「すごいですね!」は英語で?ビジネスで先輩や後輩を褒めるときに使える英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場での「褒め言葉」。言葉の選択やタイミングが合っていれば、褒められた人はとても気分が良くなります。けれども、上から目線だったり、タイミングが悪かったりすると、褒めたはずだったのに何だか微妙な雰囲気になってしまうことも。日本語でも上手に褒めるのは難しいのに、英語ではどうやって褒めればいいんだろう…と悩んでいる方も多いかもしれません。

というわけで今回は、職場で使える英語の褒め言葉をクイズ形式でご紹介します!

仕事の覚えが早く賢い新入社員を褒める

新入社員が仕事を早く覚え、即戦力として活躍してくれるのはうれしいですよね。そんな新人を褒めるときに、より適しているフレーズはAとBのどちらでしょうか?

A. You are really improving. You must have worked hard.
((前より) とてもできるようになっています。一生懸命頑張ったからですね。)
B. You learned very quickly. You are so smart!
(覚えるのが早いですね。本当に頭の回転が速いですね。)

人を褒める場合は、その人の成果や努力を褒めることが大切です。ですから、褒めるときに「賢さ」などその人にもともと備わっているかもしれないものについて言及すると、「こんな仕事、賢くなくてもできるよ」なんて思われてしまう可能性も。というわけでクイズの正解はAです。

さらに、褒めるときには一緒に感謝の気持ちを伝えると、相手は「自分は必要とされているんだ」という気持ちになれます。

Thank you for getting this done so quickly.
こんなに早く終わらせてくれてありがとうございます。

同僚の仕事ぶりを称えたいときに使える英語フレーズ

仕事ぶりに感心したことを同期の社員に伝えるときに、より適したフレーズはAとBのどちらでしょう。

A. I am glad to work with you.
(あなたと一緒に働くことができてうれしいです。)
B. I am glad to have you part of my team.
(あなたが私のチームにいてくれて嬉しく思います。)

Bのフレーズは、一緒に仕事ができて嬉しいということを伝えようとしているのですが“part of my team”と表現すると何だか上から目線になってしまいます。そのため、このようなときはシンプルに”I am so glad to work with you(あなたと一緒に働くことができてうれしいです。)”と言う方がベターです。なのでクイズの正解はAです!

また、同僚のスキルについて褒める時は以下のように伝えるのが良いでしょう。

I am so impressed by the way you managed this project.
(あなたのプロジェクトの進め方にとても感心しました。)

上司や先輩の仕事術に感心したときに使える英語フレーズ

上司のすばらしいプレゼンのおかげで大きな契約を取ることができました。上司に「すばらしかった」を伝えるのに適したフレーズはAとBのどちらでしょうか?

A. You did a great job!
(よくできましたね。)
B. Thank you very much. I learned so much from your presentation.
(ありがとうございました。あなたのプレゼンからたくさん学ぶことができました。)

英語の褒め言葉の定番”You did a great job!”や”good job”には「よくやった」という意味があります。上から目線の言葉なので、上司に使うのは失礼です。Bのように上司の技術や知識に感謝を表現すると、言葉を気持ちよく受け取ってもらえます。クイズの正解はBです。

上司や先輩に「すごいですね」と言いたいときは、”great”や“wonderful”などの直接的な表現を使うのではなく、感謝の気持ちで表しましょう。以下の表現も定番なので覚えておいてくださいね。

Thank you for your help.
(助けていただきありがとうございました。)

I appreciate your advice.
(アドバイスをありがとうございました。)

上司が部下または先輩が後輩を褒める定番フレーズ

最後に、上司が部下(先輩が後輩)を褒めるときの定番フレーズをまとめておきます。

I am proud of you.
(あなたを誇りに思います。)

You are the best.
(あなたは最高です。)

I knew you could do it.
(あなたならできると思っていました。)

This is more than I expected.
(私が予想していたよりも良かったです。)

これらのフレーズは、目上の人に使うと失礼になることがあるので気をつけてくださいね。

英語で「褒め上手」に

英語も日本語と同じように職場での立場や関係性によって褒め言葉を選びます。”Think before you speak(話す前に考える)”が大切です。今回の記事を参考に、ビジネスでの褒め上手を目指してくださいね。また、オフィスのシーンがある海外ドラマやビジネスニュースのインタビューなどでも褒め言葉に注目してみましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する