「引用する」って英語で言える? 資料やメールで使われる引用ルールと基本の英文フレーズを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語でレポートや論文のようなアカデミックライティングをするとき、ルールを守って「引用」を明記しないと思いもよらないトラブルに発展してしまうことがあります。もちろん、ビジネスで使われる資料やメールでも「引用」を示さなければなりません。

そこで今回は、「引用」を表す英語表現と資料やメールで使われる引用ルールを解説します。

「引用」を表す英語表現

まず、「引用」を表す英語表現として代表的なものを4つ、例文とともにご紹介します。

According to ~

「~によると」「~の言うところによれば」という意味。引用報道や二次報道などのニュースで頻繁に使われる表現です。情報の出どころが「どこ」あるいは「何」であるのかを示しています。情報の出どころが「人」の場合、この表現が使われる場にいない第三者からでなければなりません。

According to Nihonshoki, he died at the age of 76, while according to Kojiki, he died at the age of 44. (日本書紀によると彼は76歳で死んだが、古事記によると44歳で死んだ。)

According to past analytical studies … (過去の分析研究によると、…)

According to rumors I’ve heard, he was fired for stealing from the company. (私が聞いたうわさによると、彼は会社の金を盗んでクビになったそうだ。)

to extract

to extract + 目的語 + from ~は「~から目的語を引用する」という表現。to extractの基本的な意味は「抜き取る」「取り出す」です。また、extractは「抜粋」「引用章句」を意味する名詞の働きもあります。

She has extracted a great many examples from the grammar book. (彼女は、その文法書から多くの用例を引用している。)

I extracted a passage from a book. (私は本から一部を引用した。)

The newspaper printed extracts from the court documents. (新聞は法廷文書の抜粋を掲載した。)

to excerpt

「引用する」「抜粋する」という意味で、excerptは「抜粋」「引用句」を意味する名詞の働きもあります。

This is the poem excerpted in the inscription on the Stature of Liberty.(これは自由の女神像の碑文に引用された詩だ。)

This passage has been excerpted from her latest novel. (この一節は彼女の最新の小説から引用したものだ。)

An excerpt from her new thriller will appear in this weekend’s magazine. (彼女の新しい怪奇小説の抜粋が今週末の雑誌に掲載される。)

「間違って引用する」

「間違って引用する」「不正確に引用する」という表現には、to misquote / to miscite / misreferの3つがあります。

Lines from his essay were misquoted in the book. (彼のエッセイの数行が本の中で誤って引用されていた。)

The claimant said a journalist miscited him in a series of articles. (原告はジャーナリストが一連の記事で間違って引用したと言った。)

He claimed that he had been misquoted and he threatened to sue the magazine for libel. (彼は誤って引用されていたと主張し、雑誌を名誉毀損で訴えると脅した。)

実際に文を引用するときはどうする?

論文やレポートなどのアカデミックライティングでは、専門分野ごとに決められた書き方のスタイルがあり、文系論文では「MLAスタイル」「APAスタイル」「Chicagoスタイル」の3つがよく使われます。情報の引用方法もスタイルごとに決められているので、アカデミックライティングの際には注意しましょう。

ここでは、英文を引用する際の一般的な方法を解説します。一語一句すべて引用するときと、意訳して引用するときでは方法が異なるので注意しましょう。

一語一句すべて引用するとき
– direct quotation

一語一句すべてを正確に引用することを直接引用(direct quotation)と言います。直接引用の場合は、引用符の1つであるダブル・クォーテーション・マーク「“”」で引用部の始めと終わりを囲みましょう。引用する際のフレーズは以下の通りです。

(人物)states that ~ (人物)が~と述べている
(人物)claims ~ (人物)が~と主張している
(人物)point out that ~ (人物)が~と指摘している
(人物)mentions that ~ (人物)が~と言及している

Ernest Hemingway states that “Every day is a new day. It is better to be lucky. But I would rather be exact. Then when luck comes you are ready.”
(アーネスト・ヘミングウェイは、「毎日が新しい日だ。幸運であるに越したことはない。でも堅実にいく方がいい。そうすれば運が向いたときには準備ができているさ。」と述べている。)

引用とともに著者とタイトルを明記する場合もあります。

“The world is a fine place and worth the fighting for.”
– Ernest Hemingway, The Old Man and the Sea
(この世は素晴らしいところだ。そして、戦う価値がある。)
(- アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』)

また、ウェブサイトから引用する際には、「サイト名(Women On Boards)」「該当ページのタイトル(Federal Budget 2021)」「URL」「サイトを閲覧した日(12 Dec 2021)」などを明記します。

Women On Boards, “Federal Budget 2030,”12 Dec 2030
https://www.womenonboards.com/federal-budget-2030

元の情報を意訳するとき
– indirect quotation

元になる情報を意訳して自分の文に入れることを間接引用(indirect quotation)と言います。間接引用の場合は引用符を使う必要はありません。よく使われるフレーズは以下の通りです。

According to ~ ~によると
(人物)observes that ~ (人物)が~と述べている
in the words of(人物) (人物)の言葉を借りれば~

According to Albert Einstein, life is like a bicycle. However, it’s difficult to keep moving all the time.
(アルバート・アインシュタインによると、人生とは自転車に乗るようなものだ。しかし、ずっと動き続けるのは困難だ。)

Albert Einstein observed that life was like a bicycle. Therefore we should keep moving.
(アルバート・アインシュタインは、人生は自転車に乗るようなものだと述べていた。だから我々は動き続けなければならない。)

