英語学習のモチベーションをどう維持する?効果的な3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習では多くの人が「モチベーションの維持」という壁に直面します。どうしてモチベーションは下がるのでしょうか?また、どうやって下がったモチベーションを上げればいいのでしょうか?

今回は、モチベーションを維持するために効果的な3つの方法を探っていきます。

そもそも「モチベーション」とは

「モチベーションの維持」について考える前に、そもそも「モチベーション」とはどのようなものなのか確認しておきましょう。

オンライン辞典によると、「モチベーション」は以下のように記されています。

引用:「モチベーション(motivation)とは、「やる気」「意欲」「動機」などの意味で用いられる表現。主に「行動を起こす契機となる刺激や意欲」といったニュアンスで用いられる。よく「モチベ」と略される。「特にやる気もないし必要に駆られているわけでもない」というような状況を指して「モチベーションがない」と表現したりする。」

引用元:実用日本語表現辞典

このことから分かるように、モチベーションとは何かをするときの「動機づけ」や「目的意識」のことです。目標に向かって行動するための内的エネルギーとも言えるかもしれませんね。

なぜなら、「動機づけ」には「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」があり、「内発的動機づけ」は強い興味や探求心により知的好奇心や充足感を満たすために、内的要因により生まれるからです。

英語学習はまさに知的好奇心や興味といった内的要素が根底にあり、その行動や成長により満足感を得ているのではないでしょうか。

ちなみに、「外発的動機づけ」は賞罰などの外的要因が行動の動機づけになることです。

英語学習に「モチベーションの維持」が大切な理由

・英語習得は「継続的な学習」ができるかどうかにかかっている
・効果的な学習が可能になる
・モチベーションは自然に下がる

英語学習は一朝一夕にはいかず、ある程度の期間が必要です。つまり、継続的に学習しなければならないということ。この継続的な学習が、英語習得には欠かせません。そして、継続的な学習を実施するためには、モチベーションの維持が不可欠なのです。

また、モチベーションを維持できれば、集中力が高まって効果的な学習が実現します。つまり、短時間で多くのことを吸収できるということです。

しかし、モチベーションは維持する努力をしなければ、自然と下がってしまいます。常に高いモチベーションを維持することなど誰にもできません。だからこそ、モチベーションをコントロールすることが英語学習には必要なのです。

モチベーションが下がる理由

「モチベーションは下がるものだ」と言いましたが、下がるには理由があります。理由として考えられるものを挙げてみますので、自分のモチベーションが下がる理由をしっかり見極めましょう。

1. 学習目標/ゴールが曖昧
2. 学習方法が自分に合っていない
3. 自分の成長が確認できない
4. 学習で達成感を得られない

では、それぞれについて解説します。

理由1:学習目標/ゴールが曖昧

「英語が上手になりたい」「英語を話したい」といった曖昧な学習目標では、間違いなくモチベーションが下がるでしょう。なぜなら、学習していても成果を実感できないからです。英語学習に限りませんが、成果を実感することができれば、その喜びがさらなるモチベーションにつながるはずです。

英語学習は継続が重要ですから、「どうして自分は英語を上手に話したいのか」「そもそもなぜ英語を話したいのか」をじっくり考えてみましょう。

理由2:学習方法が自分に合っていない

学習目標が明確でも、その学習方法が自分に合っていなければ、モチベーションを維持し続けるのは難しいでしょう。例えば、リスニングもままならない初心者が「海外ドラマが好きだから」という理由でドラマを見て学習しても、難しすぎてモチベーションが下がってしまいます。

自分に合った学習方法を見つけるためには、自身の英語レベルを把握することが大切です。自分のレベルがよく分からないという人は、文部科学省が作成した『各資格・検定試験とCEFRとの対照表』を参考にしてみてください。

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)とは「ヨーロッパ言語共通参照枠」のことで、語学力の習得状況を示す国際標準規格です。ヨーロッパの外国語学習者を対象に作られましたが、どの言語にも適用できるため国際標準規格として使われています。

