英語の発音が劇的によくなるフォニックス学習とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい発音で英語が読めるようになる注目の「フォニックス」とは

近年注目されている英語学習法フォニックスは、アルファベットの綴り字と発音との間にもつルールを学ぶことで、さまざまな単語や文章を正しく発音できるための教育法です。英語の読み書きはできても、ネイティブに通じる正しい発音が苦手な日本人にはうってつけなこの教育法。発音が苦手、実は英語を読むのも一苦労という人におすすめの「フォニックス」をご紹介します。

フォニックスの特徴:文字と音がリンクする

従来の学校教育では「発音記号」を用いた教育法がとられてきました。これは、アルファベットとはまた別に、発音を表す記号を用いて単語の音を表現したものです。

日本語のひらがなやカタカナと違い、英語のアルファベットは「読み方」が複数あるなどルールが異なります。つまり、アルファベットが持つすべての音を知らないと単語や文章を正しく発音することができないということになるのです。

例えば、アルファベットの音「a」「b」「c」をそれぞれどう発音すればよいのか、それを組み合わせると読み方はどう変わるのか、それらを体系立てて解説してくれるのが、フォニックスなのです。

英語の綴りを見ただけで発音がわかったり、知らない単語でも発音を聞けばスペルがわかるようになるこのフォニックスですが、聞いているだけだと一見難しそうに感じますよね。YouTubeなど動画がたくさんアップされているので、まずはぜひ見てみてください。英語をネイティブとする子供たちのためにつくられた動画がほとんどなのですが、子供向けということもあって、とてもわかりやすい内容となっています。

フォニックスって具体的にどんな勉強をするの?

フォニックスの学習法は、1音ずつ始めて2音3音と増やしていきます。

フォニックスではアルファベットのbを「ブッ」、aを「ア」、tを「トゥ」と教えます。これを組み合わせると、「bat=ブッアトゥ」となります。日本では「バット」と発音することの多い単語ですが、フォニックスのルールを使えば、より英語らしい発音になります。

    (例)

  • c=ク、a=ア、p=プ「cap=クアプ」
  • d=ドゥ、a=ア「dad=ドゥアドゥ」
  • k=ク、i=イ、t=トゥ「kit=クイトゥ」

「kite」をフォニックスに当てはめるとどう読む?

実は、単語の末尾にくる「e」は、「マジックe」もしくは「サイレントe」と呼ばれる特性を持っており、「前に出てくる母音の発音を【元のアルファベット読み】に戻し、自らは発音しない」というルールがあります。「i」はもともと「アイ」と読みますから、「kite=クアイトゥ」と発音することがわかります。

このように、フォニックスのルールを覚えてしまえば、単語を読む力と発音力の大幅アップが期待できるのです。

フォニックス学習でおすすめの書籍と動画をご紹介

さっそくフォニックスを取り入れたいという方に、おすすめの教材をご紹介します。

おすすめ1 映像と音でフォニックスを学びたいなら

テキストでの学習は苦手、という方は視覚と聴覚を刺激する動画で学ぶのがおすすめ。今は無料の動画投稿サイトにもフォニックス学習向けの動画が数多く配信されています。

お子様向けなら、可愛らしい絵と印象的な歌でアルファベットの持つ音を紹介してくれる「Phonics Song with TWO Words – A For Apple – ABC Alphabet Songs with Sounds for Children」(YouTube)。これなら、飽きずに何度でも楽しめますよ。

大人用には「英語が読める&聞き取れるようになるための反復練習【フォニックス&発音】」(YouTube)。基本的なフォニックスの音を、口の動かし方や詳しい解説など、さまざまな角度から紹介してくれる、盛りだくさんな動画です。感覚だけでは発音をつかみにくいという人に適した教材動画になっています。

おすすめ2 幼児・小学生には「The Sky book(mpi)」

幼児や小学校低学年のお子様におすすめなのは、mpi松香フォニックスの「THE SKY BOOK」です。

松香フォニックスは、日本のフォニックス教育のパイオニアです。こちらの教材は、まだ机に向かうことの苦手なお子さんでも楽しく学べるよう、「歌」から発展させた楽しいコースブックになっています。

1冊目のBOOK1をマスターしたら、BOOK2でさらに発展したテーマで学んでいきます。付属のCDを流し、全身を使って歌やチャンツで楽しみながらフォニックスを学ぶことができます。

The Sky Book 1

おすすめ2 中学生・高校生には「Active Phonicsテキスト(mpi)」

同じく、松香フォニックスmpiの「ACTIVE PHONICSテキスト」は、時間のない中学生や高校生の方でも短期間でフォニックスが身につくと人気の教材です。実際の学校現場でも採用されているこのテキストでは、1回約20分の学習を30回行うことで、フォニックスのルール全般だけでなく、3人称や過去形なども学べます。別売りのCDでは、若手のアーティストが歌やラップなどで、効率よく勉強するのに効果的です。

Active Phonics テキスト

おすすめ3 大人向けなら「フォニックス<発音>トレーニングBOOK(明日香出版社)」

学生時代は、発音記号で英語の発音を覚えた、という人向けには「フォニックス<発音>トレーニングBOOK」がおすすめです。こちらは、基礎から学べる一冊になっており、今から正しい発音を身につけたい大人にぴったりです。付属のCDは、まるで著者の個別指導を受けているようだ、と人気の教材です。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

フォニックスで発音に自信をつけよう!

フォニックスの基本を一通りマスターしたなら、あとは実際に英語を話してみて、自信をつけましょう。今はスマートフォンなどを使って発音チェックができるアプリも配信されています。マイクに向かって話しかけると、ネイティブスピーカーにどう聞こえるかを診断してくれるアプリや、キャラクターに話しかけて会話ができるすぐれものです。

忙しいけれど、やはり外国人の講師と話してみたい、という方はオンライン英会話レッスンを試してみてはいかがでしょうか。パソコンやスマートフォンの無料電話アプリを使って、気軽に自宅で自分の発音力を試すこともできます。レッスン開始5分前でも予約ができるスクールもあり、自分の都合に合わせたスケジュール管理が可能となります。お子さん専門のレッスンもあるので、興味がある方は検索してみてください。

まとめ

フォニックスは、英語圏の子供たちが英語を学ぶ際のアプローチ法です。私たち日本人はどうしても外国語を学ぶ際、ひらがなやカタカナに変換してしまいがちですが、そのままではなかなかネイティブのような発音には近づけません。

フォニックスは、自然な英語を話すための基本的なルールです。フォニックスを身につけて、自信をもって英会話ができるようにしたいですね。

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。