英語の音読教材ならこの10冊!総合スキル爆上がりの学び方のコツも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

声に出して読むこと音読は効率的な英語学習をするために必要な勉強法だと言われています。とはいえ、ただ文章を読めばいいというわけではなく、正しい方法で音読しなければ大きな効果は期待できません。

そこでこちらの記事では、英語の音読におすすめの本やアプリなどの教材を紹介します。「第二言語としての英語習得の基本」とも言われる音読を取り入れて、英語レベルを磨きましょう。

英語の音読にはたくさんのメリットがある!

おすすめの英語の音読教材を紹介する前に、英語の音読をするメリットを解説します。音読がいいと言われても「何がいいんだろう?」と思ってしまう人もいるかもしれません。まずはどんなメリットがあるかを知って、音読学習へのモチベーションを高めましょう!

自然な英語表現が身に付く

英語を音読すると実際にネイティブが使っている英語表現のインプットとアウトプットができます。英語と日本語では文法的に語順が違いますが、黙読では返り読みをし、日本語の語順に変換して理解しようとするので、正しい表現が身に付きづらいです。しかし、音読は英語の語順で読み進めていくので無意識のうちに英語の語順がそのまま身に付きます。たくさんの英単語やイディオムにも触れることになるので、ボキャブラリーも自然とアップします。

参考書や問題集で英語を学んでいるだけではインプットしかできません。音読はインプットとアウトプットが同時にできるため、いざネイティブと会話をすることになってもスムーズに英語が出てくるようになります。

リスニング力が上がる

音読をすると単語ひとつひとつの発音や単語がつながった時の発音も意識するようになります。そのためリスニングをした時に、今まで聞き取れなかった単語が聞き取れるようになるのです。

また英語の音読は正しい発音の音声を使って、リピーティングやシャドーイングを取り入れます。何度も繰り返し正しい発音を聞いたり声に出したりして読むことで、耳が鍛えられ、聞いた英語の音が理解できるようになるでしょう。

発音が良くなる

英語に慣れていない人が黙読で英文を読んでいると、カタカナの発音で読み進めてしまいがちです。しかし、英語の音読をする時はお手本の音声を使ってリピーティングをするので、正しい英語の発音ができるようになります。ただ棒読みをしていても発音は良くなりませんが、お手本を真似ることで単語のアクセントはもちろん、文章全体のイントネーションも身につきます。英語は日本語よりイントネーションに起伏があるので最初は恥ずかしいかもしれませんが、ネイティブと同じような起伏を意識してみましょう。

英語の音読の基本的な手順

英語の音読をするときは、まず文章の黙読から始めます。どんな内容なのかしっかり理解し、わからない単語があれば意味を調べましょう。ある程度理解できたら、音声を聞きながら黙読します。アクセントやイントネーションを意識しながら、3〜5回繰り返してください。音声を聞きながらの黙読ができたら、次にシャドーイングを行います。最初は音声を流して文章を見ながらシャドーイングをしますが、慣れたら文章を見ずに音声だけでシャドーイングをしてみてください。

ここまでが完了したらお手本の音声なしで音読を行います。音読をするときは「文章を覚える→見ずに発音する」を意識しましょう。長文である必要はありません。最終的には全ての文章を覚え、発音やイントネーションを意識しながらスラスラ音読ができることを目標にします。

音読の効果を高めるための4つのコツ

英語の音読をするときは、効果を高めるためのコツを意識しながら取り組むとより高い効果が期待できます。4つのコツを紹介しますので、音読学習をするときはポイントを押さえておきましょう。

自分に合った教材を選ぶ

音読の効果を高めるためには、自分に合ったレベルの音読教材を選ぶことが大切です。音読をするうえでは文章を理解して進める必要がありますが、あまりに構造が複雑な文章や見たこともない単語ばかりの文章では挫折してしまいます。

また、自分が興味を持てる内容の教材を選ぶことも大切です。音読に限らずですが、楽しいと思えないと英語学習は続きません。色々なジャンルの教材が出ているので、そのなかから好きなジャンルを選びましょう。

最後に、教材は必ず音声付きの教材を選んでください。音声がついていない教材ではネイティブの発音を聞けないため、正しい発音が身に付きません。

声を録音しながら練習する

音読学習をより効果的にするためには、自分の声を録音することも大切です。お手本の音声と同じように発音しているつもりでも、音読をしている最中は自分が本当に正しく発音できているか判断できません。

自分の声を録音すれば客観的に自分の発音を聞けるので、間違っている部分はないか、聞こえづらい部分はないかがすぐにわかります。最初は自分の英語の発音を聞くのが恥ずかしいかもしれませんが、録音して改善点を見つけてみましょう。

リピーティングとシャドーイングも取り入れる

ここまで何度かリピーティングとシャドーイングという言葉が出てきましたね。

まずリピーティングとは、聞いた音声をそのまま真似して声にすることです。音読教材についている音声を流し、それをそのまま繰り返します。
シャドーイングとは、影(シャドー)のようにお手本の音声を追いかけるように声に出して真似することです。お手本の音声より0.5〜1秒程度遅らせて発音します。

リピーティングやシャドーイングは、正しい英語の発音が耳に残った状態で英語を声に出すので、正しい発音が身に付きやすく発音も良くなり、リスニング力もアップします。

出てくる単語や表現を理解した上で音読する

「自分に合った教材を選ぶ」でもお話ししましたが、音読をする時は内容を理解して声に出すことが大切です。音読には自然な英語表現が身につくというメリットがありますが、その表現を身につけるためには、まず単語や熟語などを理解していなければ意味がありません。単語や表現の意味がわからないまま読んでも、ただ英語の音を身につけるだけになってしまうので、音読する前に必ず内容を理解するようにしてください。

【教材】英語の音読におすすめの本6選!

