海外も絵文字つきのメールが主流。英語と日本語で絵文字を使い分けてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語のメールでは絵文字やスタンプをよく使いますが、英語のメールではどのように絵文字を使っているのかご存知でしょうか?英語の絵文字を見たことがない人は文末についているのが絵文字だと判断できずに、何がついているのか分からず混乱してしまう人もいるようです。
今回は英語の絵文字の見方と使い方を解説していきます。

英語でもメールでは絵文字を使うの?

絵文字を使えばメールがより一層表情豊かになり、感情が伝わりやすくなります。見た目的にも絵文字の入っているメールはかわいいですね。
絵文字文化は日本から始まっていますが、実は世界にも「World Emoji Day(世界絵文字デー)を祝う日があるほど、世界中でも絵文字に対して関心が高まっています。
世界絵文字デーは2014年に始まったばかりですが、絵文字の浸透はメールや記念日だけではなく、「The Emoji Movie」という絵文字の映画まで作られるくらいの人気です。なのでメールで絵文字を使うのはもちろん日本だけではなく世界中で共通のこと。しかし絵文字の表現方法は実は日本とは少し異なるのです。

英語でもメールで絵文字は使うの?

「世界では、World Emoji Day(世界絵文字デー)を祝う日もあるほど、日本同様に定着」といった内容を加えてもらえると嬉しいです。

英語の絵文字と日本の絵文字の違い

・日本の絵文字は縦向き
・英語の絵文字は横向き
・横向きの絵文字は自動変換でカラフルな絵文字に変わる!
・英語絵文字の活用で返信速度アップ

日本の絵文字は縦向き

日本の絵文字は、「(^_-)-☆」や「(^^♪」のように文章と同じ方向で縦向きに表現されています。顔の輪郭はかっこで表現されることが多く、記号を多用して表情や動作を作っていきます。星やアスタリスクなどの記号を使ってかわいく表現するのが日本流の絵文字です。

英語の絵文字は首を左に傾けているような、横向き

一方、英語の英文字は「:)」や「:D」のように使われている記号も点やアルファベットのように簡単に表示できるものが多く、首が左に傾いているような横向きの表現をします。 日本の顔文字を反時計回りに90度、横に倒してみるとわかりやすいでしょう。
英語の絵文字は日本の絵文字よりももっとシンプルで、日本の絵文字と比較するとレパートリーも少なめです。その分、よく使われる表現も覚えやすいのですぐに使ってみることをおすすめします。

英語の絵文字は自動変換でカラフルな絵文字に変わる

スマホやPCで「えもじ」や「かお」と打つと自動的にカラフルな絵文字が選択候補の中に表示されますよね。
自動変換の仕組みは英語のメールでも同じで、例えば「Smiley」(笑顔)と打つとスマイルマークの絵文字が表示されます。「Pizza」(ピザ)や「Cat」(ねこ)などの他のパターンの絵文字も同様です。
このように文字から絵文字を引っ張ってくることもできるのですが、よりシンプルに英語の横向きの顔文字から絵文字を探し出すことも出来るのです。例えば「;)」と打つとスマイルマークの絵文字が表示されます。

英語絵文字活用でメールの返信スピードアップ

英語の絵文字は、ほとんどが2~3つの記号で構成されています。よく使われる絵文字を覚えておけば日本の絵文字を探して打ち込むよりも、かなりスピーディに返信できるようになります。
また、英語が苦手な人はパッと英単語が思い浮かばなくても、絵文字だけで返信することも可能です。絵文字は言語を超えて世界共通で理解出来るので、英語初心者が英語でメールのやり取りをするのにもとっても便利です。

英語の絵文字の使い方と実際の使用例

ここではポジティブとネガティブな会話の例文を紹介します。
文章中にはスマイルの「:)」や喜びを表現する「XD」、不機嫌や調子の悪さを表す「:(」などが使われています。この他にもいくつかの絵文字が使われているので、読みながら探してみて下さい。

ポジティブな会話例

Hi, how are you?:)
(ハロー、元気?)
Good thanks:D! How are you?
(元気だよ!あなたは?)
Not too bad. Are you free this weekend? Whould you like to go hiking with me?
(ああまあかな。ところで今週末暇?ハイキングに一緒に行かない?)
Wow sounds nice!!XD Why not!!
(楽しそう!もちろん!)
Okey great! I’ll let you know what time will we go later on:)
(オッケー!後でまた何時から行くか連絡するね。)
Thnak you!Can’t wait:D!!
(ありがとう!待ちきれないな!)

絵文字が入るだけでぐっと文章のイメージがフレンドリーになりますね。上記のやりとりでは、特にハイキングに誘われて喜んでいる様子が「XD」の絵文字からも読み取れます。

ネガティブな会話例

Hi, How are you?
(ハロー、元気?)
Good thanks:)And you?
(元気だよ。あなたは?)
Good thanks. I’m sorry I can’t make it on this weekend:'(I have to take my mum to hospital.
(元気だよありがと。週末お母さんを病院に連れて行くことになって、会えそうにないんだ。ごめんね。)
Oh okey:’O Is everything okey with your mum?
(そうなのわかったよ泣。お母さん大丈夫?)
Well not too bad just she have cold:(
(そんなに悪くないよ、ちょっと風邪ひいたみたい。)
Oh no:'( Keep worm and hope she get well soon.
(そうなのね。暖かくしてね。早く良くなるといいね。)
Thank you:) Sorry once more, Have a great day!
(ありがとう。本当にごめんね、いい1日を!)
You too:3
(あなたもね。)

ネガティブなトピックでも、絵文字を使えば少しマイルドに相手に伝えることが出来ます。予定キャンセルの連絡など、言いにくいことも絵文字を使えば少し伝えやすくなります。

英語絵文字の応用編!マイナーでも知っておきたい英語絵文字

シンプルな英語絵文字でも、複雑な動作をつたえることが出来る

英語の絵文字ではあまり複雑なものは使われませんが、知っておくとより可愛いメッセージを相手に送ることが出来ます。

・ウインク  ;)
・スマイル  =D
・スマイル  =)
・あっかんべー  :P
・キス  :-x
・キス  :*
・動物  :3
・がっかり  :‹
・驚き  :O
・眠たい  :-Z
・叫ぶ  :@
・タバコ  :Q
・メガネ  8)

また、表情を強調したいときにかっこを重ねて表現する場合があります。例えばスマイルマークのかっこが重なっていれば、嬉しさも強く表現することが出来ます。
・もっと嬉しい  :)))))
・とても嬉しい  X))))))
・とても悲しい  :(((((

顔文字の向きは人によってバラバラで、右向きに傾ける人もいれば、左向きに傾ける人もいます。
・スマイル  (:
・悲しい  )’:
・驚き  O:
・キス  x:

また顔文字ではありませんがよく使用されるのがハートマーク「<3」です。ハートマークも顔文字と同様に、かっこを重ねることでこのように「<<<<<3」強調して表現することが出来ます。

まとめ

日本の絵文字に慣れていると、英語の絵文字が慣れるまで理解しにくいと思います。しかし、慣れてくれば自然に英語の顔文字の表情が掴めるようになってきます。絵文字は言語を超えて伝えられる表現なので、ぜひ英語のメッセージと一緒に使ってみて下さい。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら