【英語の発音】正しい発音はマナー? 苦手な発音を矯正する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を話しているとき、「自分は正しく話しているつもりなのに相手に伝わらない」といった経験をした方も多いのではないでしょうか。

英語が母国語でない人にとっては、発音がコミュニケーションを妨げることがあります。ネイティブの人は、非ネイティブの人に対してある程度寛容な人も多いですが、意思の疎通が難しい場合はお互いにとってストレスとなりえます。ここでは、会話をスムーズにすすめるための、正しい発音を身につける方法を具体例を挙げながら紹介していきます。

日本語と英語の発音の違い

そもそも日本語と英語の発音には大きな違いがあります。その違いを知ることで、苦手な発音を明らかにし、聞き取りやすい会話を目指しましょう。まずは、どのような点が違うのか、具体的に解説します。

母音の数やルールの違い

日本語の母音は「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」の5種類です。一方、英語の母音は日本語よりも複雑でたくさんあります。また、日本語の母音は、すべての語が母音で終わりますが、英語の場合は単語の中ではっきり読む母音が一つだけの場合もあります。

たとえば「アクション」という単語。アルファベットでは「Action」と表記し、「A」と「o」の2つの母音が含まれます。これを実際に発音する際は、頭の「A」だけを強調します。正しい英語の発音を身に着けるためには、母音のルールを理解して、アクセントの位置を意識することも重要なポイントといえるでしょう。

もっと母音について学びたい!という方は、こちらの記事をご覧ください。

参考:英語発音をよくするコツ!【母音 アイウエオ編】

まぎらわしい子音

母音がはっきりと発音する音であるのに対して、唇や歯、舌で空気の流れを変えて出す音を「子音」といいます。英語の子音には日本語にない口の動きがあり、難しいと感じる音がいくつもあります。

たとえば、「L」と「R」。「Lead」と「Read」、「Light」と「Right」といった発音を苦手とする人も多いのではないでしょうか。ほかにも「B」と「V」、「F」と「H」、「TH」と「S」、「TH」と「Z」などが、日本で育った人にとっては難しいといわれています。
舌の動きで発音に差をつけることはできますが、コツを掴むまでは、なかなか苦労するかもしれません。

具体的な「L」と「R」の矯正方法、発音のコツについてはこちらをご覧ください。

参考:今日から使える!英語発音3つのポイント!
参考:五分で絶対に矯正できる「L」と「R」の英語発音法
参考:英語発音をよくするコツ!【子音 サシスセソ編】

正しい発音で話すメリット

正しい発音で話すことは、英語話者として大きな強みとなります。ここからは、正しい発音をする理由やそのメリットを解説します。

話し相手が前向きに聞いてくれる

英語はコミュニケーションのツールです。自分の言いたいことが相手に伝わればいいですが、あまりにも伝わりにくいようだと、相手にストレスを与えてしまいます。

もちろん寛容な人もいますが、相手が疲れてしまわないような配慮は必要です。そんな配慮をしてこそ、「コミュニケーション」と呼べるのではないしょうか。発音がよければ、相手も気持ちよく聞いてくれ、自分の発言にも自信が持てるようになるはずです。これは英語、日本語だけでなく、すべての言語に当てはまるコミュニケーションの基本です。

相手の話が聞き取れるようになる

発音を学ぶと、自ずと英語の音に耳が慣れてきて、相手の発音も聞き取りやすくなります。また、日本語と同様、英語にも方言や年代ごとの癖のようなものがあります。「試験形式の英語は聞き取れるのに、英会話となると途端に難しくなる」と感じている方はドラマや英語の音声を積極的に聞いてみるといいかもしれません。リアルな英語に触れる時間を増やすことで、英語を聞き取る能力が高まり、上達が望めます。

ひとりでできる英語発音訓練

英語の発音は発音のわかる相手にチェックしてもらいながらやるのがベストです。けれども、その前に基本的なことは自身で学び、訓練の習慣を身に着けることも重要ではないでしょうか。実はひとりでできる英語発音訓練はたくさんあるんです。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

ベーシックサウンドを学ぶ

発音を学ぶのに、早すぎることも遅すぎることもありません。英語を勉強しはじめたばかりの初心者でも、英会話力を向上させたい上級者でも、基礎的な発音を学ぶことはとても大切です。クリアな発音ができるようになると、スピーキングレベルはグッとアップします。

基本的な英語の音のサウンドと発音記号を学びたいのであれば、レアジョブ英会話の教材「ベーシックサウンド」がおすすめです。音声ファイルがあり、聴いて学べますので、スマートフォンなどで録音したご自身の発音と比べてみることをおすすめします。

参考:発音 ベーシックサウンド

フォニックスを学ぶ

みなさんは「英語学習法フォニックス」を知っていますか。近年注目されている学習法の1つで、アルファベットの綴り字と発音との間にもつルールから発音を学ぶことができます。
この学習法はネイティブに通じやすい発音を苦手とする日本人にうってつけです。

たとえば、フォニックスではアルファベットのaを「ア」、tを「トゥ」と覚えます。これを組み合わせると、「at=アトゥ」となります。ただし、「at」単体で使用することは、ほぼありませんよね。基本的には、「study at school」や「stay at home」のように前後の単語とつながります。

このとき、「スタディ アット ホーム」と単語で分けるのではなく、前後の単語と関連付けた発音ができるので、よりネイティブに近い発音で訓練することが可能です。

音読をする

日本の学校でも国語の授業で音読が取り入れられているように、英語の習得にも音読は有効です。音読は発音の訓練になるとともに、英語を英語のまま理解する訓練にもなるため、習慣化したい勉強法となっています。
分からない単語があっても、まずは読み切ることを意識して取り組んでみるとよいでしょう。音読する時間を増やすことで、前後の文脈から徐々に分からない単語も、ある程度予想がつくようになってくるはずです。

シャドーイングをする

シャドーイングは非常に効率的な勉強法です。耳から聞いて追いかけるように口に出すことで、発音の訓練になるだけでなく、リスニング力も身につけらるなど、メリットがたくさんあります。
とくに有名なスピーチのシャドーイングは、話し方の勉強にも最適です。興味のある分野のスピーチを見つけてシャドーイングをするだけで、英語力・知識・プレゼン力など、さまざまなスキルを身に着けることができるでしょう。

シャドーイングは繰り返し挑戦することが大切です。はじめはまったく追いつけなくても心配ありません。何度も繰り返して少しずつ聞き取れる単語、話せる単語を増やしていくことで、確実に英語力は向上します。

アプリで練習する

発音訓練として注目されているのが、アプリを活用した勉強法です。スマートフォンにはマイクがついているので、ユーザーの発音を判定するアプリも登場しています。
英語学習アプリは数多く存在しますが、今回は、とくにおすすめの2つをご紹介します。

1つ目は「English News in Levels」。毎日更新される記事に加えて、音声を1.5倍速まで設定できるので、レベルに応じた練習が可能です。

参考:iOS(English News in Levels)
参考:Google Play(English News in Levels)

2つ目は「BBC Learning English」。イギリスのBBC提供のアプリで、ニュースを聞くだけでなく、文法、発音、語彙など、総合的な英語学習ができる多機能が人気となっています。

参考:iOS(BBC Learning English)
参考:Google Play(BBC Learning English)

英語の発音を英会話で身につける

基本的な音を理解したら、会話で発音を訓練するステップに進みましょう。会話ではアクセントや強弱、スピードなどを身につけることができます。実践を重ねることで、自信を持って英語が話せるようになるはずです。

苦手な発音の指導を受けられる

英会話を通して自分の苦手な発音、つまり「相手に伝わりづらい単語、文章」を明確にすることができます。レアジョブ英会話では、「カンバセーションクエスチョン」を活用したレッスンを導入しており、会話のキャッチボールを通して楽しく苦手を克服することができるでしょう。

正しい発音を身につけるには、発話量アップも大切なポイントとなります。一問一答式で、次々と質問に答えていくことで、会話の瞬発力も鍛えることが可能です。
「発音を矯正しなければ」と身構える必要はなく、日常の雑談や会話を通して、自然と正しい発音を学べるレアジョブ英会話のレッスンは、幅広い世代に支持されています。

スピードや抑揚を身につけられる

ひとりでできる学習もありますが、会話の中でこその気付きもあります。たとえば、単語の発音だけでなく、音のつながりや強弱、スピードを学ぶには、独学よりも対話が良いでしょう。

音読やシャドーイングでうまく発音できていても、会話の中だとスムーズに伝わらない言葉もあるかもしれません。単に正しい発音をするだけでなく、相手に伝えるための抑揚の付け方などは、ぜひ対話の中で学んでみてください。

無料体験レッスンで発音をためしてみよう

英語の発音には発音記号や基本的な発音を知ることから始まり、口に出してみることで上達していきます。音はひとりで学習できますが、スピードや抑揚などはリアルな会話の方が上達します。

「英語は勉強したいけれど、なかなか時間が確保できない」という人には、深夜早朝のオンラインもおすすめです。レアジョブ英会話は忙しい人にもぴったり。なんと、朝6時~夜24時30分までレッスンを受けられます。

また、オンライン英会話学習では発音を訓練するコースもあるので、重点的に鍛えることも可能です。無料体験レッスンもありますので、まずはお気軽に相談してみてください。英語が話せるようになると、仕事でもプライベートでも、きっと役立つときがくるはずです。

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する