英検2級のTOEIC換算スコアは?どちらを取っておくのが有利か、違いや対策も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の資格としてポピュラーな英検ですが、2級以上の資格を持っていることで昇給や転職などで有利になったり、進学の際に優遇されたりといった恩恵を受けられることが多々あります。英検と同じくメジャーな英語試験であるTOEICも、ある程度のスコアを取っていることで同じようにメリットがありますが、どちらを取得しておくのがよいのかと悩んでいる人はいませんか?そこでそれぞれの目的に合わせて、どちらを取得するのかよいかのヒントをお伝えしていきます。英検2級をTOEICのスコアに換算するどのくらいなのかや両者の違い、それぞれの対策などを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

英検とTOEICの違いは受験者層と試験内容

英検とTOEICの主な違いは、受験者層と試験内容です。以下で詳しく紹介します。

受験者層の違い

文部科学省が後援する英検は正式名称が「実用英語検定」で、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を測る日本人のための英語の資格試験です。1級から5級まで7段階のレベルがあり、幅広い年代が受験しています。

一方TOEICは世界共通のテストであり、日常生活やビジネスシーンで使える実践的な英語力を測定することが目的です。、TOEICのスコアは、就活での募集条件や、昇進、海外赴任の条件として活用されているので、大学生や社会人が多く受験しています。

試験内容の違い

英検では各級の一次試験でリーディングとリスニングの試験があり、加えて1級~3級ではライティングと、二次試験の面接でスピーキング力も試されます。

対してTOEICは「読む・聞く」力が試される「リスニング&リーディングテスト」、「話す・書く」力が試される「スピーキング&ライティングテスト」、初級者向けの「ブリッジテスト」の3種類あります。その中で、日本企業や学校が英語力を測る基準としてよく利用するのが「リスニング&リーディングテスト」です。4技能が試される英検に比べると2技能なので、TOEICの方が対策範囲が限られていると言えます。

英検2級はTOIECに換算すると550〜

級でレベルを表す英検に対し、TOEICはスコアで評価されますが、英検2級はTOEICに換算するとおよそ550点〜780点の間(※1)です。

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会によると(※2)、英検2級を取得した人のTOEIC平均スコアは517点で、ボリュームゾーンは445〜495点と495〜545点が突出しています。TOEICにおいて日本人の平均スコアは500点台なので、英検2級はTOEICの平均レベルとも考えられます。

(※1)出典:各試験団体のデータによるCEFRとの対照表|文部科学省

(※2)出典:TOEICスコアと英検2級取得者の関係|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

英検2級とTOEIC、転職や留学で有利なのは?

英検とTOEICでは、受験対象や試験内容が違うので、それぞれ有利になる場面も異なります。英検は、受験や留学で有利になることが多いです。特に受験においては、「英検〇級以上で加点の対象」などの優遇措置も少なくないので、受験生は事前に調べておくことをおすすめします。

一方、TOEICは就職や転職で役立つ場面がよくあります。ビジネスシーンでの英語に特化しているので、就職や転職、昇進の際にTOEICのスコアを参考にする企業もあります。ただし、英語力の高さを示すためには600点以上のスコアを持っている必要があります。

英検2級の対策とおすすめの参考書

ここからは英検2級取得を目指す人におすすめの参考書・問題集を紹介します。関連の参考書は多数存在するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

英検2級の単語・文法

英検2級 でる順パス単」は頻出英単語が出題されやすい順番にまとめられた単語帳で、すべての見出し語に例文がついています。単語を使った具体的なシーンを想像することで、記憶に定着しやすいでしょう。無料で音声ダウンロードができるので、ちょっとしたスキマ時間に聞きながら覚えるとさらに効果的ですよ。さらに、付録の「単語帳」では、本書で覚えられなかった単語を書き込んでオリジナルの単語帳として利用できるので便利です。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 旺文社
出版社 旺文社
価格(税込み) 1,485円

英検2級のリスニング

英検2級をひとつひとつわかりやすく」は「いちばんやさしい英検対策書を! 」というコンセプトで作られた人気シリーズです。イラストをふんだんに使用しながら、英検2級に必要な内容がわかりやすく学習できるようになっています。基礎から学んでいきたいという人にぴったりです。解説だけでなく、練習問題や模擬試験も多数収録されており、解説は全和訳つきなので安心ですよ。

