フィリピンの食べ物を知ってオンライン英会話講師と話してみよう!3つの代表的レシピを英語で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大多数の日本人にとって食事は大切です。旅行でも食べ物がおいしいと気分も上がりますし、誰かに会うと、食べ物の話題が出ないときはないと言っていいほど。テレビでも確実に視聴率が取れるのは、グルメと温泉と言われています。

今回はそんなフィリピンの食べ物について。オンライン英会話での先生との話題作りの参考に、フィリピン料理について学んでみましょう。

フィリピンの代表的な食べ物とは

フィリピン料理の特徴

フィリピンは日本と同じアジアということもあり、お米が主食。タイ料理やインドネシア料理などに比べると、日本にはフィリピン料理を提供するレストランがまだまだ少なく馴染みがありませんが、ショウガや醤油を使った料理が多いため、日本人の口に合う料理もたくさんあります。

フィリピン料理は鶏肉や豚肉の肉料理が中心ですが、日本人にもなじみのあるオクラやゴーヤ、インゲンなどの野菜や南国ならではのパパイヤやバナナなどのフルーツを使った料理などバラエティも豊か。また新鮮な魚介類も多く使われ、日本の焼き魚のような料理やスペイン統治時代の影響を受けたものも見受けられます。

特徴的なのがバーベキュー。日本では味付けされていないお肉を焼いてタレにつけて食べますが、フィリピンでは醤油やにんにく、スプライトなどであらかじめ漬け込まれたものを焼きます。

びっくりするのが、フィリピンは焼くだけの肉や魚に加え、さらにその場で色々な料理をきちんと調理もすること。

日本や西欧風の焼くだけのものを想像しているとかなり大掛かりに見えますが、どのグループも同じようにたくさんの料理を調理しているので、それが普通のようです。大変かと思いきや、みんなでワイワイおしゃべりしながら料理するのが楽しいんだとか。

代表的なフィリピン料理の例

フィリピン料理は地方によっても様々です。中には唐辛子をたくさん使った辛いものもありますが、一般的には辛いものはあまりありません。家庭によって具や味も少しずつ異なります。いくつか代表的なものをご紹介しましょう。

アドボ (Adobo)

角煮のような料理。一般的には鶏肉と豚肉を煮込みます。肉が苦手な場合、インゲンやほうれん草などを使う野菜のアドボもあるそうです。

シニガン (Sinigang)

フィリピンの国民食とも言える、タマリンドで味付けされた酸味のあるスープです。基本は豚肉を入れますが、鮭やエビなどの魚介類を使うことも。日本のお味噌汁感覚で好みで色々な具材を入れるそう。フィリピン人はご飯にかけて食べます。

パンシット (Pansit)

肉や野菜を中華麺やビーフンなどの麺と炒めた焼きそば。魚醤でしっかり味付けがしてある場合とあっさりした薄味の場合があります。

ブラロ (Bulalo)

骨つき牛肉をトウモロコシやじゃかいも、白菜などと一緒に煮込んだスープ。万人受けする味です。

シシグ (Sisig)

刻んだ豚肉を醤油やお酢、にんにく、唐辛子で炒めた料理。おつまみに最適!

ルンピア (Lumpia)

揚げ春巻き。芋を入れた野菜だけのものと、豚ひき肉を入れたものの2つが代表的です。味付けがしっかりされているのでそのままでも食べられますが、スイートチリソースにつけるとさらにおいしいです。日本人や西欧人の子供たちも大好きで、筆者の住む香港では、学校の持ち寄りパーティーに必ずと言っていいほど誰かが持ってきます。

ハロハロ (Halo Halo)

フィリピン版かき氷。氷にエバミルクとスイートコーンを混ぜ、ジャックフルーツや調理したバナナ(そのまま食べられる普通のバナナではなく、料理用バナナ)、さつまいも、ココナッツの実の部分、カスタードプリン、ウベアイスなどをトッピングして食べます。

ビビンカ・マラキット (Bibingka Malagkit)

もち米とココナッツミルクと黒糖で作られた伝統的なお菓子。おやつに最適です。

トゥロン (Turon)

バナナの揚げ春巻き。料理用バナナに黒砂糖をまぶして春巻きの皮で包んで揚げた、シンプルなおやつ。

フィリピンの代表的な家庭料理3つのレシピ

香港ではどの家庭も住み込みの家政婦がいるのが普通で、圧倒的に多いのがフィリピン人、次にインドネシア人です。香港ではフィリピンのお店だけを集めたショッピングモールもあり、フィリピンと香港は切っても切れない仲。我が家も香港に移住した当初からずっと働いてくれているとても料理上手なフィリピン人家政婦がいます。

では、フィリピン料理の例でご紹介したものの中から、彼女直伝の3つのレシピをご紹介します。

フィリピンの代表的料理その1:Adobo(アドボ)|主菜

用意するもの(4~5人分)

