相槌を使えば英語はずっとラクになる!オンライン英会話を使った相槌の練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは英語にも「相槌」があることをご存じですか?初級者の人は、何か聞かれたら必ずYes./No.で答えなければならないものと思い込み、どちらを言えばいいわからず黙り込んでしまう…ということがよくあります。英語の相槌をモノにして、もっと気軽に会話を楽しめるようになりましょう。

相槌はどんなときに打てばいい?

普段、日本語で話をしているときのことを思い返してみましょう。「へえ」「ふーん」「なるほど」といったように、しょっちゅう相槌を打っているはずです。英語でもそれは同じこと。相槌をまったく使わないとすると、会話をスムーズに進めるのがとても難しくなります。相槌を使うのは、例えばこんなタイミングです。

「聞いているよ」というサインを送る

日本語では相手の話を聞いているときに、「うん、うん」と言うので、これを英語でYes, yes.と言ってしまう人がいます。でも、英語のYes.は「はい、そうです」と相手の言っていることを認めることになるので、「ああ」「へえ」といったように単に話を聞いているよ、というサインを送りたいのであれば、Uh-huh.(ああ)、Hmm.(ふーん)といった言い方を使うといいでしょう。

Yes/No以外の同意・不同意表現を覚える

Don’t you think so?(そう思わないですよね?)と聞かれたときに、答えは「思うだとYes?思わないだとNo?」なんて考えてしまいますよね。そんなときに便利なのは、Right.(そうです=思いません)、Wrong.(違います=思います)のように、Yes/Noを使わない言い方です。もしくは、日本語でもあまりはっきり「はい/いいえ」と言わないように、Maybe.(かもね)、Possibly.(あり得る)のようにうまく話を濁す言い方もよく使われます。

定番相槌フレーズをマスターしよう

日本語でも「ああ」「そう」「へえ」「ふーん」というほとんど意味をなさない相槌から、「そうですね」「確かに」「いやいや」と自分の考えを伝えるものまで、さまざまなバリエーションがあります。英語の相槌も無数にあると言って過言ではありませんが、ここに代表的なものをご紹介します。使いやすいものを選んで、自分にとっての定番表現としましょう。

話の合間になんとなく挟む言い方

Uh. [アー](ああ)
Oh. [オウ](へえ)
Hmm. [フム](ふーん)
Uh-huh. [アーハ―](なるほど)

Uh-huh.は状況によっては「わかりました」と話の理解を示すフレーズになることがあります。

「わかった」と言うためのフレーズ

OK.(わかりました)

I see.(わかりました)

Got it.(わかった)

Got it.I got it.の略。gotのtが弱くなってrの音に近くなり、「ゴ―リッ」のように聞こえます。

「そうですね」と同意するためのフレーズ

Right.(そうですね)

Sure.(もちろん)

Good.(いいですよ)

Exactly.(まさしく)

Absolutely.(間違いない)

absolutelyは「絶対的に」という副詞で、「間違いなくそうですね」と同意するときに使われます。

驚いたときに使うフレーズ

Wow.(わあ)

Really?(本当に?)

Oh?(ええ?)

Great.(すごいね)

Oh?は語尾を上げて尋ねているように言うと、「ええ、そうなんですか?」と驚きを示しているように聞こえます。

「そんなことない」と否定するためのフレーズ

Never.(絶対ない)

No way.(まさか)

(That’s) wrong.(そんなことない)

Impossible.(あり得ない)

日本語の「まさか」同様、No way.は「まさかそんなことってあるんですか?」と驚きを表すときにも使えます。

「かもね」と濁すためのフレーズ

Maybe.(かもね)

Probably.(多分)

Possibly.(あり得る)

Could be.(かもしれない)

Could be.は「(そういうことが)起こり得る」という仮定法の表現ですが、会話では「そういうことがあるかもしれない」と濁すときに使えます。

「わからない」と言うためのフレーズ

Not sure.(わからない)

I don’t know.(わかりません)

I don’t get it.(わかりません)

Maybe not.(違うかも)

I don’t get it.は「意味がわからない」で、I don’t understand.とほぼ同じ。getのtがrに近くなり、「アイドンゲリッ」のように聞こえます。

オンライン英会話で相槌を練習しよう

いろいろな相槌表現を覚えても、「こんなときにこれを使っていいのかな?」と、最初はためらってしまうことがありますよね。そんなときは、オンライン英会話のレッスンで、外国人講師を相手に試しに使ってみましょう。相手の反応が悪ければ「ひょっとしてこの使い方は違うのかもしれない」と気づくことができますし、講師によってはYou mean… “Right”?(「Right.」って言いたいんですね)と直してくれるかもしれません。

よく話を聞いていると、講師のほうでもRight.(そうですね)、Sure.(もちろん)のように言っていることに気づくはずです。実際の会話を楽しみながら、相槌で会話をスムーズに進めるためのコツをつかみましょう。

マンツーマンで講師と話せる!レアジョブ英会話

https://www.rarejob.com/
さまざまなテーマに沿って外国人講師とマンツーマンでレッスンを進める中で、生きた英語のやりとりを身につけることができます。

世界標準であるCEFR基準で制作された英会話教材をもとに、合格率1%の狭き難関を通過した優秀な英会話講師がマンツーマンでレッスン。毎日レッスンを受けても月々6,000円程度と良心的。その分、たくさん英会話を話せるので、学んだ英語が定着しやすいという利点があります。

まとめ

Uh-huh. Sure.(なるほど。もちろん)といったように相槌を打つことができるようになると、その間に次に話すことを考える余裕が生まれ、会話を進めるのがとてもラクになってきます。また、「今のところ聞き取れなかった」「なんて答えればいいかわからない」というときも、いちいちI don’t understand.(わかりません)と言って止めてしまわず、とりあえずUh-huh. Hmm.(なるほど。ふーん)と言いながら先に進め、後からWhat did you say about XXX?(XXXについて、何て言ったんですか?)と尋ねることもできます。

フレーズとしてはごくシンプルですが、相槌は会話をスムーズに進めるための重要なテクニック。ぜひ使いこなせるようになってください。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する