朝5時起きで英語学習を続ける私が「朝学習」をすすめる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習に限らず、学習の成果は「質」×「量」で決まります。言い換えれば、どれほど「質」の高い学習をしても、ある程度の「量」は英語力向上において絶対に欠かせないものです。しかし、「時間がない」社会人には、一定量の学習時間をつくることってどうしても難しくなりますよね。

そんな人に私がおすすめしているのが「朝学習」。早起きできないよというそこのあなたも、私がおすすめする「朝学習」のメリットをしれば、きっと明日から早起きしたくなりますよ。

朝がいい理由1「朝」は誘惑の少ない「学習のゴールデンタイム」

英語学習を始めてみればわかりますが、せっかく自分がやる気になっても、多くの誘惑に負けてしまいがち。

例えば、仕事終わりには同僚や知人から飲み会や遊びの誘い。スマフォを取り出せば、SNSやメールがひっきりなしに届けられ、仕事終わりの19時から22時頃のテレビ番組は他の時間帯に比べて面白く、一度見始めてしまえばなかなか途中で切り上げることができません。

平均的な社会人の仕事が終わる19時から22時頃の時間帯には、数えきれないほどの学習を阻害する要素があるのです。

一方、朝だとこれらの誘惑にまどわされる心配がありません。同僚や知人からの食事や遊びの誘いはまずありませんし、SNSに何か投稿したところで、この時間帯なら誰も反応してくれないでしょう。早朝にテレビをつけても興味がそそられる番組なんてほとんど流れていません。

この「やることのない」朝だからこそ、学習に集中できるのです。

朝がいい理由2 平日の朝の「限られた」時間だから集中できる

平日の朝は限りなく時間があるわけではありません。人によって状況は違いますが、出社するまで、子供を起こすまで、など「使える時間が限られている」はずです。

小学校時代、夏休みが始まったばかりだと、いくらでも時間があるのでやる気が出ませんが、夏休みが終わりかけるころには「そろそろやらないと・・・」という気持ちが出てきて焦りとやる気が一気に高まったという経験のある人は多いでしょう。学習業界ではそれを「締切効果」と呼ばれています。

「時間が限られている」という状況が学習濃度を高めてくれ、おのずと学習へ向かう集中力を高めてくれる。朝学習では毎日「締切効果」の恩恵を受けることができるのです。

朝がいい理由3 朝は脳もからだも最高に元気!

これは、朝学習を実践されている人が口をそろえて言うことですが、早朝は心も体もとても元気なことに気づかされます。仕事終わりの夜と比べ物にならないくらい、頭の冴えが違いますし、集中力の持続性も異なります。

たとえば、夜に読んでみて、全く意味も分からなかった英文も、朝読んでみるとしっかりと理解できることが多くあります。暗記する学習も、暗記できる量や定着度は朝の方がぐっと高くなります。この心身共にリフレッシュされた心と体を利用すれば英語の定着度もさらに上がるはずなのです。

でも、早起きはどうしても苦手…という人でも朝学習を始められるように、わたしが試してきたたくさんの経験から、朝学習を始めるための秘訣を教えましょう。

朝学習のコツ1 明朝の学習内容は事前に決めておく

特に、朝学習をはじめたばかりのころは、なかなか計画どおりに学習がスタートできません。そんな場合は、事前に「やること」を決めておくとスムーズに学習に取り組むことができます。

前日の寝る前にできる限り具体的に学習内容を決めておくことが理想的です。ただ漠然と「音読する」というのでなく、「NHKビジネス英語の〇〇ページを5回音読する」という学習内容を事前に決めておきましょう。

このように課題を持っておくと、朝起きてからもたつかず、スムーズに勉強を始められますし、目標に対する達成感も生まれるので、毎日自分をほめてあげたくなるような、気持ちのいい朝を迎えることができて、一石二鳥です。

朝学習のコツ2 開始時刻と終了時刻を決めておく

朝学習のための起床時間と開始時間は決めておくと良いでしょう。起床時間を決めておくことで、体内リズムが整い、就寝時刻に多少のブレがあったとしても、すっきりと目覚めることができます。

また、開始時刻を決めることにより、負担なく頭が働き始めます。そして何より、朝学習の最大の障害となる「あと〇〇分だけ・・・」という気持ちが抑えられます。

朝学習のコツ3 できるだけ早く寝る!

当然すぎることなので書くことをためらいましたが、この「早く寝ること」ができないために朝学習から挫折してしまう人が多いことも現実です。ぜひ、先述した夜の誘惑に引きずられず、早く寝ることにより朝学習を継続させてください。

社会人になってから「朝学習?」と思った人もいらっしゃるかもしれません。私も朝は得意ではありませんでしたが、最終的には社会人がコンスタントに時間を捻出できるのは「朝」だと気づかされ、それから「朝学習」を実践しています。ぜひ、みなさんも「朝学習」で英語力アップを目指してみてください。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら