プラスドライバーでは通じません― DIY英語を学んで本場海外のDIYを楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはDIYがお好きですか?近年、お家時間が増えたことで時間に余裕が生まれ、「素敵なお部屋で過ごしたい」という気持ちが高まって、DIYを楽しむ人口が急激に増えているそうです。DIYの本場といえばイギリスやアメリカなどの海外。インスタグラムなどで海外のDIYを参考にする方も多いでしょう。そこで今回はDIYにまつわる英語表現をまとめてご紹介したいと思います。英語を通じて海外の素敵なDIYを真似しましょう!

DIYで必須の英語表現

DIYとは「Do it yourself」の略。直訳すると「自分でそれをやる」という意味。既製品を買ったり業者に頼んだりするのではなく、自分でできることは何でもやってしまおうという言葉で、戦後のイギリスがその言葉の発祥だそうです。

そんなDIYで必須の英語表現をまずはマスターしていきましょう。

ホームセンター:DIY store、home improvement store

DIY store has everything you’d need.(ホームセンターで必要なものは何でも揃います。)

DIYをするならまず足を運ぶのがホームセンターですよね。しかし「ホームセンター」は和製英語で、海外では通じません。英語では「DIY store」「home improvement store」などといいます。その他にも「hardware store」や「warehouse」などを表現することがありますよ。

くぎ:nail

Could you hammer nails?(かなづちで釘を打ってくれますか?)

打ち付けるくぎを「nail」といいます。爪を表す「nail」と同じ単語、発音ですので気をつけましょう。釘を打つは「hammer nails」。「hammer」は名詞なら「ハンマー」「かなづち」、動詞なら「かなづちで〜を打つ」という意味になります。

なお、くぎに似たもので、ねじやビス、ボルトなどは下記のように表現します。

screw ねじ、ビス
bolt ボルト
nut ナット(留めネジ)

のこぎり:saw

Please use your saw for cutting wood or wooden objects only.(のこぎりは樹木や木製品を切る場合にのみ使ってください。)

「木をのこぎりで切る」と表現する場合、「cut wood with a saw」と表現します。また「saw」だけで「のこぎりで切る」という動詞の意味もありますので、「saw wood」と表現することもできますよ。なお例文の「object」は「もの」という意味があり、「wooden object」で「木製のもの」ということになります。

ところで、のこぎりの種類も色々ですよね。実際は手ノコなのか、電動ノコギリなのかなどをはっきりさせるために、下記のような具体的な表現で使い分ける必要があります。のこぎり関係の英単語は下記です。

hand saw 手のこぎり
power saw 電動のこぎり
hack saw 弓のこぎり
jigsaw ジグソー
coping saw 糸のこぎり
miter saw マイターソー(角度切のこぎり)
circular saw 丸のこ
saw blade のこぎり刃

ドライバー(ねじ回し):screwdriver

Hand me the Phillips-head screwdriver.(プラスドライバーを取ってくれ。)

ねじを回し入れる際につかうドライバーは、「screwdriver」と言います。「driver」だけでは通じませんので注意しましょう。また、ドライバーにはプラスドライバーとマイナスドライバーがありますが、こちらも「plus driver(☓)」「minus driver(☓)」とは言いません。プラスドライバーは「Phillips (head) screwdriver」、マイナスドライバーは「flat-head screwdriver」といいます。プラスドライバーは「Henry Phillips」というプラスドライバーを世に広めた人物にちなんでいるそう。なお、「〜をとって」という時は例文のように「hand me 〜」という表現が便利ですよ。

ところで最近は手で回すドライバーではなく、電動ドライバーが安く広く普及していますよね。電動ドライバーなどの電気工具は下記のように表現しますので、こちらも参考にしてください。

electric driver 電動ドライバー
drill driver ドリルドライバー
impact driver インパクトドライバー
drill bit  ドリルビット
electric sander 電動サンダー

巻き尺:tape measure

Would you mind holding the end of the tape measure?(巻き尺の端を持っていてくれますか?)