参考:『各資格・検定試験とCEFRとの対照表』文部科学省

理由3:自分の成長が確認できない

毎日コツコツと学習を続けていても、自分がどれくらい成長しているのか確認できなければモチベーションの維持は厳しいかもしれません。つまり、英語を話す機会がないから、成長したかどうかが分からないということです。英語でコミュニケーションをとる相手がいれば成長を実感できるので、オンライン英会話などを活用してみましょう。

理由4:学習で達成感を得られない

学習で達成感を得られないのは、自分の成長が確認できないことや明確な学習目標がないことと関係しています。明確な学習目標を詳細に設定すれば、目標を達成したときに充実感や喜びが得られるだけでなく、自分の成長も確認できるからです。

モチベーションが下がる理由を挙げてみましたが、自分に当てはまるものは見つかりましたか?

モチベーション維持に効果的な方法

モチベーションを維持するためには、モチベーションが下がる理由を克服することが重要です。その効果的な方法をご紹介します。

1. 明確な学習目標/ゴールを設定する
2. 自分に合った学習法を見つける
3. 学習成果を確認する

では、それぞれ詳しく解説します。

明確な学習目標/ゴールを設定する

英語学習に終わりはありませんから、自分の学習目標やゴールを明確に設定することがモチベーションの維持に有効です。目標を設定する際には、どれくらいの期間で目標を達成するのかも考えましょう。

また、大きな目標の他に、その目標を達成するまでに学習しなければならないことを詳細に設定します。つまり、ロードマップを作成するということです。なぜなら、ひと目で自分の学習進度が確認できる上、小さな目標を達成したときに充実感が得られるからです。

目標は英語に関する試験合格やスコアアップなど、具体的なものにすると結果が分かりやすいでしょう。就職や転職の際にも有利になるので一石二鳥です。もちろん、英語の試験でなくても構いません。大切なのは、具体的かつ明確な目標を設定することです。

自分に合った学習方法を見つける

自分の英語レベルが把握できたら、レベルに合った学習方法を見つけましょう。文章作成能力がない初心者なら、語彙やフレーズを覚えることから始めてみてください。その際、自分の興味や関心があることに関連した語彙やフレーズから始めると、楽しみながら学習できます。

リスニングやスピーキングの上達を望むなら、英語学習に特化したポッドキャストがおすすめです。オーディオブックもネイティブの発音が聞けるので活用してみてください。もちろん、動画で学習してもいいでしょう。

ただし、映画や海外ドラマなどはスラングが多く使われているので、初級・中級者には少し難しいかもしれません。どうしても映画や海外ドラマで学習したい人は、子ども向けの作品から始めるといいでしょう。子ども向け作品はスラングが少なく、英語も聴き取りやすいからです。

どんな学習方法でも最初は簡単なものから始め、徐々にレベルを上げていきましょう。つまり、無理のない学習計画を立てることが大切だということです。学習時間も1日15分など短い単位で始め、1週間、10日と続いたら少しずつ時間を長くしていくと続けやすいでしょう。短くても毎日無理なく継続することを目指してみてください。

このように英語学習を「習慣化」できれば、英語は必ず上達します!

学習成果を確認する

達成感や自分の成長の確認は、モチベーションの維持に不可欠です。自分では成長を確認しにくいので、オンライン英会話で確認するのもいいでしょう。また、英語に関する試験を受けるのも1つの方法です。

その他の確認方法として、毎日の英語学習の最後に「その日に学習したことを総括」するのも効果的です。総括する際には、その日に学習したことを英語で声に出して言うようにします。新たに覚えた英単語やフレーズがあれば、それらを使って作文してみましょう。声に出して総括することは、学習の定着にもつながります。その総括を定期的に録音しておけば、日々の成長を確認することも可能です。

まとめ

英語を習得するためには、継続的な学習が必要です。そして継続的な学習をするためには、「モチベーションの維持」が大切です。これまで「モチベーションの維持」という壁に直面して挫折してしまった人は、その理由をしっかり見極めてみてください。そして無理をしないで英語学習を楽しむことに焦点を当て、新たな学習計画を立てましょう。「継続は力なり」です!!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する