・鶏もも肉(Chicken Thigh)約300g
一口サイズに切る(Cut in bite size)
・豚ばら肉塊(Block Port Belly)約600g
一口サイズに切る(Cut in bite size)
・玉ねぎ(Onion)1スライス1つ
スライス(Slice)
・ショウガ(Ginger)1かけ
細く棒状に切る(Cut into matchsticks)
・にんにく(Garlic)2かけ
みじん切り(Finely chopped)
・酢 (Vinegar)50ml
・醤油 (Soy Sauce)50ml
・こしょう(Black Pepper)少々
・お湯 (Boiled Water)1L
*水ではなくお湯を使うのがおいしくなるポイント
・ローリエ (Laurier)1枚
*なくても可

作り方手順

1. 油をひき、ショウガとにんにくを香りが出るまで炒める

Stir-fry the ginger and garlic using a little oil until aromatic

2. 鶏肉と豚肉を加え、肉の色が変わるまで炒める

Add the chicken and pork and stir-fry until they are browned

3. お湯を入れ、肉が柔らかくなるまで約45分間煮込む

Pour the boiled water and cook until the meat is fork-tender for about 45 min

4. 醤油と酢を加え、5分ほど煮る

Pour the soy sauce and vinegar and cook for 5 min

5. 玉ねぎを加える

Add the onion

6. さらに5分ほど煮て、こしょうで味を整えたらできあがり

Cook for another 5 min and sprinkle with the black pepper. Serve.

料理アレンジ

上記の材料に、缶のパイナップルを加えるとまたちょっと甘みがでます。
肉の代わりに、インゲンと空芯菜を煮込むとベジタリアンアドボに。

フィリピンの代表的料理その2:Sinigang(シニガン)|スープ

用意するもの(4~5人分)

・豚ばら肉塊 (Block Pork Belly)400g
1口サイズに切る (Cut in bite size)
*アドボ用豚肉の残りを使うと便利
・青梗菜あるいは空芯菜 (Pak Choy or Water Spinach)適量
・タロイモ (Taro)半個
1口サイズに切る(Cut in bite size) *なくても可
・インゲン (String Beans)適量
・ショウガ (Ginger)1かけ
スライス (Slice into coins)
・みそ (Miso)適量
・水 (Water)2L
・シニガンスープの素 (Sinigang Mix) 適量
*市販品。本来は生のタマリンドを使いますが、ない場合スープの素が手軽

作り方手順

1. 油をひかずに(これが大事なポイント!)ショウガと豚肉を色が変わるまで炒める

Stir-fry the ginger and pork without using oil until the meat is browned

2. 水を加え、肉が柔らかくなるまで40-50分煮る

Pour the water and cook until the meat is fork-tender for 40-50 min

3. 空芯菜、タロイモを加えて5分ほど煮る

Add the water spinach and taro and cook for about 5 min

4. さらにインゲンを加える

Add the string beans

5. シニガンスープの素とみそを加え、溶けたらできあがり

Add the Sinigang mix and miso and cook till they dissolve. Serve.

*スープの素は味をみながら好みの量を。酸味が強いのが好きな人は多めに。みそは加えないことも多いですが、みそを加えた方が日本人好みの味に仕上がります。通常の味噌汁より少なめの量にすると味が濃すぎず、ちょうどよくなります。ちなみにシニガンスープの素はお店に売っていない場合、アマゾンで購入可能です。

料理アレンジ

我が家では肉の代わりに鮭を入れることも多いです。その場合の具材は次の通り。

・鮭の切り身 (Slice Cut of Salmon)1尾
一口サイズに切る (Cut in bite size)
・大根 (White Radish)適量
一口サイズに切る (Cut in bite size)
・青梗菜 (Pak Choy)適量
ざく切り(Cut into large pieces)

作り方は同じですが、最初の炒める部分がショウガだけになります。ほかにも好きな具材を入れることができますので、家庭にある野菜で試してみてくださいね。

フィリピンの代表的料理その3:Bibingka Malagkit(ビビンカ・マラキット)|デザート

用意するもの(6人分)

・もち米 (Glutinous Rice)4カップ
・黒砂糖 (Raw Sugar)200g程度
・ココナッツミルク缶(Canned Coconut Milk) 2缶

作り方手順

1. もち米を一晩水につけてふやかす

Soak the glutinous rice in water overnight

2. 黒砂糖とココナッツミルクを鍋で煮る

Boil the coconut milk and dissolve the sugar

3. 黒砂糖が完全に溶けたら、ドロリとするまで少し煮詰める

When the sugar is completely dissolved, cook down until it is thick

4. 一晩水で寝かせたもち米を耐熱皿に敷き、3のココナッツミルクをもち米の上に広げる

Put the glutinous rice in a heat resistant baking dish and drizzle the boiled coconut milk on the rice

5. 180度に予熱したオーブンで、1時間焼く

Bake for 1 hour in the oven preheated at 180 degree.

*黒砂糖の甘さは好みによって調節してください。上記の分量はかなり甘いです。できたての温かいうちがおいしいです。冷蔵庫に入れると固くなるので、温めて食べてください。翌日までは常温で大丈夫です。冷蔵保存の場合は3日間保存できます。

まとめ

ご紹介したレシピは、どれも手順が少なくて簡単なのでご家庭でぜひ作ってみてくださいね。フィリピン料理を食べたことがなくても、このレシピで作れば家庭で本場の味が再現できるのでは。ほかにも我が家でよく食べるフィリピン料理がいくつかあるので、また機会があればご紹介したいと思います。

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する