プログラミングは英語で学んで効率アップ!相乗効果を出すコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

従来英語教育といえば、中学校からだったものが、小学校から必修化されました。それと同時に、近年注目されているのがプログラミング教育の早期化です。

ビジネスマンにとっても、グローバル化とともにIT技術の飛躍的な革新が進み、英語と同様にプログラミングは需要の高いスキルとして人気が高まっています。

実は英語とプログラミングはセットで学ぶことによって、より多くのメリットを相乗効果的に得ることができます。そこで今回は、英語がプログラミングで役立つ理由、そして、プログラミングに関連する基本英単語を通して英語学習につなげるコツをご紹介します。

効率よく、需要の高いスキルを身につけていきましょう。

英語がプログラミングで役立つ理由

英語とプログラミングには、一見すると関連性はないように感じますが、実は「言語」という共通点があります。

ここでは、「言語」という共通点を深く理解するために、なぜ英語がプログラミングで役立つのかを掘り下げてみましょう。

HTMLのコードやプログラミング言語の理解度が上がる

プログラミングで使われている言語やコードには、英単語が多く使われているというのは、大きなポイントです。

英単語の語彙力があることで、どのような処理が行われているのか、すぐに理解することができるようになります。

日本語でプログラミングを学ぶよりも、英語とプログラミングをセットにした方が効率よく学べます。

プログラミングの最新情報を理解できる

IT技術が発展するのと同時に、プログラミングも進化し続けています。一般的に、プログラミングはもちろんIT関連の最新情報は英語圏に向けて発信されることが多く、英語の情報を理解できるスキルが役立ちます。

常に最新情報にアップデートすることが求められるエンジニアの世界についていくためには、やはり日本語に翻訳されるのを待たず英語でそのままキャッチするスピード感が求められるということです。

プログラミング学習コンテンツの選択肢が増える

プログラミング言語は世界共通語として使用されており、世界的にプログラミングに関する情報のやり取りは英語で行われることがほとんどです。

プログラミングに関するコミュニケーションサイトも情報交換の大半は英語で行われているので、英語でコミュニケーションできるかどうかで、得られる情報量は大きく変わってくるといえます。

また最新のプログラミング言語の学習コンテンツは、まず英語で配信されており、プログラミングを学習する上での選択肢が大幅に広がるというメリットがあります。

プログラミングに関連する基本英単語

実際にプログラミングで使われる英単語とその使い方を知ることで、より明確に英語とプログラミングのつながりを理解していきましょう。

ここでは、プログラミングに関連する基本英単語を例文と合わせてご紹介していきます。

activate / deactivate

英単語がそのまま「アクティベート」として日本語でも使われていますが、簡単に言うと「機能を有効にする」という意味です。

「active(有効な)」の動詞形という覚え方をしておくと、よりイメージしやすいでしょう。

「activate」の頭に「de」をつけた「deactivate」は、反対の意味で「無効にする」ということになります。

例えば、

Can you activate this code?
(このコードを有効にしてくれる?)

というようなやり取りで使うことができます。

suspend / resume

システムに不具合が起きた場合などに出てくるのがこの単語です。「suspend(サスペンド)」が「休止する」を意味し、「resume(リジューム)」が「復帰する・再開する」を意味します。

何か問題があって、一度「suspend」したものを、「resume」させるという流れで覚えておきましょう。

例えば、

We have to suspend this function for inspection.
(点検のためにこの機能を休止させなければならない)

というような場面で使われています。

upper case / lower case

これは、プログラミング以外でも使われることが多い単語です。「upper case」は「大文字」、「lower case」は「小文字」を意味します。

文字なのに「case(容器)」というのが不思議ですが、これは昔の印刷所で大文字の活字を上段(upper)、小文字の活字を下段(lower)に置いていたことが由来しているそうです。

ちなみに大文字は、「capitals(キャピタルズ)」という言い方もあり、よく使われているのでセットで覚えておきましょう。

プログラミングでは次のような例が挙げられます。

It must be an upper case, not a lower case.
(それは小文字ではなく、大文字にしなければならない)

特にプログラミングでは大文字と小文字の違いは重要になるので、頻出の単語といえます。

allow / deny

システムやネットワーク関連で頻出の英単語です。「allow(アラウ)」は「許可する」、「deny(ディナイ)」は「拒否する」という意味です。

何らかの失敗があると、「denied(拒否された)」という表記が出るので、実戦ベースで目にする機会が多い単語ともいえます。

例えば、

That coding was denied.
(そのコードは拒否された)