In the words of our beloved Albert Einstein, life is like a bicycle. You need to keep moving.
(我々が愛するアルバート・アインシュタインの言葉を借りれば、人生とは自転車に乗るようなものだ。君は動き続けなければならない。)

上記のように、引用元の情報を提供するとともに著者や引用についてどのように感じているかを示す言葉を入れると、オリジナリティーに富んだ間接引用になります。

メールで本文を引用するとき

ビジネスシーンで過去のメール等を引用する場合も、引用する部分をメール内で示します。引用の始めに <Quote>、引用の終わりに <Unquote> と記しましょう。

<Quote>
Questionnaire results
The evaluation for new product A is as follows. (Evaluation: A. good, B. normal, C. bad)
Usability: A = 55%, B = 35%, C = 10%
Portability: A = 32%, B = 25%, C = 43%
Design: A = 20%, B = 48%, C = 32%
Price: A = 80%, B = 15%, C = 5%
<Unquote>

<引用>
アンケート結果
新商品Aに対する評価は下記となります。(評価:A. 良い B. 普通 C.悪い)
使い心地: A = 55%, B = 35%, C = 10%
携帯性: A = 32%, B = 25%, C = 43%
デザイン性: A = 20%, B = 48%, C = 32%
価格: A = 80%, B = 15%, C = 5%
<引用終わり>

「引用」にはquoteやcite、referという表現も

メールの引用でも使用しましたが、quoteが「引用」を表す英単語としてよく使われます。しかし、to quoteの他にもto citeや to referという表現もあり、これらはすべて「引用する」という意味の動詞です。この3つの動詞には、「引用」を意味する名詞、quotation / citation / referenceもあります。代表的な3つの使い方を例文とともに見ていきましょう。

3つの「引用」の違い

「引用する」を意味する3つの動詞には違いがあるので注意しましょう。

to quote 一語一句すべて正確に引用する。(直接引用)
to cite 引用元の情報を意訳して文に入れる。(間接引用)
to refer to citeとほぼ同じ意味。to citeの方がフォーマルな表現。

一般的には、to referよりto quoteとto citeの方が頻繁に使われます。「~から…を引用する」は、to quote … from ~、to cite … from ~で表現します。

Where did you quote this sentence from? (どこからこの文を引用しましたか?)

I cited this information from the newest research. (最新の学術調査からこの情報を引用した。)

それぞれの使い方

代表的な3つの「引用」の違いを例文で確認しましょう。

to quote / quotation

下記2つの文では、シェイクスピアの言葉や匿名情報源の言葉が一語一句すべて正確に引用されているという意味です。名詞quotationも併せて例文を示します。

My dad often quotes Shakespeare. (父はよくシェイクスピアの言葉を引用する。)

The article quoted an unnamed source from the White House. (この記事はホワイトハウスの匿名情報源より引用した。)

This quotation should be changed! (この引用は変更されるべきだ!)

Her speech was larded with literary quotations. (彼女のスピーチは、文学的な引用でいっぱいだった。)

また、to quoteには「見積もる」、quotationには「見積額」という意味もあります。

The architect has quoted 14 million yen to build a patio. (建築家はパティオを立てるために1,400万円を見積もった。)

We already took quotation requests from clients. (我々はすでに取引先から見積もり依頼を受け取った。)

to cite / citation

間接引用を意味するto citeの例文を示します。下記2つの文は間接的に引用しているという意味です。名詞citationの使い方も併せて覚えておきましょう。

I cited both T.S. Eliot and Virginia Woolf in her article. (私はT.S.エリオットとヴァージニア・ウルフの両方の記事を引用した。)

She sometimes cites a favorite poem by Goethe. (彼女は時々ゲーテのお気に入りの詩を引用する。)

All citations are taken from the 2020 edition of the text.(すべての引用は2020年版のテキストからです。)

The essay begins with a citation from ‘Hamlet’. (エッセイは『ハムレット』からの引用で始まる。)

to refer / reference

to referはto quoteやto citeよりカジュアルな表現です。フォーマルとカジュアルの表現の区別は「表現の丁寧さの度合い」で、当然のことながらフォーマルの方が丁寧です。

Please refer to at least 3 authors for this assignment. (この課題では少なくとも3人の作家を引用してください。)

She tried to refer to various sources. (彼女はさまざまな情報を引用しようとした。)

to referには「参照する」「言及する」という意味もあり、こちらの意味で使われる方が多いかもしれません。

Please refer to the attached file. (添付ファイルを参照してください。)

I am not referring to you. (あなたのことを言っているのではない。)

I intend to use that as reference. (それを引用として使うつもりだ。)

Is this a reference from the Bible? (これは聖書からの引用ですか?)

また、アカデミックライティングでは名詞citationとreferenceを使い分けています。citationは論文の中で引用される特定の情報源を指し、referenceは論文の最後に記す参考文献のことです。

まとめ

「引用する」という英語表現はいくつかあり、特によく使われるquoteとciteは意味が異なるため使い分けが必要です。違いが分かると使うのも楽しくなるもの。ぜひ、さまざまなシチュエーションで引用に関連する表現を使ってみてください。

また、実際に英文を引用する際には、引用元の情報をしっかり提示しなければなりません。ビジネス文書でも他人の著作から無断で使用すれば、剽窃(ひょうせつ)あるいは盗用につながる可能性があるので気をつけましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する