英語ができるようになりたいなら5文型が重要!わかりやすい5文型の解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人になってから英語学習のやり直しを始めたという人は多いのではないでしょうか。しかし、仕事との両立でなかなか学習時間を取れないという声もよく聞きます。効率よく学習できたらいいのになと思いますよね。そんな人はまず文法の基礎を固めることをおすすめします。文法は一度覚えたらある程度の英語は理解できるようになりますよ。今回は、英語の5文型について解説します。学生時代はよくわからなかったという人も、この機会に理解を深めましょう。

文型は重要!その理由は?

文型とは、英文の型のことです。大きく分けて5つの文型があります。普段、あまり耳にしない言葉かもしれませんが、実は非常に重要な存在です。文型を理解していると英語学習がよりスムーズに進められるからです。文型から単語の意味を推測できるようになり、単語ごとでなく文節ごとに英語を読めるようになります。すると、英文を読むスピードが速くなり、TOEICなどの試験でも有利になるでしょう。

英語の5文型を構成する要素

英語の5文型を構成する主な要素には、S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)があります。それに加え、要素としてはカウントされないM(修飾語)の存在もあります。ここではそれぞれが何なのか、対応する品詞とともに一つずつ紹介していきます。

S(主語)の説明と対応する品詞

Sは「subject」の頭文字から主語を表す要素として使われます。「~が…する」の「~が」に当たる部分で、名詞と代名詞が当てはまります。例えば、IやHe、Taro、MaryなどがSです。英語では文には必ず主語が必要になるので、Sは5文型すべてで含まれます。

V(動詞)の説明と対応する品詞

Vは「verb」の頭文字から動詞を表します。is、areといったbe動詞と、do、playなどの一般動詞があります。基本的にS(主語)の直後に置いて使われます。Sと同じく、Vも5文型すべてで必ず使われる要素です。

C(補語)の説明と対応する品詞

Cは「complement」の頭文字から補語を表す要素で、基本的には名詞、代名詞、形容詞が当てはまります。例えば、V【動詞)の後にくる、my husband、 him、cute、tiredなどです。Cは第2文型と第5文型で使われます。主にVの直後か、Oの後に置かれます。文章の意味を補足するための要素なので、すべての文に必ずしも含まれるわけではありません。使い方について詳しくは後ほど解説します。

O(目的語)の説明と対応する品詞

Oは「object」の頭文字から目的語を表す要素として使われます。「~を…する」の「~を」に当たる部分で、名詞と代名詞が当てはまります。例えば、me、 her、catなどです。

Oは第3、第4、第5文型で使われます。 目的語がなくても意味が通じる文章には使われません。

M(修飾語)の説明と見分け方

英文にはMという要素が含まれる場合があります。Mは、「Modifier」の頭文字から修飾語を意味を持ち、S、V、O、Cそれぞれの要素に説明を加える役割があります。ここで注意したいのは、Mは文の要素にはなれないということです。文型の要素としてカウントされません。副詞と同じ扱いだと考えてください。以下の例文で解説します。

When Tom went to school, he bowed politely to the teacher.(トムは学校へ行ったとき、先生に丁寧にお辞儀した。)

まず前半のWhen Tom went to schoolは「トムが学校へ行ったとき」という意味で、「いつ」のことなのかを表して、文全体を修飾するMとなります。

後半は代名詞のheがSで、bowedがVということがわかります。politely(丁寧に)は副詞で、to the teacher(先生に対して)は前置詞句になり、bowedを修飾しどのようにお辞儀したのかを説明するMです。Mは文型の要素としてカウントしないので、残るのはhe bowed (SV)のみで、この文は第1文型ということになります。

英語の5文型とは

英語の5文型とは、上記で紹介した要素の並び方によって分類したものです。パターンは5つあり、それぞれ第1文型、第2文型、第3文型、第4文型、第5文型と呼ばれています。ここからはそれぞれの見分け方を例文とともに解説していきます。

第1文型|SV(主語・動詞)

まずは第1文型について解説します。第1文型はSV(主語・動詞)の2つのみで構成された文型です。もっともシンプルな文型なので比較的理解しやすいでしょう。

SVの概要と見分け方

第1文型はS→V(主語・動詞)の語順で表します。Vが自動詞かどうかが見分けるポイントになります。自動詞とは、目的語を必要としない動詞で例えばgo、walkといった単語が当てはまります。

また、SVの後にMが入る場合もあります。第1文型といっても、必ずしも2語の文ではないので注意しましょう。動詞の後にMの要素である前置詞+名詞の形が続くことがよくありますが、その場合、動詞は自動詞である可能性が高いです。Mは文型の要素に含まれないので切り離して考えるようにしてください。

SVの例文

The girl laughed. (少女は笑った。)

第1文型の最もシンプルな形です。文型を判断するときに時制は関係ないので注意しましょう。

He goes to the hospital.(彼は病院へ行く。)

前置詞+名詞の形で行き先を表す修飾語としてto the hospitalが含まれていますが、He goes.だけでも文として成り立つので、こちらも第1文型の文です。

第2文型|SVC(主語・動詞・補語)

次に第2文型を紹介します。第2文型はSVC(主語・動詞・補語)の3つの要素で構成された文型です。要素は増えましたが、比較的判別しやすいでしょう。

SVCの概要と見分け方

第2文型はS→V→C(主語・動詞・補語)の語順で、「SはCという状態である(V)」ということを表します。S=Cの関係が成り立っているのが見分けるポイントです。be動詞を使った文や、lookやseem、feelといった視覚や聴覚などで感じることを表す「知覚動詞」と呼ばれる動詞が使われている文の多くが第2文型です。