このように、コーディングがうまく機能していない時に使うことができます。

array

まさにプログラミング用語ともいえる英単語です。
「array(アレイ)」は「配列」を意味します。

プログラミングのデータ構造やデータ型のことを指している「配列」という単語は、プログラミング学習の基礎として使われる言葉なので、英単語で覚えておきましょう。

例えば、

Using an array makes it easier to handle a big data.
(配列を使うことで、大きなデータを処理しやすくなります)

実際の文章の中での使い方を理解することで、より単語のイメージを明確にすることが大切です。

プログラミングで英語学習するコツ

実際にプログラミングを学びながら、英語学習をする場合は、意識的におさえておきたいコツがあります。

ここでは、プログラミングを通して行う英語学習のコツを確認しておきましょう。

実践を通して英単語のイメージを覚える

一般的な英語学習でも、英単語をイメージ化することが重要なポイントになります。

この点で、英単語の意味とプログラミングで実行される処理を実践的にリンクさせることができ、イメージを覚えていきやすいといえます。

新しい単語が出てきたら、「どのような動きをするのか」をイメージとして理解する癖をつけていきましょう。

よく出てくる単語はノートにまとめる

学生時代に語彙力アップのために、単語帳を使った経験があると思います。ただ市販のものでは、意味だけに集中してしまい、大事な情報が欠けてしまうこともあり、使い方に注意しないと非効率な単語学習法になってしまいます。

ここでおすすめするのが、「自分専用単語ノート」の作成です。

プログラミング学習で、「この単語、また出てきた」と気付いたら、ノートに次の項目を書き出します。

・英単語
・発音(カタカナ表記でも大丈夫)
・基本の意味
・例文
・イメージ

イメージの部分は、プログラミングの処理をシンプルな言葉で書いたり、簡単なイラストを書いたり、その英単語が表す意味をイメージ化できるものを書いておきます。

スペリング・発音・意味・使い方・イメージを単語ごとにまとめておくことで、究極のプログラミング頻出英単語ノートの完成です。

ちょっとしたスキマ時間に、この単語ノートを復習する癖をつければ、プログラミングと英語の復習を同時にすることができます。

英語でプログラミングを学ぶために使えるおすすめサービス

プログラミング学習ができるオンラインコンテンツは多種多様です。レベルやサービスなど、継続して使いやすいものを選ぶようにしましょう。

ここでは、初心者にも挑戦しやすい英語でプログラミングを学ぶためのおすすめサービスをご紹介します。

Udemy

Udemyはプログラミングをはじめ、ビジネスや語学など幅広いジャンルを動画で学べるプログラムを提供しているサービスです。

プログラミングのプログラムでは、初心者から上級者までレベル別にコースが用意されており、自分のペースで学習を進められます。

初心者向けコースはキャンペーンで比較的価格も安く、30日間は返金可能になっているので、お試し的に始めることもできおすすめです。
・Udemy

CodeCademy

プログラミング言語関連の講座を完全無料で受講できるサービスです。

初級から上級までレベル分けされており、有料会員になると上級レベルまで受講ができるようになります。

初級レベルでは比較的簡単な英語でわかりやすく解説されていることから、英語もプログラミングも超初心者という人にも始められ、費用の負担がないことが最大のおすすめポイントです。
・CodeCademy

Udacity

最新技術を学べるコースが豊富ということで注目されているサービスです。

画面を観ながら進めていく講義スタイルなので、初心者で英語に自信がない人でもコースを修了できたという口コミが多く聞かれます。

GoogleやFacebook、IBMといった世界的企業と共同でコース開発が進められているというのも、このサービスのおすすめポイントです。
・Udacity

まとめ

今後さらに需要が高まることが確実なプログラミング。だからこそ、よりグローバルな意識で学習することで、プログラミングの技術はもちろん、実践的な経験値を手に入れることができます。

プログラミングで使われている英単語は、今回ご紹介したものを見ても分かるように、決して難解なものばかりではなく、日常英会話でも使える基本的なものが多くあります。

学習のコツをおさえてプログラミングと英語を学び、相乗効果を出していきましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。