ここからは音読教材としておすすめの本を6つ厳選して紹介します。どの教材も音読学習がしやすいように工夫されている本です。

音読パッケージトレーニング

音読だけでなくリピーティングやシャドーイング、リスニングも同時にできるように作られた本です。使用されている文章は中学レベルの比較的簡単な文章なので、英語学習を始めた人でも英語を理解しながら音読学習ができます。見開き一ページで文中に出てくる単語の解説もあるので、わからない単語が出てきてもすぐに調べて文章を理解できるのも特徴です。

音読パッケージトレーニング

英会話ぜったい音読

「英会話ぜったい音読」は入門編・標準編・挑戦編に分かれているので、今の自分のレベルに合わせて教材が選べられ、ステップアップもしやすい教材です。基本的に中学校の教科書から抜粋された単語や文語が使用されているため理解しやすく、音読に集中した学習ができます。

英会話ぜったい音読

ゼロからスタート正しい音読学習

音読学習の基礎編と実践編が一冊にまとめられた本です。最初に音読学習のポイントを学びながら、簡単な文章で音読の基礎を身につけます。実践編ではさまざまなシチュエーションのバラエティーにとんだ英文が用意されており、それぞれ5つのステップで音読学習ができるのが特徴です。音読に使う文章の文法事項も説明されているので、本当の意味で英語を理解しながら音読学習ができます。

ゼロからスタート正しい音読学習

みんなの英語音読

韓国で20万部を売り上げた音読教材を日本版にアレンジしたものです。日常のシチュエーションに合わせて30日で音読学習ができるようになっています。音読が効果的にできるように効果的な音読トレーニングの流れも解説されており、ポイントを押さえながらの音読学習ができるのも特徴です。

みんなの英語音読

音読で英語の発音をモノにする本

ネイティブのような自然な発音が身につくよう、リズムやイントネーション、音の変化を意識しながら音読学習ができます。音読する文章は全て3行になっているので、短い文章を集中的に理解しながら音読学習を進められます。音読に加えて疑似会話練習もついているので、音読で学んだ英語をより実践的に学べるのも特徴です。

音読で英語の発音をモノにする本

ビジネス英語パワー音読トレーニング

ビジネス英語に特化して音読学習ができるようにまとめられています。登場する文章がビジネスシーンで使われるものばかりなので、仕事で英語を使う必要があるという人におすすめ。英語の感覚に慣れるための基礎的なトレーニングから、実践的なトレーニングまで一冊で完結します。

ビジネス英語パワー音読トレーニング

【教材】英語の音読におすすめのアプリ4選!

最近は英語の音読学習ができるアプリも増えてきました。スマホやタブレットさえあればいつでも学習できるので、より気軽に音読学習がしたい人におすすめです。

TED Audio Books

世界中の著名人の講演を行なっているTEDのプレゼンテーションを使った音読練習ができます。細かくテキストが分かれているので、一文ずつ理解しながら生きた英語の音読ができるのが特徴。より実践的な英語で音読学習したい人におすすめです。バックグラウンド再生やオフライン再生もできるので、聞き流し学習もできます。

iOS版

Real英会話

ネイティブがよく使う3200以上のフレーズを使って音読学習ができます。シチュエーション別でフレーズが用意されているので、どんなタイミングで使える英語なのかイメージしながら学習できるのが特徴です。自分が知りたい英文は、リクエストすると回答してもらえる可能性もあります。どんどんアップデートされるので、いろんな英語表現に触れたい人におすすめです。

iOS版

EnglishUpgrader

TOEICを運営している団体が提供しているアプリです。リスニングモードではビジネスや日常生活のシチュエーションで使われる英会話を聞きながら文章を読めるので、音読学習に最適。内容の理解度チェックやフレーズのクイズもあり、音読に必要な文章理解にも一役買ってくれます。

iOS版
Android版

Voice Tube

試験対策の英語からエンターテイメント・スポーツ・旅行・ニュースなどさまざまなカテゴリーの英会話を網羅しているアプリです。自分の興味があるカテゴリーを選んで音読学習ができます。発音解析機能もあるので、正しい発音ができているかもチェックできますよ。

わからない単語やつまずいてしまった文章が保存できるので、復習も簡単です。

iOS版
Android版

まとめ

英語の音読学習は正しい英語の発音を理解するだけでなく、英語特有のリズムや表現を自然に身につけられる効果的な学習法です。たくさんの音読教材があるので、そのなかから自分に合ったものを選んで始めてみましょう。音読学習をするときは今回紹介したコツを意識しながら頑張ってみてくださいね!

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する