SVCの例文

She looks very sad. (彼女はとても悲しんでそうに見える。)

この文ではS(She)=C(sad)の関係が成り立つため、第2文型だと判断できます。veryは副詞なので、文の要素にならないMとして扱います。

She feels happy about that.(彼女はそれを幸せに思う。)

これも、S(She)=C(happy)の関係が成り立つ第2文型です。about thatの「前置詞+名詞」のセットはMとなるので、文の要素にはなりません。

第3文型|SVO(主語・動詞・目的語)

第3文型はSVO(主語・動詞・目的語)の3つの要素で構成された文型です。一見、第2文型と似ていますが、区別するポイントがあるので押さえましょう。

SVOの概要と見分け方

第3文型はS→V→O(主語・動詞・目的語)の語順で、「SがOを(もしくはOに)Vする」という意味を表します。第3文型のVには他動詞しか入らないことが見分け方のポイントです。他動詞とは、目的語を必要とする動詞で、have、live、followなどが挙げられます。

第2文型と同様に、Vの後に名詞が置かれるパターンがあります。ここで気をつけたいのは、第2文型はS=Cの関係であるのに対し、第3文型はイコールの関係にはならないということです。第2文型か第3文型か迷った場合は、SとOCの関係を考えるようにしましょう。

SVOの例文

I have a lot of books.(私はたくさんの本を持っている。)

a lot of(たくさんの)はbookを修飾するMです。修飾語は文型の要素に含まれないので、切り捨てると、S(I)V(have)O(books)の第3文型が見えてきます。

She lived a life of luxury.(彼女は贅沢な暮らしをしていた。)

こちらもS(She)V(lived)O(a life)の第3文型で、of luxuryはlifeを修飾するMです。動詞がlivedと過去形ですが、文型に時制は関係ありません。

第4文型|SVOO(主語・動詞・目的語・目的語)

第4文型はSVOO(主語・動詞・目的語1・目的語2)の4つの要素で構成された文型です。要素が増えて少し複雑になってきましたね。ここでは第4文型の概要と見分け方を例文とともに紹介します。

SVOOの概要と見分け方

第4文型はS→V→O1→O2(主語・動詞・目的語1・目的語2)の語順で、「SがO1にO2をVする」という意味を表します。この文型の特徴は、Oが2つあることです。

第3文型で説明したとおり、OがあるのでVは他動詞で、teach、give、buyなどがよく使われます。Vの後に名詞が2つ続いた場合は第4文型であると目星をつけるといいでしょう。さらに、第4文型の2つのOは「O1≠O2」という関係にあります。これは次に解説する第5文型との大きな違いで、見分けるポイントになるので押さえておきましょう。

SVOOの例文

The teacher taught students mathematics.(先生は生徒に数学を教えた。)

taught(teach)は「O1にO2を教える」という言う意味で、studentsとmathematicsはどちらもtaughtの目的語となっています。S(The teacher)V(taught)O1(students)O2(mathematics)となり、第4文型です。O1(students)≠O2(mathematics) の関係も当てはまります。

My parents gave me a new car on my birthday.(両親は私の誕生日に新しい車を与えてくれた。)

gave(give)は「O1にO2を与える」という意味で、meとa new carはどちらもgaveの目的語となっています。S(My parents)V(gave)O1(me)O2(a new car)で表す第4文型です。on my birthdayは修飾語でMなので、文型に影響はありません。

第5文型|SVOC(主語・動詞・目的語・補語)

いよいよ最後の文型です。第5文型はSVOC(主語・動詞・目的語・補語)で構成された文型です。第4文型と同じく4つの要素がありますが、OではなくCが使われています。第4文型との違いもしっかりおさえておきましょう。

SVOCの概要と見分け方

第5文型はS→V→O→C(主語・動詞・目的語・補語)の語順で、「SはOがCするのをVする」もしくは「SはOをCだとVする」という意味を表します。Oがあるので、Vは他動詞です。

第4文型は目的語を2つとりますが、第5文型では目的語と補語を1つずつとることが特徴です。また、第4文型はO1≠O2であるのに対し、第5文型ではO=Cの関係が成り立ちます。

SVOCの例文

Everyone call me John.(みんなは私をジョンと呼ぶ。)

V(call)のあとに、me、Johnと代名詞と名詞が続いていて、me=Johnの関係が成り立つので、第5文型だとわかります。

I will make you happy.(私はあなたを幸せにするつもりだ。)

V(make)のあとに、youという代名詞、さらに”happy”という形容詞が続いています。you = happyという関係も成り立つので、第5文型だと判断できます。willが使われた未来形の文ですが、時制は文型に影響はありません。

まとめ

今回は、5文型について詳しく解説しました。5文型を理解することによって、英語学習の理解が深まるので、しっかりおさえておきましょう。とはいえ5文型や英文法を完全に理解するのはなかなか大変ですよね。社会人になってから勉強をやり直したものの、挫折してしまったという人も少なくありません。そんな人は、英会話を通じて学ぶのはいかがでしょうか?

オンライン英会話のレアジョブでは、文法を学べるレッスンも用意されています。低価格ながらもレベルの高い講師によるマンツーマンレッスンを受けられ、深夜や早朝も受講できるので、多くのビジネスパーソンに利用されています。気になる人はぜひ無料体験レッスンをお試しください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する