「そろそろ英語はじめよう」という英語初心者に送る「無駄なく英語が上達する」5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから英語を勉強してみようと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。語学の学習は、初心者の間が肝心だと筆者は思っています。せっかく始めても、効果が出ない勉強法を続けてしまうと、上達は期待できません。初心者のときには、上達しないとだんだんモチベーションが下がってしまうものです。

今回は、これから英語を勉強する方に気をつけてほしい上達の5つのポイントをご紹介します。このポイントを守れば、無駄な時間を使わずに、英語を話せるようになります。かならず効果が出る勉強法で、最短最速で初心者を脱出しましょう!!

英語初心者のポイント1.発音は必ず勉強しよう

英語を勉強する方にぜひ気をつけてほしいのは、発音を捨てないでほしいということです。英語の発音というと、「勉強したことがない」という声が聞こえてきそうです。学校英語では、発音は全く勉強することができません。英語の教材でも、発音はあまり解説されていないと思います。どちらかというと、文法や単語の使い方の方が重視されているのではないでしょうか。

初心者の方にとって、発音を勉強することはとても大事だと筆者は考えています。発音がきれいな方が、聴き取ってもらいやすいというのももちろんです。それに、英語の音が体にしみ込んでいた方が、相手の英語も聴きとりやすくなります。

ただ大事だというだけではありません。発音の練習は時間がかからないのです。2週間もあれば、「L」と「R」の違いなどを含めて、初心者の方でもジャパニーズイングリッシュを脱出できます。一冊の参考書を勉強すれば、もうそれだけでOKです。

英語はまず発音から勉強した方がいいというのが筆者の意見です。ぜひ、文法や単語ばかりにこだわらず、発音を学んでみて下さい。リスニングテストのスコアアップはもちろん、英会話でも相手の言っていることがかんたんに理解できるようになります。初心者脱出に、発音練習は効果てきめんです。

英語初心者のポイント2.中学英語が「口から出る」ようにしよう

「英文法なんて、中学レベルでOK」こういう意見を聞く機会は多いのではないでしょうか。文法ばっかりにこだわる「お勉強」のような英語は役に立たないので、中学英語くらいで大丈夫。こんな考え方がいろいろな教材の中でいわれています。

筆者はこのような意見に基本的には賛成します。英語を勉強する目的はコミュニケーションです。コミュニケーションには相手がいます。国際的に広く使われている英語を話すなら、その相手がネイティブだとは限りません。たいていの場合、相手も英語がそんなに得意ではないのです。初心者レベルの方も大勢います。だから、相手のためにもかんたんな英語で意見を伝える必要があります。

ですが、「英語は中学レベルでよい」というのは、中学の教科書を読めればよいということではありません。中学レベルの英語を「使いこなす」必要があるということです。

「私は三年間英語を勉強しています」

「私は学生時代数学が得意でした。あなたはどうですか?」

「私の趣味は小説を読むことです。あなたはどれくらい本を読みますか?」

どれも、中学レベルの英語で言うことができます。

I have studied English for three years.

When I was a student, I was good at mathematics. How about you?

I like to read novels. How often do you read books?

このような英語を見て、まったく理解できないという方は少ないでしょう。でも、自分の口から「瞬時に」出すことができるでしょうか?こう言われると、自信のない方もいるのではないでしょうか。

日本語の会話でも、考えに考えてから答えるという人は少ないと思います。会話のキャッチボールは、ポンポンとするものです。英語でも同じことで、1・2秒の内に相手の意見に答える必要があります。答えの中身は、むずかしい表現でなくてもいいのです。大事なのは、パッと答えられること。

そう考えると、確かに中学レベルの英語でも問題はありません。でも、考え考え話すのでは間に合わないのです。初心者脱出のためには、中学レベルの英語が、瞬時に口から出る必要があります。だから、かんたんな英文を繰り返し練習するのが効果的なのです。

英語初心者のポイント3.単語の覚え方は自分に合ったもので!まずは中学レベルの単語を使いこなそう

英単語も文法と同じです。むずかしい英単語は、会話ではあまり使いません。まずは、中学レベルの英単語を勉強すればOKです、ですが、ただ「見てわかる」だけでなく、使いこなす必要があります。

go to =行く

get to =着く

look at =見る

listen to =聴く

単語だけではなく、こんな表現も瞬時に口から出るとなお良いです。そのためには、中学レベルの参考書をやりこむのが近道です。むずかしい教科書をいきなりやるよりも、かんたんなものを「身につける」ことが、初心者から中級者になるには何より大切です。

英語初心者のポイント4.文法は捨てない方がいい。でもあまりこだわりすぎなくてOK

教科書を買うことを考えてみましょう。書店に行くと、「とにかく英文法徹底解説!!」のようなものから、「文法なんていらない。英語は○○個の単語だけでOK」のような本までたくさん並んでいると思います。

英語に限らないはなしですが、語学教育の世界はいつも「文法は大事!」と「文法なんかいらない!」の間をフラフラしているものです。私の意見としては、「中学英語くらいの文法が身についていればいい」と思っています。「知覚動詞の後は動詞の原形が来る」とか、「要求を表わす動詞の後の節には動詞の原形が来る」とか、そういったことは会話の時にはほとんど気にしません。間違えても相手は100%理解できるからです。

「これを間違えると理解してもらえないな」という間違いは中学英語レベルで、あまり重箱の隅をつつくような文法はかえって面倒なだけだと思っています。初心者レベルからスタートして、目標が英会話なら、中学レベルの英文法だけやってみるのがいいでしょう。もちろん見てわかるだけではなく「口から瞬時に出せる」のが目標です。

英語初心者のポイント5.SNSやオンライン英会話でアウトプット

語学をやっていて一番苦しいのが、使う機会がないことです。日本でふつうに暮らしていると、英語を使う機会はないですよね?コミュニケーション能力の高い人の中には、「クラブに行って外国人に話しかければいい」というような極論を言う方もいます。それはそうかもしれませんが、実際にはみんなができることではないでしょう。

現実的に「いつでも誰でも」日本にいながらにして英語を使えるのは、SNSとオンライン英会話です。例えば、Facebookは英語の投稿が多いSNSです。英語で発信すれば、海外の人が英語でコメントをつけてくれるかもしれません。

Youtubeのコメント欄も使えます。筆者は英語初心者のころ、気に入った動画に英語でコメントをしたとき、投稿者から英語で「ありがとう」のコメントが返ってきて嬉しかったことを覚えています。こういう場所で、英語を使ったコミュニケーションを練習できるのです。

ネット上では、ネイティブでない人の「間違った」英語が飛び交っています。ですから、初心者でもあまり間違いを気にせずコメントできます。

オンライン英会話のよいところは、訓練を受けた英語教師が教えてくれるところです。SNSのコメントの中には、攻撃的なコメントも含まれています。そうでなくとも、あまり公式な場面では使えないスラングもどんどん飛んできます。どの英語をお手本にしていいかわかりにくいです。

プロの先生なら、教えてもらった内容全てが「使える」英語なので、安心して習えます。その分オンライン英会話はお金がかかるのですが、危なっかしい英語のフィルタリングにお金を払っていると思えば損ではありません。

SNSとオンライン英会話のどちらを選ぶかは、英語学習に使える予算と時間によります。筆者はまずSNSで英語を発信するのに慣れた上で、英語力を一気に伸ばしたければオンライン英会話を使うのがよいと考えています。

まとめ

語学の勉強には、「型」があります。もちろん講師や勉強する方によってずれはありますが、型からまったく外れた勉強法は絶対にうまくいかないものです。発音・中学レベルの単語・中学レベルの文法、この3つが「口からスラスラ出てくる」ようになれば、もう初心者ではありません。SNSやオンライン英会話のような便利なアウトプットの場を活用しながら、2019年は最短最速で英会話をマスターしましょう!

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。