「~について」を表す英語はaboutだけだと思っていませんか?「~について」の英語表現を使いこなそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

about the meeting(会議について)のように「~について」と言うとき、いつもaboutを使ってはいないでしょうか。

実はonも「~について」という意味で使うことができ、regardingやconcerningという語もよく耳にします。「~について」を表すさまざまな英語表現を理解して、自分で使いこなせるようになりましょう。

1語で言えるシンプルな「~について」

「約」という意味でも使われるaboutは、「~の周辺」といったニュアンスです。そこで、「~について」と言うときに「~の周辺ではなく、もう少し狭く特定したい」と思ったら、別の語を使うことになります。まずは1語でシンプルに使える表現を見ていきましょう。

「~の周辺」のabout

What are you talking about?(何の話をしているんですか?)

talk about ~(~について話す)、be worried about ~(~のことが心配な)、How about ~?(~についてはどう?)など、「~の周辺の」を意味するaboutは、会話で「~について」「~のことを」と言うときに幅広く使えます。

特定のものを指すon

Do you have any comment on that?(それについて何かコメントがありますか?)

onは何かに「接触」していることを表し、aboutより範囲が狭くなることから、comment on ~(~についてのコメント)、book on~(~についての本)、information on ~(~についての情報)など、何か特定のことや専門性の高いことを指すのに向いています。

「~の方を向く」for

Please contact us for further details.(詳細についてはお問い合わせください)

「~のために」という意味のforには、「~の方を向く」と対象を指すイメージがあり、contact for ~(~について問い合わせる)、ask for ~(~について頼む)、thank you for ~(~について感謝する)のように使えます。

「~について考える」regarding

I’ll talk to her regarding the issue.(この問題について彼女に話をします)

regardは「~と見なす、~を考える」という動詞で、regardingのすぐ後に名詞を続け、「~について(考えると)」といった意味になります。ビジネスなどでよく使われる、やや改まった言い方です。

「関係している」concerning

Here’s the data concerning the market’s reaction.(こちらが市場の反応についてのデータです)

concernは「~に関係している」という意味の動詞で、concerningのすぐ後に名詞を続けると、「~に関係して、~について」という意味になります。これもやや改まった語です。また、concernには「心配させる」という意味もあり、It’s concerning.と言うと「それは心配だ」という意味になるので注意が必要です。

A: Can you tell me something more on this?(これについてもっと教えてもらえますか?)

B: Regarding the issue, I’m going to ask Mr. Johnson.(その件については、ジョンソンさんに聞いてみます)

A: Thank you for that. I appreciate it.(ありがとう。感謝します)

単語の意味を意識したい2語以上の「~について」

日本語では「~について」とシンプルに言えることを、英語では「~という条件につきましては」「~を尊重いたしますと」ともったいぶった調子で言うことがあります。

言いたいことを強調したり、話をいったん区切ったりするのに便利で、ビジネスの会話やスピーチ、インタビューなどでよく使われます。どういった表現が使われるのか、確認しておきましょう。

「~に関して言えば」のas for

As for clothing, I’m no expert.(服に関しては、私はよく知りません)

「~として」という意味のasと「~の方を向く」のforを合わせ、as for ~で「~の方を向くとして、~について」という意味になります。「~に関して言えば」といったニュアンスで、よく文頭で用いられます。

「扱う」のdealing with

I have a job dealing with finances.(金融についての仕事をしています)

deal with ~は「~を扱う」という意味で、名詞の後にdealing with ~を続けると、「~を扱う、~についての」という意味を表します。a job dealing with people(人相手の仕事)のように漠然と表現することができる、便利な言い方です。

「~の条件」を言うin terms of

Canada is the best country in terms of quality of life.(生活の質については、カナダが最高の国です)

termには「条件、期間、~用語」といった意味があり、in terms of ~は「~という条件については」といったニュアンスで一般に「~について、~に関して」といった意味で使うことができます。

「~のこと」を言うin the matter of

We should raise awareness in the matter of food safety.(食の安全についての意識を高めるべきです)

matterは「問題」という意味のほか、「~のこと、~の件」と物事を漠然と指すことができる語で、in the matter of ~は「~のことでは、~については」という意味になります。

「~を尊重」するwith respect to

With respect to your question, we don’t have the answer yet.(ご質問の件につきましては、まだ回答がございません)

respectは「尊敬、尊重」といった意味の語で、with respect to ~で「~を尊重しますと」といったニュアンスになりますが、実際には「~について、~に関して」を丁寧に言う場合の表現です。

A: Japan is the best country in terms of hygiene.(衛生に関しては、日本が最高の国です)

B: And we should raise awareness in the matter of healthy diet.(健康な食生活についての意識も高めなければ)

A: I agree. Let’s see what we can do on that.(その通りです。それについて何ができるか考えてみましょう)

「~について」を使いこなせるようになりたいと思ったら

「~について」と言うためのさまざまな言い方が理解できたら、自分で実際に使ってみましょう。

ここで覚えたフレーズを忘れないためには、実際に使ってみるのが大切です。会話をする場がないとお困りのひとは、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみてください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する