仲良くなった子と別の国で再会できることもあります。実際に、ベトナムで知り合って意気投合したドイツ人の姉妹の家に、1年後のドイツのビール祭りの際にお世話になったこともありました。

逆に、「日本に遊びに来たから会おう!」という連絡を貰うことも多いです。

もっと海外旅行を楽しんで欲しい

大学生時代、英語のおかげで思いっきり海外旅行を楽しめた私は、ついに旅行ではもの足りなくなり、現在は中国で働いています。
ルームメイトは、ウクライナ人、フランス人、ギリシャ人に中国人。
1日で英語、中国語、日本語の3ヶ国語を話す生活をしています。
日本に住んでもそれなりには幸せなんだろうな。と思いつつも、
やっぱり今の自分には「刺激溢れる」海外生活が快適です。

海外に住むのは、人によって向き不向きがあると思いますが、
少なくとも、英語を話せるようになると海外旅行は何倍も楽しくなるので、もっとたくさんの人に英語を使って海外を楽しんで欲しいな、と思います。

5china

レアジョブ英会話では「トラベル英会話教材」をご利用いただけます。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら