レストランに外国人のお客様が!英語で接客するにはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の高い食文化への関心も広がり、海外からのお客様をもてなすことも多いレストラン。特に旅行客は日本語が話せない方が大半で、今や世界の共通語として認識されている英語で基本的な接客をこなせることがますます重要になってきています。

日本に住んでいて海外からのお客様を接客するだけでなく、今後海外へワーキングホリデーなどを予定している方などは基本的な接客フレーズを知っておけば、現地で仕事をする上でも役立つはずです。

この記事では特に英語での接客需要の多いレストランで使えるフレーズを取り上げます。ご紹介するフレーズを機会があれば積極的に活用してみましょう。

お客様が来店した時に何て言う?

お客様が来店した時はまず笑顔で”Good afternoon” ”Good Evening” ”Hello”とご挨拶しましょう。その際、最初に確認するのが予約の有無と、分煙の場合は喫煙の有無です。特に最近は完全禁煙のレストランも増えているので、チェックしていきましょう。

Do you have a reservation?
(ご予約はありますか?)

Can I have your name, please?
(お名前を頂戴できますか?)

Smoking or non-smoking?
(喫煙ですか?禁煙ですか?)

予約がない場合は人数の確認をします。

How many (are you)?
(何人様ですか?)
※are youは省略されることも多い

コートやジャケットを着ている場合は、次のように聞いてもいいですね。

Would you like me to take your coat for you?
(コートをお預かりいたしましょうか?)

この後は次のようにご案内しましょう。

Your table is ready. Follow me, please.
(テーブルのご用意ができています。こちらへどうぞ。)

Keiko will be your server tonight. Enjoy your meal.
(ケイコがお客様のテーブルを担当させていただきます。お食事を楽しんでください。)

その他最初の接客で使えるフレーズ

席がいっぱいでお待ちいただく場合

Unfortunately, we are fully booked at the moment. Could you come back a bit later?
(すみませんが、ただいま満席となっております。もう少し後でまたいらっしゃっていただけますか?)

テーブルの用意がまだできていない場合

Your table isn’t quite ready yet. Would you like to wait in the bar?
(まだお席のご用意ができておりません。バーでお待ちになりますか?)

オーダーを取ろう

テーブルの担当が決まっている場合、特に海外ではお客様に自己紹介をするレストランも多くあります。その場合は、”Welcome to レストラン名. My name is 自分の名前. “といった感じで紹介するといいでしょう。お店によってはこの後、”How are you today?” ”How are you doing this evening?”というように、お客様との距離を近づけるため、ちょっとした会話をするところもあります。

ではオーダーを取る際のフレーズを見てみましょう。

ドリンクの注文を聞く

お客様がメニューを見ている間にまずはお飲物の注文を取りましょう。
その際の会話はこのような感じになります。

Can I get you something to drink?
(何かお飲みになりますか?)
A glass of red wine, please.
(赤ワインをお願いします。)
And for you sir?
(お客様はいかがなさいますか?)
※相手に合わせてsir, miss, madamなどと使い分けましょう。
I’ll have the same.
(同じものを)
Certainly. I’ll be right back with your drinks.
(かしこまりました。すぐにお飲物をお持ちいたします。)
※カジュアルなレストランではCertainlyの代わりに、もっとくだけてSureと言うこともあります。

食事のオーダーをとりにいこう

飲み物が運ばれたところで、いよいよ食べ物のオーダーを取ります。
これらのフレーズを使って臨機応変に対応しましょう。

Are you ready to order?
(ご注文の用意はよろしいですか?)

※レストランによってはもっと丁寧に”Can I take your order, Sir/Madam?”を使うこともあります。

Today, our specials are…
(本日のスペシャルは…)

What would you like to start with?
(前菜は何になさいますか?)

What would you like for your main course?
(メインは何になさいますか?)

Would you like anything else?
(他に何かお召し上がりになりますか?)

※全員のオーダーを取った後や、食べ物を運んだ時にこのフレーズで確認してみましょう。

How would you like your steak?
(ステーキの焼き加減はいかがなさいますか?)

I’m sorry, we’re out of…
(申し訳ありませんが、…は切らしています。)

Can I interest you in our dessert menu?
(デザートのメニューをご覧になりますか?)

Would you like me to take that?
(そちらおさげしましょうか?)

※空いたお皿がある時に聞く

Is everything all right?
(いかがですか?)

※食事の途中で何か問題がないか確認したい時に

最後にお勘定

お勘定の際には”Are you paying together?”(みなさんご一緒にお支払いですか?)と聞いてみましょう。海外では自分の分は自分で支払い、その際5人いたら5人ともカードを出して、それぞれにいくらつけて欲しい、あるいは均等につけて欲しい、という場合が大半です。日本のように誰か一人がまとめて支払って、後で支払った人が他の人からお金を受け取る、ということは滅多にありません。トラブルにならないよう、必ずまとめてか、割り勘なのかを確認しましょう。

その他お会計の際に使えるフレーズには次のようなものがあります。

Would you like to split it?
(お会計は別々になさいますか?)

I’ll bring the check right out.
(すぐにお会計をお持ちします。)

How was everything?
(お食事はいかがでしたか?)

※お会計をお願いされたら、聞いてみましょう。その時に「サラダがパサパサでイマイチだった」「とても美味しかった」などと率直にコメントをされる方が多いです。

味や調理法に関して説明するには?

外国人の方からすれば、和食は特に味が想像できない場合もあるでしょう。その際に次のような単語を覚えておくと、説明する際に便利です。

味や質感について聞かれたら…

sweet 甘い
hot 辛い
sour 酸っぱい
salty しょっぱい
bitter 苦い
sweet and sour 甘酸っぱい
tangy ピリッとする
spicy スパイシー、香辛料が効いている
mild まろやか
rich こってり
soft 柔らかい
crispy サクサクしている
crunchy カリカリする
chewy かみごたえがある、コシがある
smooth なめらか

調理法について聞かれたら…

boiled 茹でた
grilled 焼いた
stir-fried 炒めた
deep-fried 揚げた
steamed 蒸した
roasted ローストした
smoked 燻した
dried 干した

これらの単語は、“boiled egg” “stir-fried vegetables”のように修飾語として使われたり、”It’s smoked.”と動詞で使われたりする場合が多いです。

ボリュームについて聞かれたら…

light 軽い
filling 重い
a large portion 一皿の量が多い
a small portion 一皿の量が少ない

まとめ

今回ご紹介したものが全てではなく、お客様の返答いかんによって臨機応変な対応が必要となります。しかし基本的なフレーズを覚えておけばたいていの場合は対応できますので、「こんな時なに言えばいいんだっけ?」と慌てる必要も無くなりますね。使っていくうちに応用もきくようになりますし、怖がらずに積極的に英語で接客してみましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。