よくありがちな結果が出ないTOEIC学習法とその修正法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICは、日本人が受験できる資格試験の中で最も利用しやすく、信頼度の高いテストだと思います。受験者数の多さ(年間約270万人)、難易度が一定であること、スコアの細かさ、受験機会の多さ(公開テスト年間10回+IPテスト年間数回)、受験料の安さなども他の資格試験にはない利点だと思います。自分自身も年間10回近く受験しますが、そのテスト問題の質には毎回頷かされます。当然、悔しい思いもさせられます。

テストのスコアのために英語学習をするのではないという考え方もありますが、資格試験(テスト)のスコアという客観的データがなければ、自分の英語学習の進捗状況や方向性を判断することは不可能だと思います。

だからこそ、多くの英語学習者の方が自身の英語力向上にTOEICを活用しているのはとても良いことだと思います。しかし、基本的な学習方法が間違っていて、学習そのものの効率が上がらない場合も多いようです。今回は、英語力を上げるための効率良い、または効率の悪い、TOEIC学習法についてです。

公式問題集をしっかり仕上げる

「TOEIC高得点者に公式問題集を使っている人は少ない」。

よく耳にするこの言葉は、確かに間違ってはいません。私は今でも公式問題集をよく使用しますが、900点を超えるスコアの方はあまり公式問題集を用いた学習をしていないのも事実です。この理由は、900点以上のスコアを目指すのであれば、公式問題集の内容だけでは足りないからです。だから、900点から950、さらにその先を目指すのであれば、公式問題集ではなく、少しマニアックな問題集も必要なのです。しかし、これは逆の言い方をすれば、800点や900点までは公式問題集だけで十分だということになります。

公式問題集の使い方についてです。公式問題集Vol.1~Vol.6までには実際の試験2回分の問題が収録されています。その2回分を実際にやって、答え合わせして間違いを確認して・・・。大半の人がここで終わってしまっています。少し説明を加えます。公式問題集の良さはその題材が、実際のTOEICテスト特有の表現そのままだということです。このTOEICらしさはなかなか簡単には出せません。多くのTOEIC学習書もこのTOEICらしさを出そうとしていますが、公式問題集のようにはなかなか出せないようです。だから、公式問題集では問題の正解・不正解で終わるのではなく、英文そのものを覚えてしまうくらい読み込むことが大切です。

公式問題集の取り組み方

公式問題集Vol.5・TEST1のNo.111は次のような問題です(著作権の関係で少し問題変えています)。

Basic ——- for the public relations manager include the ability to speak French and knowledge of publishing software.
(A) qualifying
(B) qualifications
(C) qualifies
(D) qualify

答えは(B)です。公式問題集にも少し説明があります。しかし、そこで終わるのはもったいないです。私はまず、この英文を別冊解答についている和約を用いて英訳できるようにしました。つぎに何度も音読して自分の口から自然に出てくるようにしました。こうすることにより、TOEIC特有のリズムが身につきます。

また、文法的にも、直前の語がmanagerであるのにincludeがincludesではないのは主語がqualificationsであるので・・・などの細部にまで意識が行くようになるはずです。具体的に学習すべきポイントはここでは説明しきれませんが、正解・不正解だけで終わらせるのは絶対に避けるべきです。

リスニングの学習法

リスニングパートもリーディングパート同様に、答え合わせして終わりで終わらせてはいけません。スクリプトの暗唱は非常に効果があると思います。また、音声を聞くときには「聞き流す」だけでは絶対に英語力は上がりません。これは私も試行錯誤を重ねているのですが、やはりシャドーイングなど主体的なトレーニングが良いと思います。

また、私が声に出すメリットとして感じているのは、声に出すことによって、自分が聞き取れなかった箇所が分かるということです。聞き取れなかったことは声に出せません。

TOEICテストの信憑性

「TOEICでは本当の英語力が・・・」という声があるようです。「TOEIC990点でも英語が話せない」というフレーズも聞いたことがあります。私はそのような人に会ったことないです(私はTOEIC990点の人を20人程度知っています)が、私の私見はこうです。TOEIC990点でも800点でも600点でもいろいろな人がいますが、スコアの高い人の方が英語力も高い可能性はかなり高い。つまり、いろいろな人と会って、いろいろな人に英語を指導してきましたが、TOEICのスコアと英語力の相関性はかなり高いと思います。

また、他の資格試験との相関もかなり高いと思います。英検一級に合格する人でTOEICを850取れない人はいないでしょう。TOEFLでも100点上回る人はTOEICで900は超えるでしょう。確かにTOEICでそれぞれの人の英語力の詳細は測定できないかもしれませんが、おおよその英語力の指標には十分なりえるものであることには間違いないでしょう。

▼関連記事はこちら▼
TOEICのスコアを少しでも上げるために自分が「スキマ時間」で行っていること
外国人英語講師が思わず口にする本音・・・「日本人英語学習者は身の程知らず」について

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する