DIYに欠かせないのが測る作業です。巻き尺は大きいものを測るのに最適です。「メジャー」は日本語にもなっていますが、英語では「tape measure」といいます。また、「measure」は「測る」という動詞の意味もあり、「measure 〜 with a tape」で「巻き尺で〜を測る」という表現もできます。

測る道具も下記のように様々です。

carpenter’s square さしがね
caliper のぎす
convex コンベックス
linear scale 直尺
level 水準器(水平器)

紙やすり:sandpaper

Let’s polish the surface again with 200-grit sandpaper.(200番の紙やすりで表面をもう一度磨こう。)

切ったら磨くという作業もDIYでは欠かせません。紙やすりは「sandpaper」といい、「紙やすりをかける」という動詞は「sand away」「sand down」などの表現があります。ヤスリにも色々な種類があり、たとえば爪ヤスリを掛ける時には「紙やすり」は使いませんので、「sand」ではなく、「file(爪やすりをする)」という動詞をつかいますし、尖った目の荒いヤスリなどを使う場合には「rasp」という動詞を使います。

紙やすりで定番なのが目の粗さを表す番号ですが、これを「grit」という言葉で表現し、「80番のヤスリ」であれば「80grit sandpaper」と言いますよ。

ヤスリの種類には他にも下記の様な表現があります。

file やすり
emery cloth 布ヤスリ
water-resistant sandpaper 耐水紙ヤスリ

海外DIYerのSNSを楽しもう

DIYといえばアメリカやヨーロッパなどの海外が本場。SNSを見ていると、自分にもできそうな気がして、夢が広がりますよね。SNSを見ながら英語を観たり聞いたりすることで英語力の向上も期待できます。海外のインテリアが好きな人にオススメのDIYerをご紹介します。

Comestayawhile

アカウント:@comestayawhile

@comestayawhileのアカウントを運営するAmandaは、家中のリモデルを素敵にこなす人気インスタグラマー。ペンキを塗るだけの簡単なものから壁を作る上級編まで色々なお家DIYをポストしています。

Paint your hallway doors for an upgrade that makes a BIG impact for a small price.(廊下のドアに色を塗って、少しの金額で大きく印象が変わる改修!)

Budget-friendly half bathroom makeover for under $100!(100ドル以下の安い予算でトイレの半分が変身!)

ourwintonhome

アカウント:@ourwintonhome

@ourwintonhomeのMorganが魅せるDIYは、真似できそうなお家のデコレーションが豊富。季節に合わせて家の中や玄関などを装飾する様子は見ていて外国感を感じることができ、とても楽しいですよ。

Here is our Christmas porch!(これが私達のクリスマス用玄関よ!)

Simple and easy kitchen decor! I thought the faux artichokes were so cute!(シンプルで簡単なキッチンのデコレーション!偽物のアーティチョークがとってもかわいいと思う!)

craftedworkshop

アカウント:@craftedworkshop

@craftedworkshopは小さな小屋を建てたり工具を使いやすく改造したりと、本格的なノウハウが詰め込まれたアカウント。作っていく過程がリアルに見られるのでイメージがしやすく、本格的なDIYを目指している方にはオススメです。

Installing subway tile for the first time!(サブウェイタイルを初めて取り付けた!)

The Not So Tiny House is really starting to take shape, and it almost looks like a real, functioning house!(“そこまで小さくない家“が実際に形になってきた。そしてもうほとんど本物の、機能する家だよ!)

DIYの英語表現がわかったら

日本のホームセンターの売上高が2020年に急上昇するなど、DIY人口は急激に増えています。趣味のDIYを、英語を交えながら楽しめれば一石二鳥。ぜひDIY英語を学んで、お気に入りのDIYerをSNSでフォローし、素敵なDIYライフを楽しみましょう。

そしてもっとDIYについて英語で話したいと思ったら、レアジョブ英会話がおすすめ。まずはレアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

お金をあまりかけずに英語を話せるように
するならオンライン英会話が有効です

英語を学んできたのに、いざ話そうとなると全く言葉が出てこない、その原因は圧倒的にアウトプット量が不足していることにあります。
英会話の経験量を増やしたいなら断然オンライン英会話がおすすめ。1日25分だけ英語を話す習慣が鍵を握っています。高いお金を払って海外留学する必要はないのです。

無料登録しておくとお得な情報が届きます

今すぐ無料体験する

最適な学習サイクルが
レアジョブ英会話ひとつで完結

レアジョブ英会話の新しい学習体験 レアジョブ英会話の新しい学習体験

レアジョブ英会話なら、会話量を増やせるレッスンはもちろんのこと、確実に英語を聞き取れるようにするトレーニングコンテンツ『ソロトレ』や一歩一歩英語力を積み上げられるオリジナル教材など、オンライン英会話市場で長年培ってできた優れたコンテンツを豊富に取り揃えています。(追加料金なし/教材は誰でも無料!)苦手を克服したいなら使うべき選りすぐりのコンテンツです。

今すぐ無料体験する

※「ソロトレ」は有料会員様のみご利用いただけます

利用者インタビュー

無料登録~7日以内なら
初月半額ではじめられます

今すぐ無料体験する

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する