おすすめレベル 初級~中級
著者 柳瀬 実佳
出版社 学研プラス
価格(税込み) 1,595円

英検2級のリーディング

英検2級総合対策教本」は初めて英検2級を受ける人に向けて作られた総合対策本です。受験申し込みから二次試験まで、英検2級を取得するにあたって必要な情報が1冊に濃縮されています。模擬試験も収録されているので、まずは自分の実力をチェックしましょう。過去問の分析に基づいて出題傾向もまとめられており、出題傾向を把握することで効率よく学習できます。例題と解説が多めなので、この本を一通り確認したら問題集などで演習するのがおすすめです。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 旺文社
出版社 旺文社
価格(税込み) 1,760円

英検2級のライティング

英検分野別ターゲット 英検2級ライティング問題」は試験形式や過去問の分析をもとに作られた1冊。採点ポイントがまとめられ解説も丁寧なので、英作文の初歩から学ぶことができますよ。模範解答は2パターンあるので、自分に合った書き方を模索できます。ライティングの配点は一次試験の中でも比率が大きいため、全体のスコアが伸び悩んでいる人は英作文を徹底攻略することで英検合格への近道となるでしょう。この本で英作文の書き方を押さえてみてください。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 旺文社
出版社 旺文社
価格(税込み) 1,430円

英検2級のスピーキング

最短合格! 英検2級 英作文&面接完全制覇」は英作文と面接の対策がまとめられた本です。 初めて受験する人でもわかりやすく、模範解答と丁寧な解説で合格に必要なポイントを学べます。オリジナルの問題が10セット収録されているので、演習を通して実力を磨けますよ。英作文と面接のNo. 3、4は出題テーマが共通しているので、1冊で同時に学習することで効率よく学べます。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 ジャパンタイムズ&ロゴポート
出版社 ジャパンタイムズ
価格(税込み) 1,760円

英検2級と同レベルのTOEICスコアを狙おうという人へおすすめの参考書

同じレベルの資格を取得するなら、英検2級ではなくTOEIC550点を狙おうという人に向けて、ここからはTOEIC対策のためのおすすめの参考書や問題集を紹介します。

TOEIC550の単語・文法

TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ」は、頻出の最重要単語1000語がピックアップされ、さらに頻出フレーズにしてまとめられています。すべてのフレーズに無料音声がついているので、聞きながら覚えることでリスニング力も鍛えられますよ。さらに学習を進めたい人は、難易度の高い単語も含む同シリーズの「金のフレーズ」を使うとよいでしょう。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 TEX加藤
出版社 朝日新聞出版
価格(税込み) 979円

TOEICには文法問題が必ず出題されるので、きちんと理解できていない人は対策が必要です。「キク英文法」では、大学入試に必須とされる212項目の英文法がまとめられていて、基礎的な文法をしっかりと学ぶことができますよ。大学受験用と思われがちですが、実はTOEIC対策にも必要な英文法が盛りだくさんです。耳からも文法をインプットできるように、2枚のCDが付属されています。リスニング対策としても活用できるでしょう。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 一杉 武史
出版社 アルク
価格(税込み) 1,760円

TOEIC550のリスニング

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング) 」は、TOEICのPart1〜4のリスニング問題をすべてを網羅した1冊です。出題されやすいポイントが絞られていて解説も丁寧なので、リスニングが苦手な人におすすめです。付属の音声を聞き込み、音声に続いて音読する練習もすることでリスニング力がついてくるでしょう。リスニングの得点が伸び悩んでいる人はぜひお試しください。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 関 正生
出版社 KADOKAWA
価格(税込み) 1,870円

TOEIC550のリーディング

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略」はパート別の攻略法や模試などがまとめられた総合対策本です。TOEIC対策を何から始めていいのかわからないという人はぜひ手に取ってみてください。リスニングの音声だけでなく、リーディングセクションの音声もネットでダウンロードできるので、ぜひ聞きながら学習しましょう。他にもスラッシュリーディングなど実力アップに向けた学習法も紹介されているので、TOEICに限らず英語を学習する上でもとても参考になりますよ。

おすすめレベル 初級~中級〜上級
著者 小石 裕子
出版社 アルク
価格(税込み) 1,980円

英検2級のレベル感について理解したら

このように、TOEICと英検どちらを取得した方が有利なのかは目的によって異なります。希望する進路にあわせて選んでおきましょう。

資格の勉強はインプットが中心と思われがちですが、英会話を同時に行うこともとても重要です。もっと効果的に学びたいと思うなら、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみてください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。
まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する